ニュースNews一覧

2022-01-22HDMI対応プリアンプ機能付きストリーマーDAC LUMIN P1を販売開始致します
WestminsterLabとの共同開発により実現したアナログ入力とデジタル入力を備えた新しいオーディオハブです
2022-01-21デュアルモノ・ディスクリートパワーアンプ LUMIN AMPを販売開始致します
WestminsterLabとの共同開発により実現したLUMINのサウンドをさらに一段引き上げるパワーアンプ LUMIN AMPを発売します
2021-12-24LUMINがTIDAL Connectに対応しました
X1, T2, U1, U1 MINIが対象となります。その他のモデルは次のモデルチェンジ時に対応予定です
2021-12-23オーディオユニオン大阪店様でWestminsterLab「Quest」&「Rei」の試聴展示が始まりました
年末年始にご試聴いただけます
2021-12-212022年1月1日よりStillpoints製品の価格改定を行います
海外からの仕入れ価格の上昇により、やむなくStillpoints製品の価格改定を行います
2021-12-18HiVi 2022年1月号で山本浩司先生によるMYSPHERE 3の記事が掲載されました
「〈壺中の天〉を満喫!超絶的魅力に満ちた近接ステレオAV ホバーリング型ヘッドホンの快適かつ見事な音質に驚く」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-12-17HiVi 2022年1月号で山本浩司先生によるLUMIN M1の記事が掲載されました
「音場感の豊かさと精妙な弱音表現が魅力 ルーミンから新発想「ネットワークプレーヤー+プリメインアンプ」M1登場」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-12-15ダイナミックオーディオ 7F 【H.A.L's Brief News】でWestminsterLab Quest + Rei (バイアンプ)の試聴レポートが掲載されました
ダイナミックオーディオ 7F 川又店長より「私が801D4で鳴らしたいアンプとコンポーネントは数多くあります。しかし、何と言っても実現したかったのがWestminsterlabです!」と紹介されています
2021-12-14Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるSOtM sNH-10Gスペシャルエディションの記事が掲載されました
「ネットワークオーディオ再生の品質を左右するネットワークスイッチ。SOtM「sNH-10G」スペシャルエディションで、音はどう変わったのか?」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-12-10Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~でSOtM sNH-10G Special Edition を使ったカスケード接続による試聴レポートが掲載されました
「SOtM sNH-10G SE-C/SE-Sのカスケード接続による試聴」というタイトルで掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > A LUMIN Streaming System(M1)

A LUMIN Streaming System(M1)Brands

画像

DSD対応ネットワークプレーヤー LUMIN The Audio

A LUMIN Streaming System
コンパクトオールインワンオーディオシステム(M1)

/**********************************************/

MUSIC BIRDのオーディオ実験工房で
LUMIN製品の特集が
オンエアされました。


「最新ネットワークオーディオ事情
~ルーミン&ソム①LUMIN」

2021年11月29日(月)9:00~10:00
2021年12月6日(月)20:00~21:00(再放送)

<試聴機器>
①ネットワーク・プレーヤー LUMIN X1
②ネットワーク・トランスポート LUMIN U1 MINI

/**********************************************/


LUMINは有償訪問サポートに対応しております。

ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら


デフォルトのデジタルボリュームアルゴリズムの代わりに
Leedh Processing Volume Controlを
(追加費用なしで)
使用できるようになりました。


Leedh Processingとは

・丸め誤差を排除する革新的な
 新しいデジタル音量調整アルゴリズムです。

・デジタル信号の振幅を正確に変更します。
 その形状を変更することなく、
 いかなる種類の情報損失もありません。

・より効率的な整数ボリューム値を使用して、
 後続のDAC変換中でもオーディオ情報の整合性を維持します。

・処理能力を多く必要としないため、
 CPUに負担がかかりません。
 プリアンプがなくても音楽を楽しめます。

 

LUMINがフリーロスレスラジオに対応しました。

LUMINのファームウェアをv14.2にアップデートすることで、
47のロスレスラジオ局が
LUMINのインターネットラジオインターフェースに
追加されます。

全てのLUMINネットワークプレーヤー、
ネットワークトランスポートで対応します。

人気のRadio Paradise, Sector, 95bFM, Czech Radio,
Fréquence³, SuperStereoSuperStereoなどを
フィーチャーしています。

多くは 44.1/48kHz 16-bitとなりますが,
より高い解像度のラジオにも対応しています。
(Mother Earth Radio HiRes などは
96kHz/24bitとなっております)

※すべての放送局が番組や曲の情報を
ストリームに含めるわけではありません。

すべてのラジオ局と同様に、
ストリームソースの解像度と放送時間は
LUMINの管理外となります。

 

HiVi 2022年1月号で
山本浩司先生による
LUMIN M1の記事が
掲載されました。

「音場感の豊かさと精妙な弱音表現が魅力
ルーミンから新発想
「ネットワークプレーヤー+プリメインアンプ」
M1登場」という
タイトルでレポートが掲載されています。

 

 

吉田苑様のブログで
LUMIN M1の
試聴レポートが掲載されました。

「2021/11/04 LUMIN M1
販売価格 シルバー 176,000円(税込)
ブラック193,600円(税込)」
というタイトルで掲載されています。

通常、上位モデルとの差別化を図るために下位モデルの音作りは、
良い意味での普通に落ち着く場合が多いですが、
このモデルに関しては本気で音作りを行ったと感じます。
密度感やエネルギー再現性に差はあれども、
音色に関しては見事に LUMIN を貫いています。

LUMIN ファンの方は、安心して導入できると思います。

と紹介されています。

 

 オーディオ実験室で
LUMIN M1の
試聴レポートが掲載されました。

「LUMINの新製品 M1 を早速聴いてみた!
これは超ハイコスパのオールインワン・・!!」
というタイトルで紹介されています。

「ネットワークプレーヤーで評価が高い LUMIN から、
ネットワークトランスポート+DACに加えて
アンプまで1筐体におさめた
コンパクトオールインワン・
オーディオシステム M1 が発売されました。

実験室では同社の U1 MINI、D2、
そしてフラッグシップの
ネットワークプレーヤー X1 を
聴いてきましたが
どれも非常にコスパが高かったのはご存知の通り。

しかし U1 MINI より安いのに
アンプまで内蔵してしまった
M1 の音ってどうなのか? ・・

これがですね、
開けてビックリだったんですよ。。」

と紹介されています。



LUMINのネットワークプレーヤーは
OpenHomeを経由せずに、
LUMIN Appとダイレクトに通信します。

これにより超高速のレスポンス、安定した操作性、
PCレスで即時反映できる環境設定機能を実現しています。

ミュージックサーバーL1は
LUMIN Appに最適化した形で
音源データベースを構築しており、
他のNASと比べものにならないスピードで
タグ情報やアルバムアートを
LUMIN Appに転送できます。

座っている場所で音源全体を見渡し、
ストレスなく自由自在に
高品位なサウンドで
快適に音楽を楽しむこと。

LUMINであればこれを実現できます。


数々の受賞歴を誇る
LUMINミュージックプレーヤーの
音響特性をすべて反映した
統合システムを開発しました。



■製品について

18か月に渡る継続的な開発により、
特大のスイッチング電源や
スピーカー出力までの完全デジタル信号パスなど、
独自の効率設計を実現しました。

LUMINの音楽配信機能も
全て対応しています。

  ・コンパクトシステム
  ・クラスDアンプでスピーカー出力部までの
   デジタルシグナルパスを保持
  ・Leedh Processingによる情報損失のない音質を実現
  ・60W @ 8オームスピーカー/
   100W @ 4オームスピーカー
  ・オーバーサイズのスイッチング電源
  ・DSD128 5.6Mhz 1bit再生
  ・PCM384kHz 32bit再生
  ・付属アダプターを介したアナログ入力
  ・物理的なノブ、及びアプリ内での音量制御
  ・MQAからDSD、FLACからWAVまで、
   すべての高解像度フォーマットの再生
  ・TIDAL、Qobuz、Spotify、AirPlay
   互換のネイティブサポート
  ・「現存する最も便利なインターフェース」と評された
   ユニークで直感的なLUMIN App
  ・Roon、フリーロスレスRadio対応


  ・操作だけでなく設定もiPadで出来ます
  ・操作性の良いアプリケーションを用意しています
  ・ライブ演奏等において、
   曲間の音切れを発生させません
   (ギャップレス プレイバック)
  ・操作アプリケーションを止めても、
   再生が途切れません
   (オンデバイス プレイリスト)
  ・USB接続音源の再生も可能です
  ・AirPlay、インターネットラジオにも
   対応しています

定価:
Silver 160,000円(税込176,000円)
Black 176,000円(税込193,600円)


LUMIN APP【Apple Store】
 (操作性の良いiPadアプリケーションです。
  利用された方々から高い評価を頂いております)

■使用方法及び各種テクニックについて

 LUMIN L1とLUMINネットワークプレーヤーを
 ダイレクト接続して音質向上させるテクニックのご紹介

 この方法によりルーターやハブの影響を
 回避することができます

 LUMIN App 動画による説明
 「LUMIN App」の一歩進んだ操作性を検証レビュー
 プレイリスト再生や設定変更の手順も紹介しています
 動画①基本機能の紹介&ブラウズ編
 動画②プレイリスト&再生編
 動画③設定編


 TIDAL,Qobuz DSD変換、アップサンプリング機能のご紹介
 LUMIN AppとLUMINネットワークプレーヤーを使えば、
 DSD変換、アップサンプリングを楽しむことができます

 

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます


■製品仕様について

A LUMIN Streaming System (M1)仕様

DSDサポート DSD 128 5.6MHz,1bit サポート
再生対応 UPnPプロトコル(OpenHome)

Roon Ready

Spotify Connect

ギャップレス プレイバック
(曲間の音切れを発生させません)

オンデバイス プレイリスト
(操作アプリケーションを停止させても、
再生が途切れません)
サポート
フォーマット
DSD Lossless DSF (DSD), DIFF (DSD), DoP (DSD)
PCM Lossless FLAC, Apple Lossless (ALAC), WAV, AIFF
Compressed (lossy) Audio MP3, AAC (in M4A container)
MQA  
対応サンプリング
周波数
及び対応bit数
PCM 44.1khz - 384kHz, 16 - 32bit, Stereo
DSD 5.6MHz, 1bit, Stereo
サポート
コントロール
デバイス
iPad(2014年モデル以降):
 iOS8.0以上推奨.
 Retinaディスプレイ完全対応

Android:
 Android 4.0以上推奨
ストリーミング
プロトコル
 UPnP  (OpenHome)
Roon Ready
Spotify Connect
AirPlay-compatible Gapless Playback
On-Device Playlist
Lumin APPサポート TIDAL, MQA, Qobuz TuneIn Radio
ネイティブサポート
ハイレゾリューションアートワーク対応
AirPlay対応
マルチタグ対応('Composer'タグ含む)
検索機能を用意
インターフェース Ethernet Network 1000Base-T
USB flash drive,
USB hard disk
(シングルパーティション FAT32,
exFAT, NTFSのみ対応)
出力 ステレオ 4mmバナナプラグ対応
≧4 ohm
60W @ 8 Ohm Speaker /
100W @ 4 Ohm Speaker
入力   RCA及びミニジャック
(同梱のUSBアダプター使用)
電源   オーバーサイズ
100–240V AC オートレンジ
フィニッシュ Silver、Black
寸法及び重量 LUMIN本体 361mm (W), 323mm (D), 58mm (H), 4.5kg
画像


■販売について

販売サイトはこちら

画像

画像

画像

画像

このページのトップへ