ニュースNews一覧

2020-06-05(720時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
720時間接続した後の評価が記載されています
2020-06-05オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで~LPI V2 を OPPO の天板に載せてみる~と紹介されました
Stillpoints LPI V2を天板に載せて効果を確認されています
2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > ORANGE Quantum Fuse

ORANGE Quantum FuseBrands

画像

オレンジクァンタムヒューズ
(ORANGE Quantum Fuse)

ORANGE Quantum Fuseは、
限定版Galileo SX PowerCell用に
開発したテクノロジーを
惜しみなく注ぎ込みました。

そのコアとなっているのは、
新しいUEFテクノロジーと、
今までに製造したヒューズの中で
最も低いノイズフロアを実現する
まったく新しい
多段式高電圧処理プロセスです。

実際、ORANGE Quantum Fuseは、
5世代に渡って開発したヒューズの
パフォーマンスの中でも、
驚異的な大きな飛躍を遂げています。

特に顕著な改善は、
そこに実際に複数の楽器と
肉声があると見紛うような
精度の高い表現力です。

加えて低域に伸びる大きなサウンドステージ、
左右の広がり前後の描写力を
得ることができました。

音楽性が高く、
聴き疲れのしない
細かなディテールの描写は
今までの最高解像度のヒューズでも
達成できなかった
長時間リスニングでの
快適さを得ることができます。


Synergistic Researchのヒューズには
方向性があります。
ヒューズには方向が図示されていますが、
取り付けるコンポーネントでの
正常な方向が分からない場合は
方向を入れ替えて
取り付けてみてください。

よりディテールが明確になる方向が
正確な取付方向です。

また効果を発揮するためには
200~300時間の使用時間が必要です。

コンポーネントへの突入電流を軽減する為に
ファースト・ブローよりも
スロー・ブローをお薦め致します。

〇ヒューズはシステムの音をどのように変えるのか

100年以上にわたり、
人々は電子がパイプを流れる水のように流れ、
何キロメートルもの電線で汚されて
コンポーネントに届くとき、
コンポーネントに供給する電気を
「クリーンにする」ためにできることは
ほとんど、あるいはまったくないと考えていました。

しかし考えてみてください。
システムのコンポーネントに給電する電気は、
一番最初に単一のヒューズを介して伝達されます。

SRヒューズを各コンポーネントに挿入すると、
音質の大幅な向上が可能になるのはこのためです。

今日の物理学者は、
電子はまったく流れずに
エネルギーの波を伝播し、
この波を量子レベルで
変化させる多数の要因により
導体に沿って
移動させていくことを証明しています。

電子がそれぞれの原子を離れることなく
電気がどのように移動するかを理解するには、
サッカーの試合で観客が
「波」になることを考慮すると
分かりやすいと思います。

ファンが手を上げたり下ろしたりすると、
(手自体が人から人へと移動せずに)
観客から観客へと波のパターンが
移動するのを見ることができますが、
同じように電気も
原子を離れることなく「移動」します。

Synergistic Researchでは、
UEFテクノロジーと総称する
誘導量子結合法で
電子の動作を変更することにより、
電気の伝搬方法に影響を与える
重要な要因を特定しました。

実際、UEFテクノロジーは非常に強力であり、
数キロメートルに渡る電線でも、
特許取得済みのUEFテクノロジーで設計された
単一のヒューズだけで劇的な改善を実現できます。


定価(税抜):\30,000

5mm x 20mm 6.3mm x 32mm
スロー・ブロー ファースト・ブロー スロー・ブロー ファースト・ブロー
50mA
100mA
160mA
200mA
250mA
315mA
500mA
630mA
800mA
1A
1.25A
1.6A
2A
2.5A
3.15A
4A
5A
6.3A
8A
10A
12.5A
15A
16A
20A

 


■販売について

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ