ニュースNews一覧

2022-05-26Audio Accessory誌185号で生形三郎先生によるLUMIN M1のレポートが掲載されました
「ネットに繋げてミニマムに楽しめる プレミアムなワンボディアンプ 16モデルを徹底検証」という特集でレポートされています
2022-05-25サウンドスペース 福岡店様のブログでWestminsterLab Quest, Reiが紹介されました
「いずれもシンプルなデザインのプリアンプとパワーアンプ。音像のフォーカスの結び方が白眉。音の芯もしっかりとしており、コンパクトな筐体からは想像できないくらいの駆動力も持ち合わせています」と紹介されています
2022-05-24世界初の音楽リスニングチェア GamuT Hi-Fi Lobster Chairを販売開始致します
GamuT Hi-Fi Lobster Chairは、世界初の音楽リスニングチェアです
2022-05-23Stereo Sound Onlineで小原由夫先生によるLUMIN P1の記事が掲載されました
「【LUMIN P1徹底研究 ネットワークDAC音質編】ネットワーク時代に万全対応。最前線のパフォーマンスを実感」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-05-21HiVi 2022年6月号で小原由夫先生によるLUMIN P1の記事が掲載されました
「P1,ネットワークDAC音質編 ネットワーク時代に万全対応。最前線のパフォーマンスを実感」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-05-20LUMIN P1がHiVi夏のベストバイ2022で受賞しました
「ネットワークプレーヤー部門:2位」で受賞しております
2022-05-19Stereo Sound OnlineでLUMIN P1でダウンコンバートされずにAmazon Musicのロスレス・ハイレゾを楽しむ方法を紹介した記事が掲載されました
「Fire TV 4K MAXで、ロスレス・ハイレゾを聴く方法がわかった! Amazon Musicアプリの設定でビットパーフェクト伝送が可能に」というタイトルでレポートが掲載されています
2022-05-18無線と実験 2022 06 N0.1192号でダブルウーファーズ内田誠様によるSOtM sNH-10Gの記事が掲載されました
「ネットワークオーディオのインフラに投資すべし」というタイトルでレポートされています
2022-05-18無線と実験 2022 06 N0.1192号でダブルウーファーズ会長 永瀬宗重様によるLUMIN X1とSOtM sNH-10Gの記事が掲載されました
「3台のネットワークプレーヤーを使いこなす」というタイトルでレポートされています
2022-05-17四日市無線様のブログでLUMIN P1, AMP, WestminsterLab Quest, Reiが紹介されました
LUMIN P1, AMPは「後日視聴会しちゃう?と思わせてくれるくらいぶ厚くてパワフルな出音でした。」WestminsterLab Quest, Reiは「これもすごかった!値段もすごかった!!」と紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > マグネチックウェイブガイド(MC-1 Pro Helix Plus)

マグネチックウェイブガイド(MC-1 Pro Helix Plus)Brands

画像

マグネチックウェイブガイド
MC-1プロヘリックスプラス
(MC-1 Pro Helix Plus)

 

 

/**********************************************/

MUSIC BIRDのオーディオ実験工房で
High Fidelity Cables製品の特集が
オンエアされます。


「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター②
High Fidelity Cables特集」
というタイトルでのオンエアとなります。

オンエア時間は以下になります。
2021年10月4日(月)9:00~10:00
2021年10月11日(月)20:00~21:00(再放送)

「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター特集の2回目です。
超話題のNEWブランド「High Fidelity Cables」から5機種、
エントリーモデルから50万円のハイエンドモデルまで試聴しました。」

①MC-0.5 Magnetic Wave Guide
②レメディMC-0.5 Magnetic Wave Guide Remedy
③MC-0.5 Helix Plus Signature
④MC-1 Pro Helix Plus
⑤MC-1 Pro Double Helix Plus Signature

と告知されています。

/**********************************************/

 

オーディオ実験室で
2回目のHigh Fidelity Cables :
MC-1 Pro Helix Plusの試聴レポートが
掲載されました。

「High Fidelity Cables:
MC-1 Pro Helix Plus 挿してから
250時間経過した音は・・!?」
というタイトルで紹介されています。

「1週間の予定だったブレークインを
幸か不幸か10日間に延長した
MC-1 Pro Helix Plus の音はいったい・・?
ブレークインが完了していた
MC-1 Pro の音と比べると
まだ音像・音場の立体感は劣るものの、
デリカシー、そして音色と質感の
官能性は既にヤバイ。
1,000時間経って立体感も
加わったら間違いなく大変なことになる・・。」
と紹介されています。

 

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で
試聴レポートが掲載されました。

「それにしても  MC-1 PRO HELIX +
有る無しで、こんなにも音楽表現が
激変してしまうとは、、、
良いことなのか、困ったことなのか
悩みますね 」
と紹介されています。

 

このマグネチックウェイブガイドは
空いたコンセントに差し込むだけで、
磁気伝導技術の効果を得ることができます。

MC-1 Proのパワーを新しい次元に導きました。

コンデンサ自体は小さすぎて
ACを単独でフィルタリングできませんが、
マグネチックウェイブガイドと組み合わすことで、
ウェイブガイド内の電子の中心に作用するだけでなく、
ウェイブガイドにエネルギーを引き込み、
このデバイスに特有の
磁気フィルタリングプロセスを実現します。

MC-1 Pro にHelixテクノロジーが追加され、
Helix Plusとなりました。
Helixテクノロジーにより、
磁気フィールドで
電子は導体の中心に向かって力が働きます。

電子は磁束の磁力線の経路に従って
磁場に集中します。

電力とオーディオ信号は
どちらも電磁気学で定義されています。
これは、電子の流れに磁気要素があることを意味します。
この磁気要素により、電子を特定な形状で中心に集中させ、
コントロールすることができます。

電子顕微鏡では、電子を集中させて操縦するために
同じ基本技術が用いられています。

電子ビームを集中させるために、
顕微鏡内に磁石が配置されます。
この磁石は、焦点を合わせたビューのために
電子を整列および集中させることができます。

このユニットは、リジェネレーター、絶縁トランス、
あらゆるタイプの容量性ベースの
パワーコンディショナーなどの
従来の電源装置でも使用できます。

ハイフィデリティケーブル製品では、
電子の整列は全体的な磁力と同じくらい重要です。

電子をより正確に集中させることにより、
オーディオ信号はより明確でクリーンになります。

Helix Plusテクノロジーの利点は微妙なものではありません。
電子の整列がクリーンなパワーを得るために重要だからです。

音響的には、Helix Plusはより焦点の合った
サウンドステージを構築し、
優れたスピードとアタックで
より良い音像を描写します。

それはクリーンでかつクリアなサウンドとなり、
あなたの音源をより実際の楽器の音に近づけます。

各ユニット内の
独自のコンタクトエンハンサーにより、
より優れた全体的な導電率で誘導されるようになります。

これにより、Helix Plusは
MC-1Proのパワーと一線を画しています。


■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでに
しばらく時間を要します。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは
異なる方式で効果を出すため、
電源フィルターとの併用により
さらに高い効果を引き出します。

寸法:50.8mm x 134.62mm x 96.52mm
重量:1.4kg

複数挿した状態(MC-0.5 メーカーの展示会にて)

画像

High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価:\350,000(税込\385,000)

■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ