ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > 使用方法

使用方法Brands

画像

準備

新しくケーブルを接続する前に
いくつかの簡単なステップを踏むことで
あなたのオーディオシステムの
最高のパフォーマンスを引き出すことができます。


■クリーニング

ケーブルを接続する前に
ケーブルをクリーニングしてください。
なぜなら我々のケーブルは磁石であり、
小さい金属片が工場出荷時に
付いてしまうことがあるからです。
これらの小さなゴミは信号通路に問題を引き起こします。

これらの小さなゴミは簡単に付属の粘土で
取り除くことができます。
深くケーブルのコネクターを差し込み、
素早く引き抜くことでゴミが取れます。

■接触の強化

ケーブルをクリーニングした後は
コネクターの電気接触の強化を図ります。
もしケーブルにStabilant 22のボトルがついていれば、
コネクターにこれをコートしてください。
このStabilant 22はコンポーネント間の
電気の流れを改善して電気接触を強化できます。


接続


新しくケーブルを接続する前に、
いくつかの簡単なステップを踏むことで
あなたのオーディオシステムの
最高のパフォーマンスを引き出すことができます。


■方向

ケーブル及びアダプターを接続する前に
ケーブルの表面及びコネクターに印刷されている
接続方向を確認してください。

全ての磁気伝導技術は方向性が重要です。
個々のケーブルは、本質的に、南北のポールを持つ磁石です。
我々の製品はこれを前提として設計しており、
意図した結果を得るためには
適切な方向に接続する必要があります。

ケーブル及びアダプターの矢印は
音楽ソースから出力の方向を示しています。 

■レイアウト

通常のオーディオケーブルは
電気伝導だけを用いています。
これはケーブル間を離すか、
90度で交差している場合は問題ありません。
これはオーディオシステムの
様々なケーブルの電磁気の干渉を防止する方法です。
High Fidelity Cablesの磁気伝導技術を用いることで、
個々のケーブルの自然な磁力が
外部の干渉を相殺するので
電磁気の干渉は問題にならなくなります。

ケーブルの配置を検討する際に
High Fidelity Cablesであれば、
他のケーブルよりもレイアウト制限がなくなります。

■ブレークイン

接続した後、ブレークインの期間が必要です。
接続後1時間、1日、1週間と経つにつれ
システムのパフォーマンスは継続して改善されていきます。
30日を経過すると1時間後に聴いたものと
大きく音の差が出ています。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

※ブレークインの目安
ケーブル
 シンプルなシステム(CDプレイヤー+プリメインアンプ+スピーカー(クロスオーバー無) :3-5日程度
 マルチコンポ+3ウェイスピーカー:5-7日程度
 マルチCDシステム+プリアンプ+ハイパワーソリッドステートアンプ+大型4ウェイスピーカー:14日程度

マグネチックアダプター
□200H~400H

マグネチックウェイブガイド

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは異なる方式で効果を出すため、
電源フィルターとの併用によりさらに高い効果を引き出します。


3つのステージに渡って効果が表れます
□接続時 (~50H)
ドラマティックにハイエンドオーディオ的な変化をもたらします。
まだ音楽的ではないが少しサウンドがクリアになってきます。
50時間に近づくにつれて音が落ち着き、ドラマティックに変化していきます。

□ファーストステージ(50H~200H)
少し耳障りな音は残りますが、透明度が大きく向上します。

□セカンドステージ(200H~400H)
ダイナミックかつドラマティックに音楽性の高い表現になっていく段階です。
液体のようにスムーズになり、細かいディテールも改善されていきます。
この期間日々上記の改善が進みます。

□サードステージ(400H~1000H)
ここからは液体のようにスムーズで細かいディテールまで音楽性を感じる表現が
ゆっくりと深みを増して進んでいきます。



メンテナンス


最初プラグを差し込む前に
定期的またはコンポーネントを替えるときに
ケーブルにゴミがないかを
確認されることをお勧めします。

■ケーブルの掃除方法

小さなゴミやくずが
RCAコネクターに付くのは共通した問題です。
これらの金属製のくずは電気接続を弱め、
信号の流れを止めます。
小さな金属片はRCAコネクターを
すぐに傷めます。

私達のケーブルは、
どのような汚染物でも
RCAコネクタから取り除くために使用できる
粘土のサンプルを用意しています。
シンプルに、RCAの先端を粘土に深く挿入し、
そして、それを素早く引き抜いて下さい。
数回行う必要があります。
ゴミは粘土内に残り、
ケーブルがゴミの無い状態で効果的に使えるようになります。

画像
このページのトップへ