ニュースNews一覧

2020-08-12Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でLUMIN X1 DCケーブルの試聴レポートが掲載されました
5回に渡ってLUMINのDCケーブルの比較試聴をされています
2020-07-28Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるSOtM sNH-10G, LUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN「X1」とSOtM「sNH-10G」で光ファイバー伝送の効果を試す。LANスイッチが、ネットワークオーディオの音質に大きな影響をもたらすことを改めて実感した」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-07-08LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しました
デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに、Leedh Processing Volume Controlを(追加費用なしで)使用できるようになりました
2020-07-03analog vol.68で石原俊先生によるStillpoints ULTRA 5の試聴レポートが掲載されました
「まったく新しい共振アイソレーションシステム 共振を着実に取り除く!」というタイトルで掲載されています
2020-07-03analog vol.68で小原由夫先生によるStillpoints LPI V2の試聴レポートが掲載されました
「米国からやって来た重量級スタビライザー 巧みな機構設計の絶大な効果」というタイトルで掲載されています
2020-06-28High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
5分間接続して抜いた後の評価が記載されています
2020-06-23Stereo Sound OnlineでDoubleWoofers会長 永瀬宗重さんと土方久明先生によるLUMIN + SOtMユーザー対談が掲載されました
「“今日の音だと、ルーミン「X1」がベストかな” DoubleWoofers’会長、永瀬宗重さんの超弩級オーディオルームで、魂を揺さぶるハイレゾを体験した」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-06-22【LUMIN T2の記事がStereo Sound 2020 SUMMER No.215に掲載されました】
山本浩司先生より「力感に満ちた味わいの濃い音。臨場感に溢れる」と紹介されています
2020-06-18High Fidelity Cables マグネチックウェイブガイド MC-0.5へリックスプラスシグネーチャー(MC-0.5 Helix Plus Signature)を販売致します
高い評価をいただいておりますマグネチックウェイブガイド MC-0.5へリックスプラスの上位バージョンを発売致します
2020-06-17(1000時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
1000時間接続して抜いた後の評価が記載されています
ホーム > 取扱ブランド > マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Helix +)

マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Helix +)Brands

画像

マグネチックウェイブガイド
MC-0.5へリックスプラス
(MC-0.5 Helix +)


Stereo Sound Onlineで土方久明先生による
MC-0.5 Helix +の試聴レポートが掲載されました
【New !】
記事タイトルは
「“一聴して音が濃い!”
High Fidelity Cablesの電源アクセサリー
「MC-0.5」と「MC-0.5 Helix +」を試して、
音がよくなっていく過程をじっくり味わった」
になります。

「この「小さなボディ」にいろんな可能性を見てしまう、
MC-0.5 Helix +とMC-0.5は実に遊べる
エポックメイキングなアクセサリーである。
オーディオ専門店での評価も高く、
Web上でも大きく音が変わったという
ユーザーの意見が多く見られている。」
と評価されています。

オークラオーディオ様のブログでMC-0.5 Helix + が掲載されました。
既に使用しているMC-0.5 2本に加えて
High Fidelity CablesのMC-0.5 Helix + を使った評価が掲載されています。 「新しく追加した相乗効果はまだ数時間程度ではっきりしていませんが
従来型のフォーカス・ドンピシャ的な描写力に加え
相当な潤いが加味されるという予想外の変化を確認しましたので
もうしばらく様子を見てみたいと思います。」
と評価されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で(2個使い)試聴レポートが掲載されました。
High Fidelity CablesのMC-0.5 Helix + を 2個使った評価が掲載されています。
「MC 0.5 Helix を2本挿した今回この録音を再生してみて、
MC 0.5 を2本所有し愛用している私の印象では
どうやら MC 0.5 より明らかに
MC 0.5 Helix+ はハイパワーです。
15分でかなりの効果を実感できてますから。
ブレークインが完了した後どんな世界が待っているのか・・。」
と評価されています。

サウンドエース様のブログでMC-0.5 Helix +が紹介されました。
「音の感じはやっぱりすごく変化します・・・

演奏に高さや奥行きも更に表現されました・・・

ヴォーカルもメリハリあるのに艶っぽくて非常に気持ちよく鳴ってくれます・・・

好みもあると思いますが・・・

期待していただいて良いかと思います・・・」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました。
電源フィルターでさえも効果が出るのか確かめるように
MC-0.5とMC-0.5 Helix +をISOTEKに挿して比較試聴をされています。
「HELIX+ はこれらの効果をたった5分のブレークインでかなり実感できるのです。 」
と紹介されています。




このマグネチックウェイブガイドは
空いたコンセントに差し込むだけで、
磁気伝導技術の効果を得ることができます。

定評のあるHelixテクノロジーを用いた
新しいマグネチックウェイブガイドです。

MC-0.5 Helix +は
MC-0.5 マグネチックウェイブガイド
アップグレードバージョンになります。

このマグネチックウェイブガイドは
Helixテクノロジーにより
通常のMC-0.5と異なる波形の
磁気シールドを形成します。

Helixテクノロジーは電子制御を行うのに
最も成功したテクノロジーです。
それはウェイブガイド内の磁束線を
ピンポイントに集中させ、
より集中した磁気フィールドを作り出します。

オーディオ信号の電子は、
磁気モーメントと呼ばれる磁束線に沿って移動します。
地球が回転して磁気モーメントや
磁気フィールドを作り出すのと
同じような動きを電子も行っています。

電子によって作り出される
この磁気フィールドは棒磁石のような
ふるまいをします。

このため、電子は磁束線に引き込まれて
ウェイブガイドの磁気フィールドに沿って流れます。

ウェイブガイドの磁気フィールドは
電子の磁界よりはるかに強力です。
より集中した磁気フィールドでは、
電子は導体の中心に向かって内側に力が働きます。

このより集中した電子の流れは、
オーディオ信号のノイズを除去するのに役立ちます。
ノイズが下がると、
歪みの少ないクリーンな信号が得られます。

名前の中の「+」は、すべての重要な内部接続が
金メッキされているといることを意味します。

これは、電子がデバイスを通って
移動するときの導電性を高めるのに役立ちます。

金は柔らかい金属なので、
接続に適した表面に仕上げられます。

音響的には、Helix +はあらゆる分野で
優れたパフォーマンスを発揮します。

MC-0.5 Helixはよりディテールが明確になり、
切れ味を研ぎ澄ませ、
それでいてキツさと粗さが取り除かれます。

全体的にスピードが速くなり、
低音がきれいになり、
より明瞭で洗練されたサウンドが得られます。

これらのサウンドの恩恵は、
すでにハイエンドのシステムで
このようなさらなるレベルの完成度を
求めている人にとってきわめて重要です。

それはボーカルと弦楽器で素晴らしい効果を生み、
どんな難しいボーカルのエッジも音楽的なものに昇華させ、
音楽をより現実的で生々しく表現します。

■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでにしばらく時間を
要します。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは異なる方式で効果を出すため、
電源フィルターとの併用によりさらに高い効果を引き出します。

 

複数挿した状態(MC-0.5 メーカーの展示会にて)

画像

High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価(税抜):
1個2個4個
\120,000\200,000\360,000


画像
画像
画像

■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ