ニュースNews一覧

2020-06-05(720時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
720時間接続した後の評価が記載されています
2020-06-05オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで~LPI V2 を OPPO の天板に載せてみる~と紹介されました
Stillpoints LPI V2を天板に載せて効果を確認されています
2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sNH-10G

SOtM sNH-10GBrands

画像

オーディオ専用ネットワークスイッチ
SOtM sNH-10G


SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」で
LUMIN X1とSOtM sNH-10の
レビュー記事が掲載されました

「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。
音楽の感動をエモーショナルに描き切る」

 

sNH-10Gは、
光転送(SFP)の入出力を備えた
オーディオ専用ネットワークスイッチです。

・ハイエンドネットワークオーディオを意識したデザイン
・特殊設計されたイーサネットノイズフィルター
・10, 100, 1Gイーサネットサポート
・8 x RJ-45ポート
・2 x SFPポート
・LEDインジケーター On/Off表示
・ハイエンドクロックモジュール基板実装(オプション)
・10MHzマスタークロック入力(オプション)
・電源入力電圧に合わせて3タイプを用意
 (6.5v~8.5v, 9v, 12v)


■製品について

ハイクオリティなオーディオシステムで
リッチで美しい音楽を楽しむとき、
システムの音質が素晴らしいほど、
より濃厚な時間を過ごすことができます。

その瞬間のために、
多くのオーディオファンが
自分のシステムに多くの時間と
お金を費やしています。

そしてそれは、
オーディオへの情熱による
長い道のりが必要です。

しかし、我々はどのくらい
多くのオーディオファンが
サウンドシステムに
満足しているのだろうと思っています。

特にネットワークオーディオシステムにおいて、
ネットワーク環境の色々な状況を
克服して解決することは
非常に困難です。

これは、これまで主に技術開発が不十分であり、
特に物理ネットワーク伝送技術が
この課題で考慮される重要なポイントであるため、
ウルトラハイエンドシステムでも発生する問題です。

さまざまなハイエンドの
デジタルオーディオデバイスがある中で、
物理的なネットワーク接続のすべてが
オーディオ伝送のために開発された
特別な技術を使用するわけではなく、
最終的にハイエンドのオーディオデバイスとして
実行すべき音楽的な忠実性が欠けていました。

このようなことを克服すべくsNH-10Gは開発されました。

ネットワーク環境の
このような低性能を克服するために
開発されたネットワークスイッチであり、
最終的にネットワークオーディオシステムの
基板を担うソリューション提供することができます。

入出力は8つのLANポートと
SFPポートを用意しています。
オプションとして
信号をリジェネレートする機能と
10MHzのマスタークロック入力機能がございます。

これらのオプションと
dCBL-CAT7のような
高性能ネットワークケーブルを使用すると、
よりリアルなテクスチャー、
広大なサウンドステージ及び
どのレンジでもディテールを失わない
迫力のあるダイナミクスを得ることができます。

さらに、豪華なアルミボディで
音楽の旋律を表現する美しいフロントデザインは、
従来のネットワーク製品との
差別化をあらゆる面で証明しています。

あなたが現在持っている
ハイエンドオーディオシステムに関係なく、
sNH-10Gであなたのネットワークシステムから
どのような驚異的なサウンドが再現されるか
ご体験ください。


定価:
160,000円(税抜き)
180,000円(税抜き) リクロック機能モデル
200,000円(税抜き) リクロック機能及びマスタークロック入力機能モデル
※9VdcモデルのみACアダプターが同梱されています
※リクロック機能が備わったモデルについては
  フロントパネルがブラックになります
※マスタークロック入力は50Ωがデフォルトですが、
 75Ωも用意しております。注文時にご指定下さい。

■製品仕様について

SOtM sNH-10G 仕様

ユーザーインターフェース電源表示LED X 1
リンク表示前面 LED x 10
背面 LED x 8
電源スイッチ 
ネットワークサポートIEEE 802.3 10Base-T Ethernet
IEEE 802.3u 100Base-TX Fast Ethernet
IEEE 802.3u 100Base-FX 100Mbps over fiber optic
IEEE 802.3ab 1000Base-T Gigabit Ethernet
IEEE 802.3z 1000Base-T 1 Gbps over fiber optic
IEEE 802.3x flow control and backpressure
Full-duplex and half-duplex operation
Supports 9216 byte jumbo packet length
入出力 RJ-45 ports x 8
SFP ports x 2
オプション入力  10MHz マスタークロック入力
外部電源入力入力電圧 : 9Vdc (12Vdc, 6.5~8.5Vdc)
電圧許容値 : ±10
入力電流 : 2A max
5.5mm OD, 2.1mm ID adaptor jack
センタープラス
動作環境動作温度  : +10~+30℃
保管温度 : 0~+40℃
動作湿度 : 10%~90%
寸法及び重量寸法296×211×50(mm)
重量2Kg

■評論家評価の紹介

小原由夫先生のFacebookで紹介されました【New】

「間違いなく、拙宅システム史上、
最高のネットワークオーディオの音でした!」
と紹介されています。

Stereo Sound Onlineで紹介されました

機種の紹介に留まらず、
光LAN接続を中心とした
様々な音質向上の接続が
土方久明先生によりレポートされています。


言の葉の穴【レビュー】LUMIN X1 / SOtM sNH-10G 音質編・後編で紹介されました

逆木一先生より
「おとなしくなりすぎた感のある音が
再び生命感をみなぎらせ、
目を見張る実体感を伴って
ぐいぐいと前に出てくるようになった。

光LAN接続によるノイズの低減で
よりすっきりした方向への変化を
もたらすものと想像していたが、
むしろ生気を増す方向になった
というのは興味深い。

生気が増すということは
情報量が増すということでもある。
情報量の増加は、
例えば映像における
フィルムグレインのような
「質感情報の付加」ではなく、
ノイズの払底による
「音源本来の情報の表出」の
結果だと感じられる。

より熱く、より鮮やかに、より力強く、
かといって大味になることもなく、
音楽がもたらす感情の振幅が大きくなる。」
と評価されています。


言の葉の穴【レビュー】LUMIN X1 / SOtM sNH-10G 音質編・前編で紹介されました

逆木一先生より
「sNH-10Gにすると空間の立体感、
特に左右よりも奥行きの感覚が強まり、
ボーカルと位置関係が明確になる。」
と評価されています。


言の葉の穴【レビュー】SOtM sNH-10G 外観・運用編で紹介されました

逆木一先生より
「RJ45だけでなく
SFPポートの搭載による光転送と、
リクロック機能(オプション)が、
先行する各種オーディオ用ハブに対する
sNH-10Gの独自性ということになる。」
と評価されています。


HiVi 3 2019に掲載されました

土方久明先生により
さらに突っ込んだ光LAN接続と
X1のトランスポート機能について
徹底テストした内容が
掲載されています。

「サーバーからX1まで」
全経路を光LANにした音は
圧倒的だ!」
と紹介されています。


HiVi 1 2019に掲載されました

土方久明先生により
色々な光LAN接続を組み合わせて
徹底テストした内容が
掲載されています。

 

■販売店評価の紹介

サウンドピット様のブログでSOtM sNH-10Gが掲載されました

SOtM sNH-10G単体の評価とクロックを接続した評価が掲載されています。

「第一印象は定位がとても良くなったと感じました。
それから音の滲みが薄れ、各パートの音が
はっきり聴き取れるようなったことに気がつきます。
・・・
あと、なんだか、ゲインまで上がっているような・・・。
うーん、これはけっこう衝撃的に変わるぞ。」
と評価されています。

 

■ネット上での紹介

LUMIN X1とSOtM sNH-10Gがダブルウーファーズ
永瀬会長のブログで紹介されました
【New】

Daveとfidataで組んだ時の音と比較して
「音のくまどりがよく、
艶のあるLumin S1の美音はさらに磨き上げられ、
なんとも好みの音色なのです。

さらに光出力のあるHubを経由すると
光伝送が出来ますが、
この時、音の柔らかさ、艶が増し、
非常に上品になります。」
と紹介されています。

 


こちらのブログではLUMIN X1とSOtM sNH-10Gの効果を
光LAN接続でテストされた結果が掲載されています。
是非ご覧ください。
SOtM sNH-10GとLUMIN X1の試聴(1)sNH-10Gが与える音質について
SOtM sNH-10GとLUMIN X1の試聴(2)光メディアコンバータによる上流のノイズカット
SOtM sNH-10GとLUMIN X1の試聴(3)sNH-10GとX1との光ファイバー接続
SOtM sNH-10GとLUMIN X1の試聴(4)高精度クロック追加による影響と考察

 

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます

 

■販売について

販売サイトはこちら


画像

画像

画像

画像

画像
このページのトップへ