ニュースNews一覧

2021-07-23SOtM sMS-200ultra Neoスペシャルエディション仕様を販売開始致します
電磁波シールド eABS-200追加、配線を7N UPOCC銀線または7N UPOCC銅線へ交換、Evoxコンデンサーへ交換を行い、リッチでディテールの深くなるサウンドになります
2021-07-22オーディオ実験室でSOtM USBケーブルの試聴レポートが紹介されました
「SOtM の USBケーブル を試聴してみました。空気録音のクオリティーが確保できていないので違いが判りにくいかも知れませんが、エレコムの税込433円のUSBケーブルで聴いた後で SOtMのUSBケーブル dCBL-UF-CP を繋いで聴くとS/N比が俄然良くなり、音色とテクスチャの表現がきめ細かになりました。。」と紹介されています
2021-07-21High Fidelity Cables マグネチックウェイブガイド MC-1プロヘリックスプラス(MC-1 Pro Helix Plus)を販売致します
高い評価をいただいておりますマグネチックウェイブガイドMC-1 Proの上位バージョンを発売致します
2021-07-07Analog 2021 SUMMER No.72号でStillpoints LPI V2が掲載されました
鈴木裕先生より「音色的には高域の歪みっぽさがなくなり、音の色彩感としても濃厚に。そしてなかなか他で獲得できない要素としては、音全体の質量が増したかのような変化がある点を挙げておきたい。」と紹介されています
2021-07-06オーディオ実験室でLUMIN D2によるTIDAL試聴レポートが紹介されました
「LUMIN の ネットワークプレーヤー D2 は MQA のフルデコードができるので、MQA でハイレゾストリーミングサービスを提供している TIDAL を試してみました! そして 最近ハイレゾを始めた Apple Music も D2 を「ネットワークトランスポートとして」DAC 前に介在させると断然音が良くなることがよく判りました。。」と紹介されています
2021-07-05Stereo Sound Onlineで土方久明先生とダブルウーファーズ会長永瀬宗重様によるLUMINとWestminsterLabの試聴レポートが掲載されました
「ルーミン&ウェストミンスターラボで、最高のサウンドを聴く。最先端を行くオーディオ愛好家が、ハイレゾを語り尽くす!」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-07-02Analog 2021 SUMMER No.72号でholboが掲載されました
小原由夫先生より「音の見晴らしは素晴らしく、奥の細部まで見通せるクリアなステレオイメージが一番の魅力。音像定位も克明だ。」と紹介されています。
2021-06-27SOtM tX-USBultraスペシャルエディション仕様を販売開始致します
電磁波シールド eABS-200追加、配線を7N UPOCC銀線または7N UPOCC銅線へ交換、Evoxコンデンサーへ交換を行い、リッチでディテールの深くなるサウンドになります
2021-06-25High Fidelity Cables の導通改善剤 NPS-1260を販売致します
Magnetic Wave Guideの全MCシリーズで 使われている導通改善材に なります。
2021-06-18【Stillpoins ULTRA 5, ULTRA MINIの記事がAudio Accessory誌181号に掲載されました】
炭山アキラ先生より「ベアリング機構が導くゆるぎなき音像の世界」と紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > 2Way励磁型スピーカー RSS-173

2Way励磁型スピーカー RSS-173Brands

画像

励磁型スピーカー
DEER RSS-173


オーディ銘機賞2017 カテゴリー別受賞(スピーカーシステム/小型)受賞
画像


励磁型スピーカーとは、振動板を動かすための磁気回路に、
電磁石を使ったスピーカーのことをいいます。

スピーカーが製品として世に出てきた1920年代から1960年ごろまで、
この励磁型スピーカーがスピーカー製品の主流でしたが、
質の高い永久磁石が開発されてからは、
メーカーはこぞってスピーカー製造を永久磁石方式に切り替えました。
永久磁石は専用の電源が不要であり、製造コストも安く済んだからです。
それに伴い、励磁型スピーカーは徐々に市場から姿を消していきました。

しかし、製造されることがほとんど無くなった今でも、コアなオーディオファンの間で
励磁型スピーカーの音を求める声が止むことはなく、
ビンテージものが高値で取引きされている、というのが現状です。

励磁型スピーカーは、永久磁石方式のスピーカーとは、違う音の鳴り方がする。
そして、励磁型スピーカーは、リスナーが電圧を変えることで、音質に変化を与えることができる。

永久磁石方式のスピーカーとは違う個性がある限り、時代が進んでも
励磁型スピーカーを必要とするオーディオファンはいなくならない、と私たちは考えます。

ローヤル産業は、スピーカー製造会社としての経験が育んだ独自技術を結集して、
オーディオファンの方へ、質の高い新品の励磁型スピーカーを、できる限り安価でお造りします。


■製品仕様について

RSS-173 仕様

Type Field Coil type 2 way Speaker System
Long term max. power150W
Rated noise power50W
Frequency Response50Hz ~ 35,000Hz
Sensitivity90dB
Impedance8 ohm
Crossover Frequency6,000Hz
Size (mm)257W x 420H x 330
Weight23kg
Exciter Voltage12V DC


価格 788,000円(税込866,800円 ペア)

メーカーサイトはこちら

■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ