ニュースNews一覧

2021-06-18【Stillpoins ULTRA 5, ULTRA MINIの記事がAudio Accessory誌181号に掲載されました】
炭山アキラ先生より「ベアリング機構が導くゆるぎなき音像の世界」と紹介されています
2021-06-17【WestminsterLabケーブルの記事がAudio Accessory誌181号に掲載されました】
井上千岳先生より「独自性とハンドメイドを追及 ロンドン発の新ブランド上陸」というタイトルで紹介されています
2021-06-15【WestminsterLab Reiの記事がStereo Sound 2021 SUMMER No.219に掲載されました】
三浦孝仁先生より「質感表現に優れ、多彩な音色を描き上げる」と評価されています
2021-06-14【SOtM tX-USBultraの記事がStereo Sound 2021 SUMMER No.219に掲載されました】
傅信幸先生と土方久明先生によるファイル再生ワークショップ「トランスポート+DAC編」で紹介されています
2021-06-13Westminster Lab Quest, Reiがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
CDとアナログでの試聴結果を掲載されています
2021-06-12【LUMIN D2が別冊ステレオサウンド 音楽ストリーミング~サブスク&ライブ配信~再生ガイドに掲載されました】
高音質ストリーミング対応 スピーカー/オーディオ機器 10選で紹介されています
2021-06-11Stereo Sound Onlineで藤原陽祐先生によるZMF Vérité Closed, MYSPHERE 3の試聴レポートが掲載されました
「別世界の感動を実感できる、ふたつのハイエンドヘッドホン ZMF headphones『Vérité Closed』、 LB-Acoustics『MYSPHERE 3.1』」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-06-10【ZMF Vérité ClosedとMYSPHERE 3の記事がPremium Headphone Guide vol.16に掲載されました】
ZMF Vérité Closedが表紙に掲載されています
2021-06-09Stillpoints LPI V2 レコードスタビライザーがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
Vocalの密度が全然違います。濃密で生々しい。S/Nも断然良くなりますと紹介されています
2021-06-08Stereo Sound Onlineで吉田伊織先生によるStillpointsの試聴レポートが掲載されました
「スティルポイントの進化したアクセサリー「ULTRA SS V2」「LPI V2」を試す。物量を充分与えられた高級機で本領を発揮する逸品を歓迎したい」というタイトルでレポートが掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > BrighTone Terra-Berry DAC 3

BrighTone Terra-Berry DAC 3Brands

画像

Raspberry Pi に対応した
DSD対応ハイエンドDAC基板
BrighToneTerra-Berry DAC 3

Raspberry Pi コネクタに接続できる
ドーターボードです。

好評をいただいておりました
Terra-Berry DAC2+から
バージョンアップし、
新たに「Terra-Berry DAC 3」を
発売します。

Terra-BerryDAC2/3の設定で
DSD5.6のDoP再生が可能になりました。
【New】

Volumioのバージョンアップ(v2.777)で
I2S DACをTerra-BerryDAC2/3に設定すると
I2S DACドライバは"i-sabre-q2m"が
使われるようになりました。

これによってTerra-BerryDAC2/3の設定で
DSD5.6のDoP再生が可能になります。

画像

OpenHomeに対応し、LUMIN Appで操作可能です。

画像

画像


【参考】前々モデル「Terra-Berry」DAC2記事

海上先生のラズパイ・オーディオ通信
「【ラズパイオーディオ】ついに完成!
ヘッドフォン祭でアルミ削り出しケースと
DACボード試作品を公開」
に掲載されています。

【参考】前前々モデル「Terra-Berry」DAC記事

【レビュー】I2SでのDSD入力に対応した
ラズパイ用DACボード「Terra-Berry」を聴く

ラズパイ用DACボード「Terra Berry」開発者を直撃、
設計コンセプトや今後の展開を聞いた

ラズパイオーディオのケースはどうする?
DACボード「Terra-Berry」専用ケースを検証

 

[ 特徴 ]
・DACは新しくAKM製AK4493 を搭載しました。

・DAC用アナログ電源にはAKM製低ノイズ・
 高PSRR AK1110を採用しました。

・オペアンプは、TI 製低ノイズ、
 低歪SoundPlus™ OPA1692を採用しました。

・オペアンプは±5V電源で、
 DAC用のカップリングコンデンサレスにして、
 低域と高域の再生能力を向上させました。

・DAC出力とオンボード出力回路を切り離すことができ、
 拡張基板で音質に関係するアナログ回路を
 カスタマイズ可能となり、
 出力トランスや自作の出力回路を
 搭載することができます。

Terra-Berry DAC3と組み合わせられる構成
【RCA 1】
Raspberry Pi と組み合わせる基本的な構成です。
DSD/PCMの切り替えをピンで選択できます。

画像



【RCA2】
出力側のオペアンプを使わずに、高音質出力トランスを
装着可能なRCA2を新たにラインアップ
画像



【Terra-Berry HPA】
電源を更に強化し、Terra-BerryDAC3の
フル機能が使えるようになっています。
・DSD/PCMの切り替え
・高音質ヘッドフォンアンプ
・ボリュームコントロール
・ラズパイ用SDカードの交換
・光デジタル入力(オプション)
のシステム制御が簡単にできます。
画像



定価:
25,000円(税込27,500円)
[オプション]
RCA1基板 1,500円(税込1,650円)
RCA2基板 3,500円(税込3,850円)
Terra-Berry HPA 23,000円(税込2,530円)

RCAケーブル等は付属しておりません。
ご注意ください。


販売サイトはこちら


技術サポートサイトはこちら

メーカーの技術情報はこちら

RCA2にLUNDAL社の出力トランスLL1538XLを組み付けた写真

画像
このページのトップへ