ニュースNews一覧

2021-10-24オーディオ実験室でLUMIN M1の試聴レポートが掲載されました
「LUMINの新製品 M1 を早速聴いてみた! これは超ハイコスパのオールインワン・・!!」というタイトルで紹介されています
2021-10-23WestminsterLabのアンプ(Quest, Rei)がオーディオ銘機賞 2022を受賞しました
カテゴリー別(プリアンプ、パワーアンプ)で受賞しております。
2021-10-22HiVi 2021年11月号で藤原陽祐先生によるSOtM tX-USBultraとsNH-10Gのスペシャルエディションの記事が掲載されました
「ストリーミング再生の質を引き上げるソムのスイッチングハブ&USBリジェネレーター」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-20オーディオアクセサリー大全 2022-2023でHigh Fidelity Cablesが掲載されました
「磁気を利用した音質向上対策を推し進める新鋭ブランド」と紹介されています
2021-10-19Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるsMS-200ultra Neo Special Editionの試聴レポートが掲載されました
「SOtMのネットワークトランスポート「sMS-200ultra Neo」は選ぶ楽しみのあるアイテムだ。ノーマルバージョンと、2種類のスペシャル・エディションの進化を聴き比べた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-17オーディオ実験室でStillpoints ULTRA SS V2の試聴レポートが掲載されました
「Marantz SA-10 の足回りをグレードアップするっ!」というタイトルで紹介されています
2021-10-12コンパクトオールインワンオーディオシステム LUMIN M1を販売開始致します
数々の受賞歴を誇るLUMINミュージックプレーヤーの音響特性をすべて反映した統合システムを開発しました
2021-10-06オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+ Signatureの試聴レポートが掲載されました
「価格バランス完全無視。税別定価 ¥160,000 の MC-0.5 Helix+ Signature を ¥198,000 の LUXMAN:L-505f に挿してみる【アキュフェーズユーザーも必見】」というタイトルで紹介されています
2021-10-02WestminsterLab「Quest」&「Rei」含む4ブランドのアンプを使ったB&W 801D4 GlossBlack及びAVALON PrecisionMonitor4の期間限定試聴企画が告知されました
場所はダイナミックオーディオ 7F 、日程は10月9日(土)から11日(月)までになります
2021-10-01オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+の試聴レポートが掲載されました
「【アキュフェーズ ユーザーも必見‼︎】LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに MC-0.5 Helix+ を挿してから1ヵ月ちょっと経過。音はどうなったか?」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sCLK-OCX10

SOtM sCLK-OCX10Brands

画像

マスタークロック
SOtM sCLK-OCX10


SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

 

Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
LUMIN SOtMのUSBリジェネレーター
「tX-USBultra」、3モデルを
一斉試聴!
それぞれがもたらす
音の変化が魅力的で、
ハイレゾ再生の
新しい楽しみを体験できた
SOtM
tX-USBultra
スペシャル
エディション
(銀線、銅線)
sCLK-OCX10

LUMIN
X1
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
今もっとも注目すべき
ネットワークプレーヤーである。
再生環境を整えることで、
聴ける音が着実に向上した
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
tX-USBultra
sCLK-OCX10
USBケーブル
デジタルケーブル
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
Roon Server対応
ミュージックサーバーの
注目機である。
気になる音楽を自在に操り、
さらにドーピング的(!)な
魅力まで備えていた
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
sNH-10G
sCLK-OCX10

LUMIN
X1
SOtM sNH-10G LUMIN「X1」と
SOtM「sNH-10G」で
光ファイバー伝送の効果を試す。
LANスイッチが、
ネットワークオーディオの音質に
大きな影響をもたらすことを
改めて実感した
LUMIN
X1

SOtM
sNH-10G
sCLK-OCX10
LANケーブル
デジタルケーブル
LUMIN X1 “今日の音だと、
ルーミン「X1」がベストかな”
DoubleWoofers’会長、
永瀬宗重さんの
超弩級オーディオルームで、
魂を揺さぶるハイレゾを体験した
LUMIN
X1

SOtM
sNH-10G
sCLK-OCX10
LUMIN 圧倒的進化を遂げた
ルーミンの旗艦機X1。
光LAN接続も大いに効果あり
LUMIN
X1

SOtM
sNH-10G
sCLK-OCX10
LUMIN 【HiVi新製品徹底テスト】
ネットワークオーディオ
プレーヤー「ルーミン X1」
多機能と高音質を
高度に両立した逸品、
音楽の感動をエモーショナルに
描き切る
LUMIN
X1

SOtM
sNH-10G
sCLK-OCX10

 

HiVi 2021年9月号で
小原由夫先生による
SOtM sMS-200 Neoと
sMS-200ultra Neoの
スペシャルエディションの記事が
掲載されました。

「本格的なオーディオ品質をアップ
ソムのポテンシャルを証明する
スペシャルエディション」という
タイトルでレポートが掲載されています。

SOtMのクロックsCLK-OCX10等も使いながら
スペシャルエディションの効果をレポートされています。

・sMS-200 Neo
SE-C/Sで傾向は違えどもクォリティの向上は顕著

・sMS-200ultra Neo
ベース機の音質が素晴らしいが
SEでさらにS/Nが向上する

と評価されています。

 

 

HiVi 2021年6月号で
土方久明先生による
SOtM sNH-10GとsCLK-OCX10の
記事が掲載されました

「クロック入力で新たな世界が拓ける
ソムのスイッチングハブsNH-10G」という
タイトルでレポートが掲載されています。

バッファローのハブ BS-GS2016との
比較試聴等をレポートされています。

「各音源とも音のフォーカスが向上し、
ひとつひとつの音のディテイルが
浮かび上がってくるからたまらない。
まるでスピーカーの制動力があがったように、
曖昧さがなくなる低域には感心した。」
と評価されています。

 

別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」で
LUMIN X1とSOtM sNH-10の
レビュー記事が掲載されました

「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。
音楽の感動をエモーショナルに描き切る」

 

sCLK-OCX10は、
高純度の10MHzクロック信号を
生成するマスタクロックジェネレータです。


・10.000MHz 正弦波クロック出力
・全アイソレートクロック出力
・50Ω(オプション 75Ω) BNCコネクター x 4
・超低位相ノイズ
・超低レギュレータ回路
・温度安定性:±2E-9

■販売店様の評価の紹介

エスアイエス様のブログに掲載されました
「小型ですが恐ろしいメーカーが出てきました。
音質の良さ、納得の価格、デザインの良さで
いま要注目のメーカーです。」
と紹介されています。

■評論家評価の紹介

小原由夫先生のFacebookで紹介されました【New】

「間違いなく、拙宅システム史上、
最高のネットワークオーディオの音でした!」
と紹介されています。



■製品について

デジタルオーディオデバイスでは、
クロック信号が製品の心臓部として機能し、
クロックの純度が高いほど、
より正確で優れた音質が得られます。

しかし、クロックの高純度化には
高いコストが必要であるため、
マスタークロックのような
高純度の10MHzクロックは、
オーディオデバイス内部には実装されず、
内部クロックに接続できるようにして、
音質を向上させるアプローチが多くとられます。

sCLK-OCX10は、
主にレコーディングスタジオや高性能オーディオに
使用されていたマスタークロックを用いて
ハイエンドオーディオ機器向けに
特別に設計された製品です。

これは、最高の音質を
求めているオーディオファンにとって、
なくてはならない
デジタルデバイスになる可能性が
あると信じています。

マスタークロック入力用の
BNCコネクタを
装備したデバイスに接続
できるようになっています。

SOTM製品では、
sMS-200ultra、
tX-USBultraなどの
sCLK-EX搭載
デバイスオプションモデルで
sCLK-OCX10を接続できます。

通常クロック信号は矩形のデジタル信号ですが、
sCLK-OCX10は10MHzによる純粋な
アナログ正弦波を生成します。

この正弦波クロック信号は、
最高のクロック製品に
採用されている方法で
矩形デジタルクロック信号よりも
ノイズが少なくなります。

これらをアナログ回路のみで
構成するため
SOTMは10年に渡る
ノウハウを注ぎ込みました。

sCLK-OCX10は
他の矩形波を採用したクロックと
一線を画す
高音質のアナログサウンドを
提供します。

すべての帯域幅にわたって、
sCLK-OCX10は、
非常に繊細で滑らかで
自然なサウンドを作り出します。

特に低帯域中低域で、
あらゆる楽器が持つ
固有のエネルギーを
失わせることなく、
スムーズでナチュラルなサウンドが
得られます。

これは最良のアナログデバイスによる
非常に明確な効果です。

sCLK-OCX10を導入することで
あなたはいかにもシステムによって
再生された音楽ではなく、
心の中に染み入る
音楽の本質と
芸術性を体験することができます。

これは単なるサウンドの
微調整と異なる
絶対的なサウンドの向上で
SOtMが目指しているものです。

sCLK-OCX10は4つの出力を持ち、
BNCコネクタを使って
4つのマスタクロック入力デバイスに
同時にクロックを送ることができます。

出力インピーダンスは50オーム
または75オームを選択することができます。


定価:
500,000円(税込550,000円)



■製品仕様について

SOtM sCLK-OCX10 仕様

インジケーターLED X 1
出力クロック信号周波数10.000MHz 正弦波
出力レベル 13dBm(2.825Vp-p@50Ω), ±2dBm
出力
コネクター
 50Ω BNCコネクター x 4
オプションで
75Ω BNCコネクター対応可能
内部OSCの
位相雑音
(dB / Hz)
 10Hz : -140 >
100Hz : -160 >
1KHz : -165 >
10KHz : -165 >
100KHz : -165 >
温度安定性 (0 to +50℃, Ref : 25℃,)
±2E-9
全アイソレート
クロック 出力
  
外部電源入力入力電圧 : 12Vdc
電圧許容値 : -0.05Vdc, +0.5Vdc
入力電流 : 2A max
5.5mm OD, 2.1mm ID adaptor jack
動作環境動作温度  : +10~+30℃
保管温度 : 0~+40℃
動作湿度 : 10%~90%
寸法及び重量寸法106×48×245(mm)
重量1.5Kg

■販売について

販売サイトはこちら


画像
このページのトップへ