ニュースNews一覧

2021-10-24オーディオ実験室でLUMIN M1の試聴レポートが掲載されました
「LUMINの新製品 M1 を早速聴いてみた! これは超ハイコスパのオールインワン・・!!」というタイトルで紹介されています
2021-10-23WestminsterLabのアンプ(Quest, Rei)がオーディオ銘機賞 2022を受賞しました
カテゴリー別(プリアンプ、パワーアンプ)で受賞しております。
2021-10-22HiVi 2021年11月号で藤原陽祐先生によるSOtM tX-USBultraとsNH-10Gのスペシャルエディションの記事が掲載されました
「ストリーミング再生の質を引き上げるソムのスイッチングハブ&USBリジェネレーター」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-20オーディオアクセサリー大全 2022-2023でHigh Fidelity Cablesが掲載されました
「磁気を利用した音質向上対策を推し進める新鋭ブランド」と紹介されています
2021-10-19Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるsMS-200ultra Neo Special Editionの試聴レポートが掲載されました
「SOtMのネットワークトランスポート「sMS-200ultra Neo」は選ぶ楽しみのあるアイテムだ。ノーマルバージョンと、2種類のスペシャル・エディションの進化を聴き比べた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-17オーディオ実験室でStillpoints ULTRA SS V2の試聴レポートが掲載されました
「Marantz SA-10 の足回りをグレードアップするっ!」というタイトルで紹介されています
2021-10-12コンパクトオールインワンオーディオシステム LUMIN M1を販売開始致します
数々の受賞歴を誇るLUMINミュージックプレーヤーの音響特性をすべて反映した統合システムを開発しました
2021-10-06オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+ Signatureの試聴レポートが掲載されました
「価格バランス完全無視。税別定価 ¥160,000 の MC-0.5 Helix+ Signature を ¥198,000 の LUXMAN:L-505f に挿してみる【アキュフェーズユーザーも必見】」というタイトルで紹介されています
2021-10-02WestminsterLab「Quest」&「Rei」含む4ブランドのアンプを使ったB&W 801D4 GlossBlack及びAVALON PrecisionMonitor4の期間限定試聴企画が告知されました
場所はダイナミックオーディオ 7F 、日程は10月9日(土)から11日(月)までになります
2021-10-01オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+の試聴レポートが掲載されました
「【アキュフェーズ ユーザーも必見‼︎】LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに MC-0.5 Helix+ を挿してから1ヵ月ちょっと経過。音はどうなったか?」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sHP-100

SOtM sHP-100Brands

画像

SOtM sHP-100
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付き
USB DAC&プリアンプ


SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

SOtM sMS-200と同じ筐体を持った
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。


Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
ZMF Headphones 別世界の感動を実感できる、
ふたつのハイエンドヘッドホン
ZMF headphones
『Vérité Closed』、
LB-Acoustics
『MYSPHERE 3.1』
ZMF headphones
Vérité Closed

LB-Acoustics
MYSPHERE 3.1

SOtM
sHP-100

■製品について

sHP-100はハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。

USB、Coaxial、Opticalデジタル入力そして3.5mmのアナログ入力を備え、アナログで出力します。

DACはラインアウトプットセレクターをユニットの底に備えており、
ボリューム調整を介さず出力を固定にするか、
ボリュームを介して出力を調整するかを選択できます。

ボリュームを介さずに出力を固定にした場合、プリアンプやハイブリッドアンプに接続します。
ボリュームを介して出力を調整するようにした場合、
パワーアンプに接続しボリュームノブで音量をコントロールしてください。

ヘッドフォン出力する場合、前面のコントロールノブで音量をコントロールできます。
ヘッドフォンのインピーダンスに合わせて底面のスイッチで
ハイインピーダンスかローインピーダンスを選択できます。

このユニットは3.5mmのステレオインプットジャックを前面に備えています。
ヘッドフォンアンプとしてだけでなく、スマートデバイスやポータブルオーディオプレーヤーの
プリアンプとして使うことができます。

CoaxialとOpticalのデジタル入力は旭化成のAK4113ディジタルオーディオレシーバを使い、
192KHz 24bitをサポートします。
USBの入力はXMOSのマルチコアRISCプロセッサーとUSBオーディオクラス2.0を使い、
192KHz 24bitとDSD 2.8MHz、DSD 5.6MHzをサポートします。

全てのデジタル入力ソースはCirrus Logic社のCS4398 DACでアナログ変換されます。
その後テキサスインストルメンツの LME49720オペアンプと
TPA6120A2ステレオ・ヘッドフォン・アンプに渡されます。
ボリュームサーキットの歪みを最小化するためにアルプス電気の可変抵抗器を採用しています。

ハイクオリティの電源を用意するため、ULNR(Ultra Low Noise Regulator)を
デジタル及びアナログサーキットに採用しています。
低ジッター発振器とアクティブノイズキャンセラーがDACにとって最も重要なクロックサーキットに使われ、
これらの技術が同じ価格の製品に対して比類ないサウンドを生み出します。

このユニットは外部電源がなくともUSBのみで動作します。
しかしmBS-d2sのようなバッテリーパワーサプライを利用するとパフォーマンスが上がり、
さらに美しいサウンドとデザインの統一性を図ることができます。

定価:
74,000円(税込81,400円)

■製品仕様について

SOtM sHP-100仕様

入力USBUSB2.0以上
USB audio class 2.0
PCM:44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz,
 176.4KHz, 192KHz 24bitサポート
DSD:DSD 64(2.8MHz) DSD 128(5.6MHz)サポート
ネイティブ ASIOサポート
Coaxial
Optical
最大bit数:24bit
32KHz, 44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz, 176.4KHz,192KHzサポート
Coaxial インピーダンス:75Ω
Analog最大入力電圧:2Vrms
3.5mmステレオジャック
出力ヘッドフォン最大出力電圧(ローインピーダンス出力選択時):0V~2.1Vrms(± 0.1Vrms)
ハイインピーダンス電圧利得:4
出力インピーダンス:13Ω(ヘッドフォンアンプチップ含む)
全高調波歪+ノイズ:< 0.005% @ 1KHz, 最大出力レベル
ライン固定出力電圧:2.7Vrms(± 0.1Vrms)
可変出力電圧:ヘッドフォン最大出力電圧を参照
出力インピーダンス:47Ω
全高調波歪+ノイズ:< 0.002% @ 1KHz, 最大出力レベル
インジ
ケーター
ランプ
入力選択ランプ 4:USB, Coaxial, Optical, Analog
ミュートインジケート:点滅
電源入力入力電源レンジ:7Vdc~9Vdc
入力電流:最大2A
動作環境動作温度:10°C~35°C
保存温度:-10°C~50°C
動作及び保存湿度: 10%~90%
寸法及び重量寸法106×53×175(mm)
重量1kg


■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ