ニュースNews一覧

2020-06-05(720時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
720時間接続した後の評価が記載されています
2020-06-05オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで~LPI V2 を OPPO の天板に載せてみる~と紹介されました
Stillpoints LPI V2を天板に載せて効果を確認されています
2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > D3

D3Brands

画像

ALPHA & DELTA D6

ALPHA & DELTA D3

・魅力的なダイキャスト金属ハウジング
・6mmマイクロダイナミックドライバ
 (カスタムチューニング)
・暖かみのあるバランスの取れたサウンドデザイン
・4芯銀メッキ銅線の編組ケーブル
・ストレート、耳かけのどちらでも使用可能


■同梱アクセサリー:

イヤーガイド(1ペア)
シートクリップ(1個)
フォームチップ(1ペア)
ダブルフランジシリコンチップ(1ペア)
トライフランジシリコンチップ(1ペア)
シリコンチップ(3ペア)
レザーケース(1個)
レザーケーブルクリップ(1個)

■仕様:

ドライバーユニット:6mm micro dynamic driver
インピーダンス:16 ohm
最大入力:1mW
周波数特性:10 Hz- 20 Khz
スピーカー感度:92+/- db/mW
コード長さ:1.2m 銀メッキ銅線
プラグ:3.5 mm
ハウジング:鋳鉄

■価格:

7,000円(税抜)

■評論家評価の紹介

Alpha & Delta 「D6」,「D3」の記事が
価格.comマガジンに掲載されました


野村ケンジ先生より
「Alpha & Deltaの「D6」「D3」は、
なかなかに完成度の高い製品に仕上がっていた。
特に「D6」は、独特のサウンド表現を持ち合わせていて
強い興味を持った。
加えて、コストパフォーマンスのよさも大いに魅力だろう。
注目に値するモデルだ。」
と紹介されています。

「D6」の評価
鮮度感が高く、それでいて丁寧なディテール表現を
持ち合わせているのが好ましい。
HDSSのおかげか、左右への広がり感がある上に定位も
しっかりしているが、
それ以上に魅力的なのが中高域の心地よい音色だ。

「D3」の評価
「D6」とは打って変わって、
「D3」はナチュラルテイストを重視した、
ややウォーミーな傾向を持つサウンドキャラクター。
低域の量感も多めで、落ち着いた印象の音色傾向だ。
ボーカルの声は比較的自然なイメージで、
よく通るすがすがしさは「D6」と共通している。
いっぽう、ピアノに関しては倍音のそろいがよいのか、
不思議と「D3」のほうがとても伸びやかに感じる。
帯域バランス的には、屋外での使用がメインのユーザーは
「D3」の方が好ましい場合もありそう。

■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ