ニュースNews一覧

2024-02-28園田洋世先生によるオミクロン Power BoostのレポートがAudio Accessory 2024 SPRING Vol.192に掲載されました
「電源ノイズフィルターの上に載せる 足し算ではなく掛け算の効果を体験」というタイトルで掲載されています
2024-02-08LUMIN製品の取り扱いについて
LUMIN側には日本の法律に基づいて行動していただくよう要請しており、引き続き損害賠償の手続きを進めていきます
2024-02-05ダブルウーファーズ会長 故永瀬宗重氏開発によるレコードスタビライザー NAZO STAT Verion2の販売を開始致します
底面の内径を100mmとしてレコードレーベルの最大径に合わせました
2024-01-26Philewebミニレビューでオミクロン Power Boostが紹介されました
「【ミニレビュー】オミクロン「POWER BOOST」電源フィルターと合わせ技!」というタイトルで掲載されています
2024-01-19Stereo Sound ONLINEでSOtM sPQ-100PSの試聴会レポートが公開されました
「SOtMの「sPQ-100PS」は、アナログレコードの自由な楽しみ方を広げてくれる。オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館で、尖った試聴会が開催された」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-27Audio & Hometheater Showroom on and onでLUMINが展示されています
U2もご試聴できます
2023-12-26年末年始にオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館でSOtM sPQ-100PSフォノイコライザーを体験できます
1/10(水)まで設置を予定しております
2023-12-26HiVi 2024冬号で藤原陽祐先生による注目ブランド研究第2回SOtMの記事が掲載されました
sNH-10G スペシャルエディションとsCLK-OCX10スペシャルエディションを試聴されています
2023-12-25HiVi 2024冬号で山本浩司先生によるLUMIN L2のレポートが掲載されました
「ミュージックサーバーとハブをひとつに。想像以上の効果あり!」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-22ZMF headphones Caldera STDがHiVi冬のベストバイ2023で受賞しました
「ヘッドホン部門3(10万円以上[税込11万円以上]):3位」で受賞しております
ホーム > 取扱ブランド > マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Helix Plus Signature)

マグネチックウェイブガイド(MC-0.5 Helix Plus Signature)Brands

画像

マグネチックウェイブガイド
MC-0.5へリックスプラス
 シグネーチャー
(MC-0.5 Helix Plus Signature)

/**********************************************/

MUSIC BIRDのオーディオ実験工房で
High Fidelity Cables製品の特集が
オンエアされます。


「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター②
High Fidelity Cables特集」
というタイトルでのオンエアとなります。

オンエア時間は以下になります。
2021年10月4日(月)9:00~10:00
2021年10月11日(月)20:00~21:00(再放送)

「コンセント差し込み型ノイズ・フィルター特集の2回目です。
超話題のNEWブランド「High Fidelity Cables」から5機種、
エントリーモデルから50万円のハイエンドモデルまで試聴しました。」

①MC-0.5 Magnetic Wave Guide
②レメディMC-0.5 Magnetic Wave Guide Remedy
③MC-0.5 Helix Plus Signature
④MC-1 Pro Helix Plus
⑤MC-1 Pro Double Helix Plus Signature

と告知されています。

/**********************************************/

 

Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
「MC-1 Pro Double Helix Plus Signature」「MC-0.5 Helix Plus Signature」 High Fidelity Cables
「マグネチックウェイブガイド」の
効果を、
2週間かけて徹底検証した。
愛機の実力を引き出す
その効果に、
もう導入するしかない?
High Fidelity Cables

MC-1 Pro Double
 Helix Plus Signature

MC-0.5 Helix Plus
 Signature

 

オーディオ実験室で
MC-0.5 Helix+ Signatureの
試聴レポートが掲載されました。

「MC-0.5 Helix+ Signatureを
 LUXMAN:L-505f 背面の
 サービスコンセントに挿してから
 1ヵ月経過!音はどうなったのか?
【アキュフェーズ ユーザーも必見!】」
というタイトルで紹介されています。

「米 High Fidelity Cables の
電源コンディショナー
MC-0.5 Helix+ Signature を
LUXMAN のプリメインアンプ
L-505f 背面のサービスコンセントに
挿してから1ヵ月が経過しました。
果たして音はどうなったのか?

これまで 下位機の MC-0.5 と
MC-0.5 Helix+ で試してみた結果、
MCシリーズは
やっぱりサービスコンセントに挿すと
効き目がハンパないことが既に判明しています。

なので上位機の MC-0.5 Helix+ Signature は
もっと効くんだろーなと予想はしていました。

そして予想は当たったんです。

当たったんですけど、

Signature は下位機では
あまり印象に残らなかったある点において
予想外にモノ凄い効果をもたらしてくれちゃったんです。

・・また聴いちゃいけないものを聴いてしまった。」
と紹介されています。

 

 

オーディオアクセサリー大全 2022-2023で
High Fidelity Cablesが掲載されました

「磁気を利用した音質向上対策を推し進める新鋭ブランド」
と紹介されています。

Limited MC-0.5 Remedy Signature
MC-0.5 Helix+ Signature
Limited Edition MC-1 Eddie Edition
が掲載されています。

「強烈なS/Nの向上は共通。
各モデルとも効果が異なる」
と評価されています。

 

 

オーディオ実験室で
High Fidelity Cables MC-0.5 Helix+ Signatureの
試聴レポートが掲載されました。

「価格バランス完全無視。
税別定価 ¥160,000 の MC-0.5 Helix+ Signature を
¥198,000 の LUXMAN:L-505f に挿してみる
【アキュフェーズユーザーも必見】」
というタイトルで紹介されています。

「最近サブシステムで遊んでいる実験室。

前回そのあまりの音質改善交換に驚き買うと宣言した
MC-0.5 Helix+ でしたが、
輸入元ブライトーンさんから
上級機 MC-0.5 Helix+ Signature の
デモ機を新たにお借りできましたので、
また LUXMAN のプリメインアンプ L-505f
背面にあるサービスコンセントに
挿して試してみることに。

¥198,000のアンプに ¥160,000の磁石を挿す・・
価格バランスを完全に無視した実験ですが果たして?」
と紹介されています。

 

 

High Fidelity Cables
Limited Edition MC-0.5 Remedy Signatureが
オーディオユニオン
お茶の水アクセサリー館様の
ブログに掲載されました。

アンプ背面のサービスコンセントに挿した
試聴結果を掲載されています。

「無しでもタップの影響で陰影が出てます
サービスコンセントに挿すと、入れた時から
直ぐに変化が現れました

よりボーカルが実体感を伴います
そもそもS/Nが良いアキュフェーズですが
更に明瞭度がUPします

試しにタップに挿すのと比べると
何とサービスコンセントの方が
効果が分かり易く反応も良かったですね」
と紹介されています。

 

 

High Fidelity Cables
MC-0.5 Helix Plus Signatureが
オーディオユニオン
お茶の水アクセサリー館様の
ブログに掲載されました。③

170時間程経過後の試聴結果を
掲載されています。

「出音から違いました

音の沈み込みが全然深い

オーディエンスの拍手も細やかになりました
透明度が向上した効果です

関心のVocalの引っかかり
更に減衰しましたね
もう気にならない程度です
ボリュームを上げたくなります
更に時間経過進めばもっとシルキーに
なることでしょう

最後にソリッドスチールの
SS-6に変えて聴きました
前回の印象よりgood
プラス時間経過のおかげでしょうか?

アンプ交換してもMC-0.5 Helix Plus Signature
は抜きません
次のアンプに効果引き継げるか?
スタートに戻るか?
これも実験です
随時ブログで御報告します」
と紹介されています。

 

High Fidelity Cables
MC-0.5 Helix Plus Signatureが
オーディオユニオン
お茶の水アクセサリー館様の
ブログに掲載されました。②

50時間程経過後の試聴結果を
掲載されています。

「驚きです
50時間でこんなに進化してしまうとは

ペットの実在感が全然違います
同じシステムで聞こえなかった
弱音が聞こえます
つまりS/Nも断然向上しました

ボーカルの存在感も姿が見えます
以前気になった子音やカサカサ感も
グンと少なくなり気になりません
そういうわけでボリュームを上げてしまいます

敢えて大げさに言えば
アンプのグレードをウント上げた感じ
以前ブログでウエストミンスターの
770万セットの時の感動が頭をよぎりました
この感動がMC-0.5 Helix Plus Signatureで
得られるならもはやコスパが良いと言えるでしょう

50時間の変化量は大きい」
と紹介されています。

 

 

High Fidelity Cables
MC-0.5 Helix Plus Signatureが
オーディオユニオン
お茶の水アクセサリー館様の
ブログに掲載されました。①

まず6時間程経過後の試聴結果を
掲載されています。
(次回報告は36時間後の予定とのことです)

「ホールトーンが豊かになってきました
ボーカルの密度がグンと増しました
よりイガイガ感が少なくなりました

悔しいけどドンドン良くなります
(何に悔しがる?)
僅か6時間で変化が現れてしまった
今後どれほどの伸びしろが有るのだろう

次回報告は23日の午後
おおよそ36時間位の時間経過が見込めます
(誰も抜いてはならない)」
と紹介されています。

 

 

High Fidelity Cablesの
電源ターミナルと
導通改善剤の記事が
Audio Accessory誌182号に
掲載されました。

炭山アキラ先生より
「磁気伝導技術を応用させた
電源ターミナル、導通改善剤も登場」
と紹介されています。

電源ターミナルは
MC-0.5 Helix Plus Signature、
MC-1 Double Helix Plus Signature
導通改善剤は
NPS-1260
を試聴されています。

・MC-0.5 Helix Plus Signature
「音の雑味や
楽音にまとわりつく歪みが
消えたら、
オーディオはここまで
迫真の世界へ
到達することが
できるのか。
これは新鮮な発見である。」

・MC-1 Double Helix Plus Signature
「目覚ましいスピード感で
奏者の位置が明確にわかる。
さながらオケの
ホログラムだ。」

・NPS-1260
「大幅に音の目が詰んで
音場が密度を増し、
滑らかだが爆発的な
パルスも表現する。
効き目の大きなグッズである。」

と評価されています。

 

 

High Fidelity Cables MCシリーズの記事が
Audio Accessory誌181号に
掲載されました。

生形三郎先生より
「磁気伝導技術の結晶
電源ターミナルを聴き比べる」」
というタイトルで紹介されています。

MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureは
「これまで左右や奥行き方向に
散っていた音達が
グッとセンター手前に
引き寄せられるような凝縮感に加え、
帯域的にもヴォーカルなどの
中域がフォーカスされて
浮き立つ効果が得られた。
またまるで余韻の収束が
早まるかのような強烈な
S/N感の向上効果も印象的だ。」

MC-0.5 Helix Plus Signatureは
「平滑化された
耳触りの良いサウンドによって、
コンポーネントの主張や力み、
そして、音楽ソースの起伏が
程よく緩和され、
聴きやすい音になる。」

MC-0.5 Helix +は
「音楽的なメリハリのある
モデルと感じる。
とりわけヴォーカル帯域が
明瞭さを増して立ち上がるのだ。」

と評価されています。

 

 

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で
High Fidelity Cables:MCシリーズ解説~その3~
と題して紹介されています。

(5分経過後)オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました。
5分間接続して抜いた後の評価が記載されています。

「結論。MC-1 Pro シリーズが形状的に挿せない電源ボックス、
例えば NVS の CCS-4 等をお使いの方にとっては
この MC-0.5 Helix+ Signature こそが名実共にトップエンドと言っていいでしょう」
と状況を報告されています。

このマグネチックウェイブガイドは
空いたコンセントに差し込むだけで、
磁気伝導技術の効果を得ることができます。

MC-1で確立したコンデンサー電子設計技術を用いて
独自の内部接触改善により低抵抗を実現し、
ホット、ニュートラル、グラウンドに完全なHelix設計を施しました。

追加されたコンデンサ自体は小さすぎて
ACを単独でフィルタリングできませんが、
マグネチックウェイブガイドと組み合わすことで、
ウェイブガイドも含めた電子が
ウェイブガイドにエネルギーを引き込み、
このデバイスに特有の
磁気フィルタリングプロセスを実現します。



■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでに
しばらく時間を要します。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

壁コンセントよりも
なるべくシステムに近いところに
複数挿した方が高い効果を得られます。
また、一般的な電源フィルターとは異なる方式で
効果を出すため、
電源フィルターとの併用により
さらに高い効果を引き出します。

寸法:38.1mm x 38.1mm x 114.3mm
重量:0.25kg

複数挿した状態(MC-0.5 メーカーの展示会にて)

画像

【Limited Edition】
Limited Edition MC-0.5 Remedy Signature


Covidブルースの治療法です。
より良いサウンドの音楽は常にブルーな気分から
抜け出す方法です。

私たちはコメディーを目指しているわけではありません。

しかし、この健康的な楽しみは、
ドレスアップしたMC-0.5 Helix Plus Signatureで
実現できます。

写真にあるアクセサリーも同梱されます。

MC-1 Eddie Edition
MC-1 Eddie Edition
MC-1 Eddie Edition
MC-1 Eddie Edition



High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価:\160,000(税込\176,000)

■販売について

販売サイトはこちら

High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureが
「オーディオアクセサリー銘機賞2021」を受賞しました。

画像
このページのトップへ