ニュースNews一覧

2021-04-10Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSynergistic Research HFT Standardの試聴レポートが掲載されました
「こんなに小さいのに結構変わる!」と評価されています
2021-04-09holbo リニアトラッキングターンテーブルがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
「機器よりもholbo Airbearing turntableの特徴が音に現れた試聴でしたね」と紹介されています
2021-03-25【Double Woofers' ナゾ男の暗い低音は好きじゃない!】ブログでWestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴レポートが掲載されました
「フランスのDevialetを聴いた時にも、見かけによらないパワーが出て驚かされましたが、このReiも同様で、最近の回路技術の進歩を見せつけられた次第です。」と評価されています
2021-03-21【WestminsterLab Questの記事がStereo Sound 2021 SPRING No.218に掲載されました】
三浦孝仁先生より「音調バランスも含めて実力の高さを感じさせる。純正組み合わせの音を聴いてみたい、注目すべきプリアンプである。」と紹介されています
2021-03-19オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-1 Proが紹介されました
「High Fidelity Cables の電源コンディショナー、MC-1 Pro を電源ボックスに挿してから700時間以上経過して音はどうなったか?」と紹介されています
2021-03-15Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴レポートが掲載されました
「期待の新ブランドWestminsterLabのセパレートアンプ「Quest」&「Rei」を聴く。超高解像度レンズで撮った8K映像のような、清冽なサウンドが出現した」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-03-15WestminsterLabのパワーアンプReiを販売致します
ロンドンで設立されたWestminsterLabのクラスA級モノラルのパワーアンプです
2021-03-09オーディオ実験室でWestminsterLabのアンプが紹介されました
「Westminster Lab の プリアンプ Quest と パワーアンプのRei を輸入元からお借りして聴いてみました! 完全デュアルモノに加えて フルバランスのプリ Quest 。そして純A級モノラルパワーアンプのRei 。実際音はどうなのか?」と紹介されています
2021-03-09LUMIN AppがAppleシリコン対応になりました
大画面ディスプレイ用の新しく最適化されたLUMINアプリは、今すぐAppStoreからダウンロードできます
2021-03-05Stillpoints ULTRA SS V2 インシュレーターがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
全体として音楽の躍動感が向上、満足度は大変高い一品でしたと紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)

SOtM sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)Brands

画像

Roon Server対応ミュージックサーバー
SOtM sMS-1000SQ Eunhasu

 

Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
今もっとも注目すべき
ネットワークプレーヤーである。
再生環境を整えることで、
聴ける音が着実に向上した
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
tX-USBultra
sCLK-OCX10
USBケーブル
デジタルケーブル
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
Roon Server対応
ミュージックサーバーの
注目機である。
気になる音楽を自在に操り、
さらにドーピング的(!)な
魅力まで備えていた
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
sNH-10G
sCLK-OCX10

LUMIN
X1

 

 

ステレオサウンド 2021 WINTER No.217号で
SOtM sMS-1000SQ Eunhasuが掲載されました

土方久明先生より
どのジャンルの楽曲でも
ノイズフロアーの低さから
もたらされる背景の静寂感と、
全帯域の分解能が印象的で、
その音の良さに大いに感心した次第だ。」
と紹介されています。

 

オタイオーディオ様の動画で
LUMIN X1及びSOtM sMS-1000SQ Eunhasuの
試聴レポートが掲載されました
オタイオーディオ様と土方久明先生により
三部構成で紹介されています。

Vol.1 ネットワークオーディオとRoonについて詳しく解説します!
Vol.2 実際にLUMIN X1とSOtMの機器で比較試聴しました!
Vol.3 LUMIN X1とSOtMの機器を詳しく解説します!

 

 

SOtMから最先端のRoonサーバー
sMS-1000SQ Eunhasuを発売致します。

Roonサーバー, Tidal,
Qobuz LMS(Logitech Media Server)に対応し、
NASとしての機能も持っています。

デジタルアウト及び
アナログアウト機能も選択できます。

sMS-1000SQ Eunhasuには
標準の64GB SSDが付属しており、
OSの高速処理とノイズの低減に
重点を置いて音質を最適化しています。

大容量SSDおよびHDDを
追加のストレージデバイスとして
インストールすることも可能です。

オーディオグレードUSB3.0ポートである
tX-USBexpを採用し、
解像度が高く、実在感豊かな音質を
実現しています。

クロック入力機能による
さらなる音質改善のオプションや
CDリッピング機能のオプションも
用意しております。


定価:
Silver色、Black色共

USB出力モデル:
500,000円(税込550,000円)

画像
デジタル出力モデル:
550,000円(税込605,000円)
画像
アナログ出力モデル:
550,000円(税込605,000円)
画像

オプション:
SSD交換(2TB):
55,000円(税込60,500円)
SSD交換(4TB):
75,000円(税込82,500円)

HDD追加(2TB):
18,000円(税込19,800円)
HDD追加(4TB):
25,000円(税込27,500円)

マスタークロック入力機能追加(USB):
120,000円(税込132,000円)
マスタークロック入力機能追加(デジタル出力):
150,000円(税込165,000円)
マスタークロック入力機能追加(アナログ出力):
150,000円(税込165,000円)

リッピングドライブ:
30,000円(税込33,000円)

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます


■製品仕様について


SOtM sMS-1000SQ Eunhasu仕様
OSLinux (Eunhasu OS)
利用可能な
オーディオ
再生ソフトウェア
RoonServer (Roon Ready)
TIDAL
Qubuz
Minim Server
DLNA(Open Home)
Logitech Media Server(LMS)
Squeezelite
HQplayer Network Audio Adapter
Shairport
基本ストレージ64GB SSD
拡張ストレージ最大8TB HDD または4TB SSD
モデル毎の仕様USB
出力
モデル
Audio grade USB 3.0 port (tX-USBexp)
External power input jack
USB power on/off switch
USB audio class 2.0 support
サポートフォーマット : 32bit/768KHz PCM,
DSD512(DSD 22.4MHz)
デジタル
出力
モデル
USB出力モデルに加え
AES/EBU, Coaxial, Optical
サポートフォーマット : 24bit/192KHz PCM
アナログ
出力
モデル
USB出力モデルに加え
バランス、アンバランス
サポートフォーマット : 32bit/192KHz PCM
必要電源Input Voltage : +19Vdc
Power : Max 60W
動作環境 環境温度:10~30℃
ストレージ温度:0~40℃
湿度:10~90%
寸法及び重量寸法360×68×240(mm)
重量4Kg
Silver及びBlack


■試聴及び販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ