ニュースNews一覧

2021-06-18【Stillpoins ULTRA 5, ULTRA MINIの記事がAudio Accessory誌181号に掲載されました】
炭山アキラ先生より「ベアリング機構が導くゆるぎなき音像の世界」と紹介されています
2021-06-17【WestminsterLabケーブルの記事がAudio Accessory誌181号に掲載されました】
井上千岳先生より「独自性とハンドメイドを追及 ロンドン発の新ブランド上陸」というタイトルで紹介されています
2021-06-15【WestminsterLab Reiの記事がStereo Sound 2021 SUMMER No.219に掲載されました】
三浦孝仁先生より「質感表現に優れ、多彩な音色を描き上げる」と評価されています
2021-06-14【SOtM tX-USBultraの記事がStereo Sound 2021 SUMMER No.219に掲載されました】
傅信幸先生と土方久明先生によるファイル再生ワークショップ「トランスポート+DAC編」で紹介されています
2021-06-13Westminster Lab Quest, Reiがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
CDとアナログでの試聴結果を掲載されています
2021-06-12【LUMIN D2が別冊ステレオサウンド 音楽ストリーミング~サブスク&ライブ配信~再生ガイドに掲載されました】
高音質ストリーミング対応 スピーカー/オーディオ機器 10選で紹介されています
2021-06-11Stereo Sound Onlineで藤原陽祐先生によるZMF Vérité Closed, MYSPHERE 3の試聴レポートが掲載されました
「別世界の感動を実感できる、ふたつのハイエンドヘッドホン ZMF headphones『Vérité Closed』、 LB-Acoustics『MYSPHERE 3.1』」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-06-10【ZMF Vérité ClosedとMYSPHERE 3の記事がPremium Headphone Guide vol.16に掲載されました】
ZMF Vérité Closedが表紙に掲載されています
2021-06-09Stillpoints LPI V2 レコードスタビライザーがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました
Vocalの密度が全然違います。濃密で生々しい。S/Nも断然良くなりますと紹介されています
2021-06-08Stereo Sound Onlineで吉田伊織先生によるStillpointsの試聴レポートが掲載されました
「スティルポイントの進化したアクセサリー「ULTRA SS V2」「LPI V2」を試す。物量を充分与えられた高級機で本領を発揮する逸品を歓迎したい」というタイトルでレポートが掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sHP-100

SOtM sHP-100Brands

画像

SOtM sHP-100
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付き
USB DAC&プリアンプ


SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

SOtM sMS-200と同じ筐体を持った
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。


■製品について

sHP-100はハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。

USB、Coaxial、Opticalデジタル入力そして3.5mmのアナログ入力を備え、アナログで出力します。

DACはラインアウトプットセレクターをユニットの底に備えており、
ボリューム調整を介さず出力を固定にするか、
ボリュームを介して出力を調整するかを選択できます。

ボリュームを介さずに出力を固定にした場合、プリアンプやハイブリッドアンプに接続します。
ボリュームを介して出力を調整するようにした場合、
パワーアンプに接続しボリュームノブで音量をコントロールしてください。

ヘッドフォン出力する場合、前面のコントロールノブで音量をコントロールできます。
ヘッドフォンのインピーダンスに合わせて底面のスイッチで
ハイインピーダンスかローインピーダンスを選択できます。

このユニットは3.5mmのステレオインプットジャックを前面に備えています。
ヘッドフォンアンプとしてだけでなく、スマートデバイスやポータブルオーディオプレーヤーの
プリアンプとして使うことができます。

CoaxialとOpticalのデジタル入力は旭化成のAK4113ディジタルオーディオレシーバを使い、
192KHz 24bitをサポートします。
USBの入力はXMOSのマルチコアRISCプロセッサーとUSBオーディオクラス2.0を使い、
192KHz 24bitとDSD 2.8MHz、DSD 5.6MHzをサポートします。

全てのデジタル入力ソースはCirrus Logic社のCS4398 DACでアナログ変換されます。
その後テキサスインストルメンツの LME49720オペアンプと
TPA6120A2ステレオ・ヘッドフォン・アンプに渡されます。
ボリュームサーキットの歪みを最小化するためにアルプス電気の可変抵抗器を採用しています。

ハイクオリティの電源を用意するため、ULNR(Ultra Low Noise Regulator)を
デジタル及びアナログサーキットに採用しています。
低ジッター発振器とアクティブノイズキャンセラーがDACにとって最も重要なクロックサーキットに使われ、
これらの技術が同じ価格の製品に対して比類ないサウンドを生み出します。

このユニットは外部電源がなくともUSBのみで動作します。
しかしmBS-d2sのようなバッテリーパワーサプライを利用するとパフォーマンスが上がり、
さらに美しいサウンドとデザインの統一性を図ることができます。

定価:
74,000円(税込81,400円)

■製品仕様について

SOtM sHP-100仕様

入力USBUSB2.0以上
USB audio class 2.0
PCM:44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz,
 176.4KHz, 192KHz 24bitサポート
DSD:DSD 64(2.8MHz) DSD 128(5.6MHz)サポート
ネイティブ ASIOサポート
Coaxial
Optical
最大bit数:24bit
32KHz, 44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz, 176.4KHz,192KHzサポート
Coaxial インピーダンス:75Ω
Analog最大入力電圧:2Vrms
3.5mmステレオジャック
出力ヘッドフォン最大出力電圧(ローインピーダンス出力選択時):0V~2.1Vrms(± 0.1Vrms)
ハイインピーダンス電圧利得:4
出力インピーダンス:13Ω(ヘッドフォンアンプチップ含む)
全高調波歪+ノイズ:< 0.005% @ 1KHz, 最大出力レベル
ライン固定出力電圧:2.7Vrms(± 0.1Vrms)
可変出力電圧:ヘッドフォン最大出力電圧を参照
出力インピーダンス:47Ω
全高調波歪+ノイズ:< 0.002% @ 1KHz, 最大出力レベル
インジ
ケーター
ランプ
入力選択ランプ 4:USB, Coaxial, Optical, Analog
ミュートインジケート:点滅
電源入力入力電源レンジ:7Vdc~9Vdc
入力電流:最大2A
動作環境動作温度:10°C~35°C
保存温度:-10°C~50°C
動作及び保存湿度: 10%~90%
寸法及び重量寸法106×53×175(mm)
重量1kg


■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ