ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)

マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)Brands

画像

マグネチックウェイブガイド
(MC-0.5 Magnetic Wave Guide)


SUBLIME(サブライム)様のブログで紹介されました。【New】
「音像が明確になり、高域の滑らかさが向上します。
外して試聴し直した時の差にさらにビックリしました。
返せなくなりそうです。」
と紹介されています。

オーディオコア様のブログで紹介されました。【New】
「実際に使ってみた結果は音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(ええ~っ)【New】
マグネチックウェイブガイドの2個目を装着し
1000Hを超えて外した場合の音質の違いについて
「装着直後の効果は控えめで少しづつ熟成が進むため
デモンストレーション的効果は少ないのですが、
知らずしらずのうちに音は大きく進化していたことを
取り外した時に思い知らされます。
このアクセサリーは本物です。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(音質向上の確認)【New】
Magnetic Wave Guideを1000Hを待たず、外してその効果を確認した場合の
音質の違いについて紹介されています。

Magnetic Wave Guideがオーディオコア様のブログで紹介されました【New】
「音のザラつきがなくなり透明感のある音質に変わりました」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(比較)【New】
Magnetic Wave Guideを使った場合と使わなかった場合の
CDリッピング音質の違いについて紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(相乗効果)【New】
Magnetic Wave Guideの複数使用、電源フィルターとの併用、Magnetic Adaptersの併用
について紹介されています。

High Fidelity Cables製品がエスアイエス様の試聴リポートで紹介されました
「一聴して激変しているのがわかります。S/N感の向上や
ハリと厚みのあるサウンドへの変化をお求めでしたらお薦めです。」
と紹介されています。

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様でMagnetic Wave Guideの試聴レポートが掲載されました。
「これは素晴らしい・・
一音一音のエネルギー感が増大。
全帯域にわたって密度感、立体感が向上。
どの盤を聴いてもなぜか楽しい笑。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(約1000H後 + 増設) 
「2個の使用は1個時の数倍の効果が出ているのではとさえ思える変化を体験しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(500H後)
「電源の品質を高めることにより綿密な描写と音楽性が間違いなく向上しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(360H後)
「しばらく音を出していなかったのですが確実に音が変化しています。」
と紹介されています。

オークラオーディオ様のブログで紹介されました。
「綿密で弾力のある音質の熟成が少しづつ進んでいるようです。」
と紹介されています。

サウンドエース様のブログで紹介されました。
「細部まで音がしっかり認識できると言うか
派手に音の傾向が変わるとかじゃなくて
細かい所でひとつひとつしっかり音が改善している。」
と紹介されています。


このマグネチックウェイブガイドは
空いたコンセントに差し込むだけで、
磁気伝導技術の効果を得ることができます。

MC-0.5を空いたコンセントに差し込むことで、
音楽信号が劇的にクリーンかつクリアになり、
優れたダイナミクス、綿密な描写、音楽性を実現します。

また一般のパワーコンディショナーと併用すれば
さらに描写性、スピード、透明度を上げることができます。

これはオーディオシステムだけでなく、
テレビやホームシアターでも効果があります。
MC-0.5を空いたコンセントに差し込むことで、
画像が鮮明になり、音楽の解像度が向上します。

■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでにしばらく時間を
要します。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは異なる方式で効果を出すため、
電源フィルターとの併用によりさらに高い効果を引き出します。


3つのステージに渡って効果が表れます
□接続時 (~50H)
ドラマティックにハイエンドオーディオ的な変化をもたらします。
まだ音楽的ではないが少しサウンドがクリアになってきます。
50時間に近づくにつれて音が落ち着き、ドラマティックに変化していきます。

□ファーストステージ(50H~200H)
少し耳障りな音は残りますが、透明度が大きく向上します。

□セカンドステージ(200H~400H)
ダイナミックかつドラマティックに音楽性の高い表現になっていく段階です。
液体のようにスムーズになり、細かいディテールも改善されていきます。
この期間日々上記の改善が進みます。

□サードステージ(400H~1000H)
ここからは液体のようにスムーズで細かいディテールまで音楽性を感じる表現が
ゆっくりと深みを増して進んでいきます。


High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価(税抜):

1個2個4個
\60,000\100,000\180,000



■試聴及び販売について

試聴機を用意しております。
取扱店舗までお問い合わせください。

画像
このページのトップへ