ニュースNews一覧

2024-02-28園田洋世先生によるオミクロン Power BoostのレポートがAudio Accessory 2024 SPRING Vol.192に掲載されました
「電源ノイズフィルターの上に載せる 足し算ではなく掛け算の効果を体験」というタイトルで掲載されています
2024-02-08LUMIN製品の取り扱いについて
LUMIN側には日本の法律に基づいて行動していただくよう要請しており、引き続き損害賠償の手続きを進めていきます
2024-02-05ダブルウーファーズ会長 故永瀬宗重氏開発によるレコードスタビライザー NAZO STAT Verion2の販売を開始致します
底面の内径を100mmとしてレコードレーベルの最大径に合わせました
2024-01-26Philewebミニレビューでオミクロン Power Boostが紹介されました
「【ミニレビュー】オミクロン「POWER BOOST」電源フィルターと合わせ技!」というタイトルで掲載されています
2024-01-19Stereo Sound ONLINEでSOtM sPQ-100PSの試聴会レポートが公開されました
「SOtMの「sPQ-100PS」は、アナログレコードの自由な楽しみ方を広げてくれる。オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館で、尖った試聴会が開催された」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-27Audio & Hometheater Showroom on and onでLUMINが展示されています
U2もご試聴できます
2023-12-26年末年始にオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館でSOtM sPQ-100PSフォノイコライザーを体験できます
1/10(水)まで設置を予定しております
2023-12-26HiVi 2024冬号で藤原陽祐先生による注目ブランド研究第2回SOtMの記事が掲載されました
sNH-10G スペシャルエディションとsCLK-OCX10スペシャルエディションを試聴されています
2023-12-25HiVi 2024冬号で山本浩司先生によるLUMIN L2のレポートが掲載されました
「ミュージックサーバーとハブをひとつに。想像以上の効果あり!」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-22ZMF headphones Caldera STDがHiVi冬のベストバイ2023で受賞しました
「ヘッドホン部門3(10万円以上[税込11万円以上]):3位」で受賞しております
ホーム > 取扱ブランド > POWER BOOST

POWER BOOSTBrands

画像

磁気伝導レギュレーター
POWER BOOST

OMICRON GROUP POWER BOOST が
オーディアクセサリー銘機賞2024を受賞しました

■セッティング系アイテム部門受賞モデル
OMICRON GROUP
POWER BOOST
磁気伝導レギュレーター

画像

 

POWER BOOST New Usageと題して
電源フィルターアクセサリーの上に置くことで
さらに効果を上げる方法を
掲載いたしました

POWER BOOSTは、
デルリン樹脂とゴールデンブラスで製作され、
3つのセラミック ボールが内蔵されています。
1つのスパイラルスロットと
3つのレバーで効果を調整できます。
上部スパイラル調整用ピンが1本付属しています。

POWER BOOSTは、
オーディオ システム内の
様々なデバイスに使える磁場調整器です。
TESLAの磁気伝導技術を使いやすく進化させました。
トランス、電源フィルター、スピーカーなど、
あらゆるHi-Fi システムデバイスで使用できます。
※CDプレーヤーの読み取り機器のような
レーザー系の機器では使用しないでください。


【効果】

あらゆるオーディオシステムのサウンドを
上部のスパイラルと
3 つのレバーの位置を変えることで、
細かくリアルタイムで変更することができます。

拡大された深いサウンドステージ、
楽器の分離と焦点の変化を確認しながら
非常にホログラフィックで
リアルなサウンドが得られるまで調整できます。


【特徴】

POWER BOOSTは、
あらゆる電気接続ケーブルに
電流が流れることによって生成される電磁フローの
強力な調整器です。

POWER BOOST は、
ケーブルの電流経路の品質を損なうことなく、
電子機器、スピーカー、
電源などを接続する電気ケーブルに
外部から効果を与えられる
革新的な磁場調整器です。

POWER BOOSTには
調整可能な1つのスパイラルスロットと
3つのレバーがあり、
それらを動かすと内部機能が変更されます。
スパイラルスロットと
レバーのそれぞれの調整により、
リアルタイムで音を変化させることができます。


【設置方法】
電源タップ、電源フィルター、
ターンテーブル、
ネットワークプレーヤー、
スピーカー等の上に
配置してください。
※CDプレーヤーの読み取り機器のような
レーザー系の機器では
使用しないでください。

3つのスパイラル スロットを
調整することで
音質を変化させることができます。

電子機器により
効果が異なりますので
お好みに合わせて調整してください。

効果が完全に表れるまでに
24~36時間が必要です。

外した場合も30分~2時間程度
効果が持続します。

POWER BOOSTを複数個
載せることで
効果を上げることもできます。

またTESLAの上にPOWER BOOSTを
載せることでさらに高い効果を
得ることができます。

POWER BOOSTを、
電源フィルターアクセサリーの上に置くことで
さらに効果を上げることができます

1つのスパイラルスロットと
3つのレバーで効果を調整できますので
さらなる効果の方向性を
ご自分の好みに合わせられます

磁力で反発する場合は
上下逆に置いても効果を得ることができます

是非お試しください


【High Fidelity Cables製品との組み合わせ】

画像

【Synergistic Research製品との組み合わせ】
画像

【Nordost製品との組み合わせ】
画像

【Portento製品との組み合わせ】
画像

【Apotema製品との組み合わせ】
画像

 


定価:100,000円(税込110,000円)

素材: デルリン/ゴールデンブラス
外径:54mm
高さ:52mm
重量: 0.6kg


■販売について

販売サイトはこちら

 

PHILEWEB ブライトーンページ

PHILEWEB 特集記事一覧

特集記事 タイトル 試聴機器
POWER BOOST 【ミニレビュー】
オミクロン「POWER BOOST」
電源フィルターと合わせ技!
Synergistic Research
UEF Performance
Enhancer A/C Power
OMICRON GROUP オミクロンの
“磁気伝導”アクセサリーを
オーディオファンが自宅でモニター!
効果はいかに!?
実力徹底検証
OMICRON GROUP
TESLA
POWER BOOST
OMICRON GROUP “磁気伝導”で
音質向上図る新ブランド
「オミクロン」日本上陸!
「TESLA」「POWER BOOST」
実力徹底検証
OMICRON GROUP
TESLA
POWER BOOST

 

園田洋世先生による
オミクロン Power Boostのレポートが
Audio Accessory 2024 SPRING Vol.192に
掲載されました


「電源ノイズフィルターの上に載せる
 足し算ではなく掛け算の効果を体験」
というタイトルで掲載されています

園田洋世先生が
「オーディオプリズム QUIET LINE」
「Synergistic Research UEF ENHANCER AC」
「High Fidelity Cables MC-1 Pro」の
3モデルに
Power Boostを載せて
レポートされています

「艶が出てより澄んだ響きに
 位置関係もより明確に表現」

「低音がより深く沈み込み
 立体感と密度感が高まる」

「フィルターの効果もさらに向上
 空間としての実在感が激増する」
と評価されています

 

Philewebミニレビューで
オミクロン Power Boostが
紹介されました


「【ミニレビュー】オミクロン「POWER BOOST」
電源フィルターと合わせ技!」というタイトルで
掲載されています

空きコンセントに挿すタイプの
電源フィルターアクセサリーの上に
POWER BOOSTを設置すると
相乗効果で劇的にすぐに良くなるのかを
Synergistic Researchの
「UEF Performance Enhancer A/C Power」
を使って試聴確認しています

「ベースがタイトなままに深く!沈み込む。
すべての楽音が濃厚かつ立体的できわめて!生々しい。
1週間待ってブレークインを完成させたらいったい…?
これは事件だ。」
と評価されています

 

オークラオーディオ様のブログで
オミクロン製品が紹介されました2


「POWER BOOST」というタイトルで
設置4日目の評価を掲載されています

「明瞭度とパワーバランスが向上した気がします」
と評価されています

 

オークラオーディオ様のブログで
オミクロン製品が紹介されました


「磁気伝導アクセサリー 」というタイトルで
1週間で付け外しした評価を掲載されています

「数か月後の変化は、お楽しみといったところでしょうが
あの「マグネチック・ウェイブガイド」との相乗効果も期待大でしょう。」
と評価されています

Philewebで
オミクロン製品の
オーディオファンの
モニター記事が掲載されました


「TESLA」と「POWER BOOST」両方を聴かれています

「オミクロンの“磁気伝導”アクセサリーを
オーディオファンが自宅でモニター!効果はいかに!?」
というタイトルで掲載されています

クレモナの艶やかさをもっと引き出したい! ということで
“磁気伝導技術”の効果を自宅で体験され
園田洋世先生とのインタビュー形式でその効果を話されています

 

オミクロングループ TESLA/POWER BOOSTが
オーディオユニオン
お茶の水アクセサリー館様の
ブログに掲載されました(第二弾)


今回は一週間経過させた後のレポートが掲載されています

「悔しいです
全ての点で良くなってます
特に低域の沈み込みが深く、
量感も豊かになりました
この点は特筆物で、
常連のお客様も
オミクロンの事知らないで、
「音が沈み込んでるね」
とおっしゃいます

空間性も優れ個々の楽器や微細な音も
浮かび上がってきますね」
と評価されています

 

福田雅光先生による
オミクロンのレポートが
Audio Accessory 2023 SUMMER Vol.189
に掲載されました


「“磁気伝導”を駆使した注目ブランド
世界最大のケーブルホルダーも登場」
というタイトルで掲載されています

福田雅光先生が
磁気伝導ケーブルホルダー TESLAと
磁気伝導レギュレーター POWER BOOSTの
設定を調整しつつ
レポートされています

磁気伝導ケーブルホルダー
TESLAは
「音の勢いを引き出す効果
透明感が高まり厚くする」

磁気伝導レギュレーター
POWER BOOSTは
「3つのレバーで調整する仕組み
広帯域、高解像度な音質を実現」

と評価されています

 

PHILEWEBで
園田洋世先生による
TESLA, POWER BOOSTの
記事が掲載されました


「“磁気伝導”で音質向上図る新ブランド
「オミクロン」日本上陸!
「TESLA」「POWER BOOST」実力徹底検証」
というタイトルで掲載されています

磁気伝導技術で一世を風靡した
High Fidelity Cablesの
保有ユーザーに向けて
想定される期待と不安に対して
試聴した結果をレポートされています

●期待(1) 既に磁気伝導技術の恩恵をこうむっている
(=「磁力化」している)箇所に加えることでさらなる効果が得られるか?
●期待(2) まだ磁力化していない箇所に設置して
HFC同様にあるいはHFCとは違うかたちで音質向上させることができるか?

●不安(1) HFCによる磁力化を阻害しないか?
(期待(1)の裏返しでもある)
●不安(2) 機器の上にPOWER BOOSTなる磁石を置いたら、
機器に悪影響を与えてしまわないか?

「いろいろ試してみたところ
POWER BOOSTは電源ボックスの
空きコンセントの上に載せても効果があった。
これならMCシリーズと同じように使えるだろう。

両機ともに、スパイラルスロット
あるいはレバーを操作すると
音像の実体感やメリハリが変化して面白い。

アクティブに使いこなす楽しさがある。
久々に胸のときめきが止まらない。」
と評価されています

画像
このページのトップへ