ニュースNews一覧

2021-09-12Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab 「Rei」4台使いの試聴レポートが掲載されました
「ウエストミンスターラボ「Rei」を4台(!)使った、ブリッジ&バイアンプ駆動を体験。わが生涯で聴いた凄い音BEST5に入る、超絶サウンドが体験できた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-09-09オーディオ実験室でSOtM sMS-1000SQ Eunhasuの試聴レポートが掲載されました
「SOtM:sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)を試してみたら、・・いとも簡単に話題の Roon(ルーン)を始めることができました。」というタイトルで紹介されています
2021-09-072021年10月1日よりLUMIN製品の価格改定を行います
X1, D2, U1 MINIが対象となります
2021-09-03オーディオ実験室でLUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN のフラッグシップ X1 が・・素晴らし過ぎた。」というタイトルで紹介されています
2021-09-01High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました③
170時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-31オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:NPS-1260の試聴レポートが掲載されました
「High Fidelity Cables:NPS-1260 3D ブレークイン完了。今日はアナログを聴いてみる。」というタイトルで紹介されています
2021-08-26High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました②
50時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-25【WestminsterLabのアンプ及びケーブルの記事がAudio Accessory誌182号に掲載されました】
井上千岳先生と炭山アキラ先生より「独自の設計思想が導く完全フルバランス伝送」と紹介されています
2021-08-24High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました①
まず6時間程経過後の試聴結果を掲載されています(次回報告は36時間後の予定とのことです)
2021-08-23オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:MC-0.5 Helix + のアンプ背面「サービスコンセント」利用の試聴レポートが掲載されました①
「LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに今度は MC-0.5 Helix+ を挿してブレークインを始めてみる」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > Quest

QuestBrands

画像

デュアルモノ・フルバランス
プリアンプ
Quest

/***************************************/

ダイナミックオーディオ 7F
【H.A.L's Brief News】で
WestminsterLab「Quest」&「Rei」の
常設展示が告知されました。


「あのWestminsterlabが遂にやって来ます!
しかも前回より強力なパワーで!」

9月4日(土)からの展示に向け、
試聴予約も開始されています。

試聴予約状況はこちらから確認できます。
試聴予約はこちらになります。

展示では通常のシングル接続だけでなく、
バイアンプ接続や
ブリッジアンプ接続も
お聴きいただける予定です。

是非WestminsterLabのサウンドを
一度お聴きください。

/***************************************/


Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
WestminsterLab ウエストミンスターラボ
「Rei」を4台(!)使った、
ブリッジ&バイアンプ駆動を
体験。

わが生涯で聴いた凄い音
BEST5に入る、
超絶サウンドが体験できた
WestminsterLab
Quest
Rei

LUMIN
X1
DC ケーブル
LUMIN ルーミン&
ウェストミンスターラボで、
最高のサウンドを聴く。
最先端を行く
オーディオ愛好家が、
ハイレゾを語り尽くす!
LUMIN
X1

WestminsterLab
Quest
Rei
WestminsterLab Cables
WestminsterLab Cables ウェストミンスターラボの
ハイエンドケーブルは、
新しく壮大なオーディオの世界を拓いてくれる。
我と思わん強者は、
ぜひその使いこなしに挑戦して欲しい
WestminsterLab
Cables
Rei
Quest
Rei 期待の新ブランドWestminsterLabの
セパレートアンプ「Quest」&
「Rei」を聴く。
超高解像度レンズで撮った
8K映像のような、
清冽なサウンドが出現した
Rei

Quest
Quest WestminsterLab「Quest」の音に
心奪われた。
2021年のハイエンドオーディオ界を
彩る、
おそるべき実力を備えた
プリアンプの登場だ
Quest


WestminsterLabのアンプ及び
ケーブルの記事が
Audio Accessory誌182号に
掲載されました。


井上千岳先生と
炭山アキラ先生より
「独自の設計思想が導く
完全フルバランス伝送」
と紹介されています。

デュアルモノ・フルバランスプリアンプは
Quest
モノラルパワーアンプは
Rei
ケーブルは
XLR(STANDARD, ULTRA, ULTRA C)
を試聴されています。

・Quest+Rei
「ピアノは
輪郭と骨格のはっきりしたタッチで
一音一音がていねいに描かれているが、
そこからひっそりとした曲調が
無理なく描き出されて
感情が豊かに流れている。

室内楽は
求心的な表現力があり、
演奏そのものの熱気を
感じさせるようなスピード感に
富んでいる。

オーケストラは
文句なくダイナミックで
瞬発力に溢れている。
トゥッティでも暴れることはないが、
アタックは峻烈で強靭だ。

ジャズは
躍動的で流れに重苦しさがなく、
活きのいい鳴り方をする。
コクの利いた表現力である。」

・XLRケーブル(STANDARD, ULTRA, ULTRA C)
「音楽が立体的に豊かに響く、
堂々たる音像が立ち上がる。
全体的にバランス良く、
大変高品位なサウンドを
聴かせるケーブルだ。」

と評価されています。


Bells of Hermitage
~エルミタージュの鐘~で
WestminsterLabケーブルの
試聴レポートが掲載されました


「試聴できたのは全体で1週間程度でしたが、
プリアンプQuestからパワーアンプReiまで、
オールWestminsterLabの
トップモデルで統一された音は圧巻で、
これがWestminsterLabの音と言えるものでしたが、
パワーアンプを選択する際の
良い指標になる経験でしたね。」
と評価されています。


Bells of Hermitage
~エルミタージュの鐘~で
WestminsterLab「Quest」&「Rei」の
試聴レポートが掲載されました


「静かに沈み込んだ漆黒の背景に、
清廉な余韻がスーッと消えていく様子は
カーボン素材を的確に使っているときに
現れる独特の気配があり、
音場の立体感を繊細に
かつ存在感を持って展開し、
非常に静かで癖がなく
音量を上げても
暴れる印象もありません。

出したい音をパッと出して
スッと引くパワーアンプReiのレスポンスと、
プレーヤーから受けた信号をReiへと
淀みなく送り出すQuestの組み合わせは
非常に品位の高い音場を目の前に描き出します。」
と評価されています。


ダイナミックオーディオ 7F
【H.A.L's Brief News】で
WestminsterLab製品の
試聴レポートが掲載されました。


ダイナミックオーディオ 7F 川又店長より
「「この私の心が揺さぶられるほどの感動で
一目惚れした新製品とは何か!?」
それほど大げさに言わなくても…、
いや! 私の心境としては
更に大きな声で言いたいのです!」
と紹介されています。


【Double Woofers' ナゾ男の暗い低音は好きじゃない!】
ブログで
WestminsterLab「Quest」&「Rei」の
試聴レポートが掲載されました。


「最近のアンプ Westminster Labの試聴体験 」
というタイトルでレポートが掲載されています。

「自分の好みだった音が、最近の製品でも、
より洗練された形で
再現されるのはうれしいことです。
フランスのDevialetを聴いた時にも、
見かけによらないパワーが出て驚かされましたが、
このReiも同様で、
最近の回路技術の進歩を見せつけられた次第です。」
と評価されています。


WestminsterLab Questの記事が
Stereo Sound 2021 SPRING No.218に
掲載されました


三浦孝仁先生より
「音調バランスも含めて
実力の高さを感じさせる。

純正組み合わせの音を
聴いてみたい、
注目すべきプリアンプである。」
と紹介されています。


オーディオ実験室で
WestminsterLabのアンプが紹介されました


「Westminster Labの
プリアンプQuestと
パワーアンプのReiを
輸入元からお借りして聴いてみました!
完全デュアルモノに加えて
フルバランスのプリ Quest。
そして純A級モノラルパワーアンプのRei。
実際音はどうなのか?」
と紹介されています。


プリアンプの再考


Questの開発目標は、
弊社メインアンプのレイとケーブルの
ラインナップを強力に補完する
完璧なプリアンプを実現することでした。

Questを使用すると、
ソースとスピーカーの間の再現性を
極限まで引き上げられます。

限界を押し上げるために、
プリアンプがシステムにどのように貢献できるか、
そして録音された音楽と音楽再生システムの両方から
ポテンシャルをどのように引き出だせるかを再定義しました。


アプローチ

プロジェクトの開始時に、
オーディオシステムにおける
プリアンプの役割に際限なく疑問を投げかけ、
システムにプリアンプが絶対に必要かどうか、
この追加されたステージが
どのような音質をもたらすことができるかに
チャレンジしました。

まずソースとアンプの関係について
掘り下げることから始めました。

プリアンプのすべてのセクションを徹底的に調べて、
すべてのパーツをどのように改善できるか、
またそれらからどのような相乗効果を
引き出すことができるかを
確認しました。

新たなスタート

UNUMとReiの開発から得たすべての経験を
Questに反映できたわけではありません。

高電流および高電圧信号は、
Questが処理する小電流および
低電圧信号とは非常に異なる動作をします。

基本的には、信号の処理方法、信号の通過経路、
抵抗やトランジスタの種類と材質など、
すべてをスクラッチで始めました。
ゼロからの新たなスタートでした。

デュアルモノ・フルバランスデザイン

ReiとUNUMの両方のアンプが
フルバランスデザインであるように、
WestminsterLabはバランスデザインを重視し、
Questもフルバランスデザインの設計となっています。
さらなる探求(Quest)のために。


私たちは、とてもレアな仕様である
デュアルモノ・フルバランス設計を採用することにより、
この概念をさらに発展させました。

入力選択リレー、入力回路、ボリュームコントロールから
出力ドライバー回路に至るまで、
左右両方のチャンネルが完全に分離されており、
Questに並外れたチャンネル分離をもたらし、
最高の繊細な音楽情報を伝送します。

電源-10本の個別の電源レール

Questの電源は、並外れた音楽パフォーマンスの
土台となっています。
10個の個別の電源レールにより、
ユニット内のさまざまな部品やモジュールにおいて、
異なるチャネル間でも可能な限り高い分離を実現します。

異なるレールは、
個々のニーズと条件によって選定された部品の
さまざまなセクションニーズに合わせて特別に設計されており、
低ノイズパフォーマンスによって音楽内の
詳細なダイナミクスとディテールを提供します。

追加の独立したトランスと電源は、
非オーディオセクション専用です。
2段階の線形調整のいくつかのパーツでは、
Quest内の超高感度コンポーネントの調整を
より細かく制御できるようになっています。

クエストで使用されているOタイプのトランスは、
鉄心の設計が異なり、
通常のトロイダルよりも
さらに高い効率、クリーン、ピュアで、
高速な電力を提供します。

64ステップの精密ボリュームコントロール

信号の減衰は、一般的なプリアンプの主な機能の1つです。
信号を減衰させる方法はたくさんあります。
光カプラー、オートトランス、抵抗ラダーなどです。
これらのソリューションにはそれぞれ良し悪しがあり、
サウンドのニュアンスとクオリティーに
大きな影響を与える可能性があります。

徹底的なリスニングテストと研究分析の結果、
シャントタイプのステップ抵抗
ネットワークソリューションを採用しました。

4チャンネル64ステップの高精度抵抗ネットワークと
超低ノイズリレーには、
各々に専用の電源レギュレータと電源が備えられています。

また、制御ロジックを可能な限り最小限に抑えるため、
リモートコントロール機能のみを備えた
LEDディスプレイを採用しています。

さらに、干渉の可能性を最小限に抑える努力をしました。

ハイブリッド・グラウンディング

全体的なグランド設計とグランド方式は、
特にQuestが取り扱う小さな信号の場合、
システムの全体的なパフォーマンスに
大きな影響を与える可能性があります。

Questのグランド設計に多大な努力を払い、
私たちは新しいスキームである
ハイブリッド・グラウンディングを開発しました。
ハイブリッド・グラウンディングを使用すると、
ユーザーは2つのグランドモードを切り替えて、
すぐ自身のシステム専用にQuestを再構成し、
適切なグランドを選択できます。

区画設計とシールディング

私たちはQuestを通過する脆弱な信号を保護するために
徹底的に広範な対策を講じました。

金属は周りの電波干渉を吸収し、
この干渉はシステム全体に影響を与える
電気ノイズと磁気妨害に変換されてしまいます。

そのため、内側と外側のシールド材として
通常の銅やアルミ編組やアルミ箔の代わりに、
磁場や不要な渦電流を発生させない
カーボンファイバーを多用し、
吸収させずに驚くほど干渉を排除しています。

また、環境の変化に対して非常に高い安定性と、
共振と振動を抑える剛性にも寄与しています。

さらに、Questの多くの信号処理リレーは
ソフトスタートメカニズムを採用しており、
ユニット内のさまざまなセクションが
分離されて区画化されているため、
相互干渉が最小限に抑えられています。

最高のものをお望みのお客様は、
ユニット内にカーボンファイバーシールドで
別のレイヤーとバリアを追加する
拡張カーボンファイバーオプションを
購入することができます。

■製品仕様について

Quest仕様

歪み率 <0.0001% @ 1kHz
SN比 >120dB, unweighted
入力 バランス XLR 3
オプション  2
入力インピーダンス 51kΩ
入力電圧 6Vrms
周波数特性 2Hz to 100kHz, 0.1dB
出力電圧 12Vrms
チャンネルセパレーション >120dB
ゲイン 6.5dB
ボリュームコントロール範囲 0 to -63dB / ミュート
寸法 W470 x H110 x D392 mm
重量 13.2kg

 

価格

本体 定価:3,000,000円(税込3,300,000円)
※WestminsterLab 1.5m電源ケーブル付属

拡張カーボンファイバーオプション 定価:300,000円(税込330,000円)
RCA入力カード 定価:200,000円(税込220,000円)

 

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます

 

■販売について

販売サイトはこちら

 

 








拡張カーボンファイバーオプション

画像
このページのトップへ