ニュースNews一覧

2021-09-12Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab 「Rei」4台使いの試聴レポートが掲載されました
「ウエストミンスターラボ「Rei」を4台(!)使った、ブリッジ&バイアンプ駆動を体験。わが生涯で聴いた凄い音BEST5に入る、超絶サウンドが体験できた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-09-09オーディオ実験室でSOtM sMS-1000SQ Eunhasuの試聴レポートが掲載されました
「SOtM:sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)を試してみたら、・・いとも簡単に話題の Roon(ルーン)を始めることができました。」というタイトルで紹介されています
2021-09-072021年10月1日よりLUMIN製品の価格改定を行います
X1, D2, U1 MINIが対象となります
2021-09-03オーディオ実験室でLUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN のフラッグシップ X1 が・・素晴らし過ぎた。」というタイトルで紹介されています
2021-09-01High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました③
170時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-31オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:NPS-1260の試聴レポートが掲載されました
「High Fidelity Cables:NPS-1260 3D ブレークイン完了。今日はアナログを聴いてみる。」というタイトルで紹介されています
2021-08-26High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました②
50時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-25【WestminsterLabのアンプ及びケーブルの記事がAudio Accessory誌182号に掲載されました】
井上千岳先生と炭山アキラ先生より「独自の設計思想が導く完全フルバランス伝送」と紹介されています
2021-08-24High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました①
まず6時間程経過後の試聴結果を掲載されています(次回報告は36時間後の予定とのことです)
2021-08-23オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:MC-0.5 Helix + のアンプ背面「サービスコンセント」利用の試聴レポートが掲載されました①
「LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに今度は MC-0.5 Helix+ を挿してブレークインを始めてみる」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > ロスレスボリュームコントロール

ロスレスボリュームコントロールBrands

画像

ロスレスボリュームコントロール
Leedh Processing

デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに
Leedh Processing Volume Controlを
(追加費用なしで)
使用できるようになりました。

■Leedh Processingとは


・丸め誤差を排除する革新的な
 新しいデジタル音量調整アルゴリズムです。

・デジタル信号の振幅を正確に変更します。
 その形状を変更することなく、
 いかなる種類の情報損失もありません。

・より効率的な整数ボリューム値を使用して、
 後続のDAC変換中でもオーディオ情報の整合性を維持します。

・処理能力を多く必要としないため、
 CPUに負担がかかりません。
 プリアンプがなくても音楽を楽しめます。

Leedh Processingは、
フランスのハイエンドスピーカーメーカーである
Acoustical BeautyのGilles Millotによる発明です。
彼は革新的なデザインと技術で
すでに複数の特許を取得しているイノベーターです。

■受賞歴



Leedh Processingの支持者であるJoëlChevassusは、
ブルームーンアワードを受賞した
LUMIN X1とLUMIN Ampのレビューの中で、
次のように述べています。

この二つのコンビネーションの最も効果的な機能は
X1内に隠されている新しいLeedhプロセッサーが
プリアンプ機能を不要にしていることです。

Luminは間違いなく、Leedh Processingを
PCM / DSD向けに手頃な価格で
普及させる企業になるでしょう。

Leedh Processingは、
Luminのネットワークプレーヤーのパフォーマンスを
大幅に向上させました。
より明確で、緻密で、音色が正確で、
より高いダイナミクス、
より少ない歪みをもたらします。

何が起こるかを正確に説明するのは
少し複雑ですが、Leedh Processingを実行すると、
すぐに通常のすべてのプリアンプが
独自の色をどの程度加えているのかがわかります。

■Leedh Processingの使い方

LUMINを使用すると、
Leedh Processingを簡単に試すことができます。
Leedh Processingを使用するか、
従来のデジタルボリューム
コントロールアルゴリズムを使用するか、
どちらも使用しないかを選択できます。

LUMINを使用するには3つの接続方法があります。

注:シンプルにするために、
これらの図ではDACが省略されています。

接続方法1(既存の接続方法)


LUMINボリュームを100%に設定します。
アンプのボリュームコントロールを使用して、
リスニングレベルを調整します。

これはLUMINのデジタルボリューム
コントロールを完全にバイパスします。

ファームウェアv13より前は、
これはほとんどのLUMINシステム
(特に、内蔵アンプと複数のソース)の
音量を調整するための推奨方法でした。

現在、Leedh Processingにより
次の2つの接続方法を提案できます。

接続方法2(プリアンプのボリュームコントロールをバイパス)


プリアンプをユニティゲインに設定します。
(アンプのマニュアルを参照するか、
製造元に確認してください。
ラベルが貼られているものもあります)
LUMINアプリの音量を使用して、
リスニングレベルを調整します。

この接続方法では、
Leedh Processingがお勧めです。

注:大音量で出力した場合、
 スピーカーを痛める可能性があります。
  くれぐれもご注意ください。

接続方法3(プリアンプを完全に排除)


LUMINをLUMINアンプまたは
パワーアンプに直接接続し、
プリアンプをバイパスします。

この接続方法では、
Leedh Processingがお勧めです。

注:大音量で出力した場合、
 スピーカーを痛める可能性があります。
  くれぐれもご注意ください。

Leedh Processingをオフにする


Leedh Processingは、
すべてのLUMINプレーヤーで
デフォルトで自動的に有効になります。

切り替えテストをしたり、
完全にオフにする場合は、次の手順に従ってください。

歯車をタップし、
制御するLUMINユニットを選択します。
(この例では「Living Room A1」)

LUMINユニット名の下のOpthinsをタップします。
Leedh Processing Volumeまでスクロールします。
OnまたはOffを選択します。

注:LUMINのボリュームが100%に設定されている場合、
Leedh Processingは影響しません

画像
このページのトップへ