ニュースNews一覧

2020-06-05(720時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
720時間接続した後の評価が記載されています
2020-06-05オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで~LPI V2 を OPPO の天板に載せてみる~と紹介されました
Stillpoints LPI V2を天板に載せて効果を確認されています
2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > MYSPHERE3

MYSPHERE3Brands

画像

ホバーリング・ヘッドフォン
MYSPHERE 3


オーストリア ウィーンのLB-Acostics社製

画像

画像

新しい素材、
改良されたコンピューターシミュレーション、
心理音響学などの革新的な測定方法、
人工頭部(ヘッド&ボディシミュレーション)、
レーザー振動計等は
音響機器の構築に新しい可能性をもたらしました。

AKG K1000のコンセプト構築と開発を指揮した
Helmut RybackとHeinz Rennerは、
彼らの貴重な経験を究極のヘッドフォンである
MYSPHERE 3の開発に惜しみなく注ぎ込みました。

サウンドフレーム(スピーカー)は
耳の上を浮遊するかのように配置され、
全体の重量は320 gを少し超えるように最適化されています。


すべてのストレスが掛かる外部部品は、
削り出しのアルマイトアルミニウムまたは
ステンレスでできています。
これらの材料は非常に耐久性と耐食性があります。

内部の素材とコネクタは弾性が高く、
腐食に強く、ボディから伝わるノイズを
減衰させるものを採用しています。

耐久性を最優先とした設計をしています。

トランスは、有孔の防滴ファブリックにより、
埃や接触から保護されています。

電気内部配線は完全に対称です。

ケーブルが左側に接続されているか、
右側に接続されているかに関係なく、
正確に同じワイヤ長となっています。

すべてのケーブルおよびワイヤは、
近接効果を回避し、
全体の重量を最小限に抑えるために
軽量に設計されています。

MYSPHERE 3は、
LB-acousticsMessgerateGmbHが
音響および振動測定技術の
コアコンピタンスを適用して開発しました。

オーディオファンのコミュニティの要件を満たすため、
すべての測定は最新の技術基準に従って行いました。

これには、単純な音響測定だけでなく、
機械的振動や心理音響テストも含まれます。
しかし、最終試験はテスト担当者の人間の耳で行われ、
設計コンセプト全体に反映されています。


■製品について

①過渡応答

画像

超軽量コイルとクモの巣構造のグラスフォーム膜により、
最速のインパルス再現が可能です。

追加の音響質量を減らすために、
狭いチャネル、スロット、穴などの
すべての不要な空気量の影響を回避しています。

②空間のあるサウンド
画像

オープンデザインによる設計で、
ドライバーは耳の上を浮遊しています。

開いた前面クッションにより、音が一方から他方へ、
またはその逆に流れることができます。

これにより、これまでにないステレオ効果と
大きな空間の広がりが生まれます。

③オープンデザイン
画像

可動膜の両側で、空気は完全に排気されます。
ボリュームの大きさが膜の動きを妨げることはなく、
フロントクッションは音響的にオープンになっています。

これにより、思いがけない音場空間が生まれます。

④革新的なフレーム構造
画像

軽い金属製のフレームが
柔らかいクッションから頭部に力を伝えることで、
非常に小さな比面圧を実現します。

しっかりと固定されたヘッドバンドは
頭部の敏感な領域を回避して、
ドライバーを中空に浮かせます。

すべてのクッションは磁石で取り付けられており、
工具なしで手動で取り外すことができます。

さらに、持ち運びとサービスを容易にするために、
工具なしでサウンドフレーム(スピーカー)の
両側を取り外すことができます。


人間の頭は実際には対称ではないため、
角度と高さのすべての調整は、
機械的な固定位置なしに自由に調整できます。

細かいスケーリングにより、
簡単に個人に合わせた調整ができます。
 

定価:
540,000円(税抜き)
MYSPHERE 3.1またはMYSPHERE 3.2を
選択ください。

700,000円(税抜き)
MYSPHERE 3 (3.1と3.2の
二つのサウンドフレームを同梱)

長さ1.2 m 3.5mmプラグのケーブルと
6.25 mmアダプターが
同梱されます。

追加サウンドフレーム(スピーカー):250,000円(税抜き)

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます


■製品仕様について
スタイルフルオープン
耳横にホバーリング
感度96 dB / 1 mW RMS = 115 dB SPL/V eff.
最大入力電力60mW
定格インピーダンス15Ω(MYSPHERE 3.1)または110Ω(MYSPHERE 3.2)
トランスデューサータイプダイナミック
トランスデューサーサイズ40 x 40 mm
ダイヤフラム角型、グラスフォーム使用
メンブレン保持範囲4mm
周波数特性20 Hz - 40 kHz(-10dB)
磁気構造ラジアル、フルベント
磁気方式ネオジムN52
磁束密度1.5 T
重量345 g(ケーブル除く)

 

■販売店評価の紹介

オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで
MYSPHERE 3が掲載されました


「外側に開くとオープン型でも
まったく敵わない広大な音場が
リスナーを取り囲みます。」
と評価されています

 

■評論家評価の紹介

Stereo Sound Onlineで
野村ケンジ先生による
LB-Acoustics MYSPHERE 3の
試聴レポートが掲載されました


「一聴して圧倒されたのが、
音場表現の素晴らしさだ。

左右はもちろん、
奥行方向についても広大な、
それでいてとても自然な
サウンドフィールドが
広がってくれるため、
臨場感の高いサウンドに埋没できる。

それでいて、
デジタルで擬似的に
作り上げた音場とは異なり、
とてもリラックスした気分で
音楽を存分に堪能できる。」
と評価されています

 

■販売について

販売サイトはこちら


耳補強付きの周波数応答

画像

バーストディケイ
画像

ステップ応答
画像

インパルス応答
画像

近接場での周波数応答
画像

インピーダンスと位相(上:3.1、下:3.2)
画像


画像
このページのトップへ