ニュースNews一覧

2021-10-24オーディオ実験室でLUMIN M1の試聴レポートが掲載されました
「LUMINの新製品 M1 を早速聴いてみた! これは超ハイコスパのオールインワン・・!!」というタイトルで紹介されています
2021-10-23WestminsterLabのアンプ(Quest, Rei)がオーディオ銘機賞 2022を受賞しました
カテゴリー別(プリアンプ、パワーアンプ)で受賞しております。
2021-10-22HiVi 2021年11月号で藤原陽祐先生によるSOtM tX-USBultraとsNH-10Gのスペシャルエディションの記事が掲載されました
「ストリーミング再生の質を引き上げるソムのスイッチングハブ&USBリジェネレーター」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-20オーディオアクセサリー大全 2022-2023でHigh Fidelity Cablesが掲載されました
「磁気を利用した音質向上対策を推し進める新鋭ブランド」と紹介されています
2021-10-19Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるsMS-200ultra Neo Special Editionの試聴レポートが掲載されました
「SOtMのネットワークトランスポート「sMS-200ultra Neo」は選ぶ楽しみのあるアイテムだ。ノーマルバージョンと、2種類のスペシャル・エディションの進化を聴き比べた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-17オーディオ実験室でStillpoints ULTRA SS V2の試聴レポートが掲載されました
「Marantz SA-10 の足回りをグレードアップするっ!」というタイトルで紹介されています
2021-10-12コンパクトオールインワンオーディオシステム LUMIN M1を販売開始致します
数々の受賞歴を誇るLUMINミュージックプレーヤーの音響特性をすべて反映した統合システムを開発しました
2021-10-06オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+ Signatureの試聴レポートが掲載されました
「価格バランス完全無視。税別定価 ¥160,000 の MC-0.5 Helix+ Signature を ¥198,000 の LUXMAN:L-505f に挿してみる【アキュフェーズユーザーも必見】」というタイトルで紹介されています
2021-10-02WestminsterLab「Quest」&「Rei」含む4ブランドのアンプを使ったB&W 801D4 GlossBlack及びAVALON PrecisionMonitor4の期間限定試聴企画が告知されました
場所はダイナミックオーディオ 7F 、日程は10月9日(土)から11日(月)までになります
2021-10-01オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+の試聴レポートが掲載されました
「【アキュフェーズ ユーザーも必見‼︎】LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに MC-0.5 Helix+ を挿してから1ヵ月ちょっと経過。音はどうなったか?」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)

マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)Brands

画像

マグネチックウェイブガイド
(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)


/**********************************************/

MUSIC BIRDのオーディオ実験工房で
High Fidelity Cables製品の特集が
オンエアされます。


「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター②
High Fidelity Cables特集」
というタイトルでのオンエアとなります。

オンエア時間は以下になります。
2021年10月4日(月)9:00~10:00
2021年10月11日(月)20:00~21:00(再放送)

「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター特集の2回目です。
超話題のNEWブランド「High Fidelity Cables」から5機種、
エントリーモデルから50万円のハイエンドモデルまで試聴しました。」

①MC-0.5 Magnetic Wave Guide
②レメディMC-0.5 Magnetic Wave Guide Remedy
③MC-0.5 Helix Plus Signature
④MC-1 Pro Helix Plus
⑤MC-1 Pro Double Helix Plus Signature

と告知されています。

/**********************************************/

 

Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
High Fidelity Cables “一聴して音が濃い!”
 High Fidelity Cablesの
電源アクセサリー
「MC-0.5」と
「MC-0.5 Helix +」を試して、
音がよくなっていく過程を
じっくり味わった
High Fidelity Cables
MC-0.5 Helix +
MC-0.5

 

オーディオ実験室で
High Fidelity Cables
MC-0.5 Helix + の
アンプ背面「サービスコンセント」利用の
試聴レポートが掲載されました。


これから1ヵ月間挿して効果を確認されるそうです。

「LUXMAN:L-505f 背面の
サービスコンセントに
今度は MC-0.5 Helix+を
挿してブレークインを始めてみる」
というタイトルで紹介されています。

「米 High Fidelity Cablesの
電源コンディショナー MC-0.5を
LUXMAN のプリメインアンプ
L-505f背面にある
サービスコンセントに挿して
約1ヵ月が経過。

外して効果がリセットされた音は、、
想像以上に寂しかった。。

ボトムエンドの MC-0.5を外して
こんなに寂しくなるのなら上級機はもっと・・?

というわけで
今度は上級機の MC-0.5 Helix+を挿して
ブレークインを始めちゃいましょう。

1ヵ月後いったいどうなるのか??」

と紹介されています。

※背面に挿すことで、
引っ掛けたり、
MC-0.5 Helix+の重みでアンプ背面を
痛める可能性があります。
そのためトラブル防止のために
支えを用意されることを
お勧め致します。

 

オーディオ実験室で
High Fidelity Cables:
MC-0.5 のアンプ背面
「サービスコンセント」利用の
試聴レポートが掲載されました。


「High Fidelity Cables のMC-0.5を
アンプ背面の「サービスコンセント」に
試しに挿してみたら・・
効きまくった」
というタイトルで紹介されています。

「米 High Fidelity Cables の
電源コンディショナー MC-0.5 。
先日同 MC-1 Pro を買ってから
使わなくなっていたので
売り飛ばそうかと考えてましたが、
ふと思いついてラックスマンの
ちょっと古いプリメインアンプ
L-505f 背面にある
いわゆるサービスコンセントに挿して
1ヵ月ほど様子を見ていました。・・

これ効きます笑。

オーディオ機器に近ければ近いほど
効果が出る製品なので
アンプに直接挿せばそれは効きますよね(笑)。

トラブルはもちろん副作用も無いので、これは大アリ。

MC-1 Proシリーズだと
スペース的に背面に挿すのは厳しいので
MC-0.5 にしかできない使い方でしょう。

ちなみにざっと調べてみたところ
現行機でサービスコンセントを装備しているのは
Accuphase のプリメインアンプとプリアンプだけでしたが、
古い国産アンプにも装備しているものが多いので
背面をチェックしてみてはいかがでしょう。」

と紹介されています。

※背面に挿すことで、
引っ掛けたり、
MC-0.5の重みでアンプ背面を
痛める可能性があります。
そのためトラブル防止のために
支えを用意されることを
お勧め致します。

 

オーディオ動画がYoutube で
オーディオ実験室で配信開始されました

オーディオ実験室と題して
MC-0.5とMC-1 Proについて
説明されています。

「アメリカ High Fidelity Cables の
電源コンディショナー、
MCシリーズの上位機 MC-1 Pro を
これから試します。」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で
High Fidelity Cables:MCシリーズ解説~その7~
と題して紹介されています。
「今後もし少しでも
MCシリーズに御興味をお抱きになったなら、
1番お手頃価格ながら
その効果は確実に実感できる
MC-0.5 をお試しになることを
お勧めする。

同じ効果を
例えばケーブルの買い換えで
得ようとしたら
MC-0.5 よりずっと高い金額に
なる筈だから
後悔なさるようなことはないと思う。」
と紹介されています。

Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~で
High Fidelity Cables MC-0.5 Magnetic Wave Guideの
試聴レポートが掲載されました。

3回に渡ってHigh Fidelity Cables MC-0.5
Magnetic Wave Guideのレポートが掲載されています。

6500時間接続してから抜いた後に
「頭を押さえつけられているような窮屈さを感じました。
音が上方に抜けずに空間が狭くなっているのです。
空間が狭くなったため、音も広がりに欠け、
空間の透明感もなく、
人の声もどこか籠ってかさついたような印象で、
シアタールームの音場を形成するドームが
小さく縮んでこじんまりとした感覚になります。」
と評価されています。

また今後上位モデルの試聴も予定されていると
記載されています。

SUBLIME(サブライム)様のブログで紹介されました。
「音像が明確になり、高域の滑らかさが向上します。
外して試聴し直した時の差にさらにビックリしました。
返せなくなりそうです。」
と紹介されています。

オーディオコア様のブログで紹介されました。
「実際に使ってみた結果は音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(ええ~っ)
マグネチックウェイブガイドの2個目を装着し
1000Hを超えて外した場合の音質の違いについて
「装着直後の効果は控えめで少しづつ熟成が進むため
デモンストレーション的効果は少ないのですが、
知らずしらずのうちに音は大きく進化していたことを
取り外した時に思い知らされます。
このアクセサリーは本物です。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(音質向上の確認)
Magnetic Wave Guideを1000Hを待たず、外してその効果を確認した場合の
音質の違いについて紹介されています。

Magnetic Wave Guideがオーディオコア様のブログで紹介されました
「音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(比較)
Magnetic Wave Guideを使った場合と使わなかった場合の
CDリッピング音質の違いについて紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(相乗効果)
Magnetic Wave Guideの複数使用、電源フィルターとの併用、Magnetic Adaptersの併用
について紹介されています。

High Fidelity Cables製品がエスアイエス様の試聴リポートで紹介されました
「一聴して激変しているのがわかります。S/N感の向上や
ハリと厚みのあるサウンドへの変化をお求めでしたらお薦めです。」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様でMagnetic Wave Guideの試聴レポートが掲載されました。
「これは素晴らしい・・
一音一音のエネルギー感が増大。
全帯域にわたって密度感、立体感が向上。
どの盤を聴いてもなぜか楽しい笑。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(約1000H後 + 増設) 
「2個の使用は1個時の数倍の効果が出ているのではとさえ思える変化を体験しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(500H後)
「電源の品質を高めることにより綿密な描写と音楽性が間違いなく向上しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(360H後)
「しばらく音を出していなかったのですが確実に音が変化しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。
「綿密で弾力のある音質の熟成が少しづつ進んでいるようです。」
と紹介されています。

サウンドエース様のブログで紹介されました。
「細部まで音がしっかり認識できると言うか
派手に音の傾向が変わるとかじゃなくて
細かい所でひとつひとつしっかり音が改善している。」
と紹介されています。


このマグネチックウェイブガイドは
空いたコンセントに差し込むだけで、
磁気伝導技術の効果を得ることができます。

MC-0.5を空いたコンセントに差し込むことで、
音楽信号が劇的にクリーンかつクリアになり、
優れたダイナミクス、綿密な描写、音楽性を実現します。

また一般のパワーコンディショナーと併用すれば
さらに描写性、スピード、透明度を上げることができます。

これはオーディオシステムだけでなく、
テレビやホームシアターでも効果があります。
MC-0.5を空いたコンセントに差し込むことで、
画像が鮮明になり、音楽の解像度が向上します。

■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでにしばらく時間を
要します。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは異なる方式で効果を出すため、
電源フィルターとの併用によりさらに高い効果を引き出します。

複数挿した状態(メーカーの展示会にて)

画像

3つのステージに渡って効果が表れます
□接続時 (~50H)
ドラマティックにハイエンドオーディオ的な変化をもたらします。
まだ音楽的ではないが少しサウンドがクリアになってきます。
50時間に近づくにつれて音が落ち着き、ドラマティックに変化していきます。

□ファーストステージ(50H~200H)
少し耳障りな音は残りますが、透明度が大きく向上します。

□セカンドステージ(200H~400H)
ダイナミックかつドラマティックに音楽性の高い表現になっていく段階です。
液体のようにスムーズになり、細かいディテールも改善されていきます。
この期間日々上記の改善が進みます。

□サードステージ(400H~1000H)
ここからは液体のようにスムーズで細かいディテールまで音楽性を感じる表現が
ゆっくりと深みを増して進んでいきます。


High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価(税抜):
1個2個4個
\60,000
(税込\66,000)
\100,000
(税込\110,000)
\180,000
(税込\198,000)



■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ