ニュースNews一覧

2020-06-05(720時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
720時間接続した後の評価が記載されています
2020-06-05オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで~LPI V2 を OPPO の天板に載せてみる~と紹介されました
Stillpoints LPI V2を天板に載せて効果を確認されています
2020-06-03別冊ステレオサウンド「ハイレゾの教科書」でLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gが掲載されました
「圧倒的進化を遂げたルーミンの旗艦機。音楽の感動をエモーショナルに描き切る」と紹介されています
2020-06-01Stillpoints インシュレーター『LPI V2』がオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
LPIのニューバージョンになります。他社の3製品と比較した評価を掲載されています
2020-05-30(600時間経過後)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
最終報告後に新規に挿し直して、600時間接続した後の評価が記載されています
2020-05-26(モノラル盤再生2)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
3枚のモノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-22(モノラル盤再生)High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様で試聴レポートが掲載されました
モノラル盤を再生した評価が記載されています
2020-05-21【High Fidelity Cables MC-1 Pro Double Helix Plus Signature及びMC-1 Proの記事がAudio Accessory誌177号に掲載されました】
福田雅光先生より「一度効果を実感すると手放せなくなる魅力。セッティングに熱心にトライした人が、ご褒美として検討するような製品ではないのか」と紹介されています
2020-05-20Stereo Sound Onlineで和田博巳先生によるLUMIN T2の試聴レポートが掲載されました
「ルーミン「T2」で、ハイレゾファイル再生やアップコンバート機能を試す。フラッグシップの性能を受け継ぎつつ、様々な使い方で楽しめる魅力たっぷりのハイエンド・オーディオ製品だ」というタイトルでレポートが掲載されています
2020-05-18土方久明先生のFacebookでLUMIN X1及びSOtM sNH-10Gの試聴結果を掲載いただきました
「噂には聞いてたけど凄い音だった。分解能、ノイズフロア、フォーカスの合い方など、2Fの音が次の次元に上がった。」と掲載されています
ホーム > 取扱ブランド > sMS-200ultra Neo

sMS-200ultra NeoBrands

画像

クロック強化ハイエンドカスタムモデル
Deezer HiFi対応 NAS機能付き
オールインワン ネットワークトランスポート
SOtM sMS-200ultra Neo

SOtM sMS-200ultra NeoとtX-USBultraが吉田苑様のブログで紹介されました【New】
「音色は LUMIN X1 とは随分違い、
質実剛健、真っ向勝負で
ストレートな再生音です。

楽器の音をそのまま出してくるので、
リアリティ重視の方には
こちらの方がおすすめです」
と紹介されています。

SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

sMS-200ultraのパーツを見直し、
さらに高音質に仕上げたモデルです。
sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraと比較して
ミッドレンジに厚みがあり、
低音の表現力が優れています。
よりリッチでミュージカルインスピレーションを
感じさせるサウンドに仕上がっています。

・Deezer HiFi対応
・NASとして利用可能(MinimServer)
・OPENHOME対応により、
 LUMIN App等で操作可能
・DSD 22.4MHz、PCM 768KHz 32bit対応
・Roon Ready対応
・Spotify対応(SquuzeLite &
 Logitech Media Server)
・USBに格納したファイル再生(SquuzeLite)
・HQ Player対応
・AirPlay対応(Shairport)


■製品について

sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraのパーツを見直し、
さらに高音質に仕上げたモデルです。
sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraと比較して
ミッドレンジに厚みがあり、
低音の表現力が優れています。
よりリッチでミュージカルインスピレーションを
感じさせるサウンドに仕上がっています。

sMS-200ultra Neoは、
専用メディアプレーヤーボードと
高性能オーディオクロックを備え、
アップグレードした
ネットワークトランスポートです。


定価:
 185,000円(税抜き)

マスタークロック入力機能付
 215,000円(税抜き)

6.5Vdc~8.5Vdc, 9Vdc, 12Vdcの
モデルがございます。
9VdcのみACアダプターを同梱致します。

■製品仕様について

SOtM sMS-200ultra Neo仕様

OSLinux
利用可能な
オーディオ
再生ソフトウェア
MinimServer
LibreSpot
BubbleUPnP Server
Roon Ready
DLNA renderer
Music Player Daemon(MPD)
Logitech Media Server(LMS)
Squeezelite
Etc.
対応サンプリング
周波数
及び対応bit数 
PCM768KHz 32bit
DSDDSD512 22.4MHz
高音質機能Ultra Low Noise Regulator
Active Noise canceller
USBポートハイエンドオーディオグレードUSBポート x 1
USB 2.0ポート x 2
LANポートRJ45 Gigabit Ethernet
必要電源Input Voltage : 9Vdc (オプション 6.5~8.5Vdc, 12.0Vdc)
Input current : 2A max
5.5mm OD, 2.1mm ID adaptor jack
内部クロック sCLK-EX2425 board
外部マスタクロック
入力
 Input frequency : 10MHz
Isolated clock input
50Ω BNC connector x 1
寸法及び重量寸法106×48×227(mm)
重量1.5Kg

■NAS(MinimServer)機能の起動の流れ


画像
USBポートに
音源データが入ったUSBハードディスク
またはUSBメモリを挿し込ます


画像
sMS-200ultraのWEB画面(Eunhasu)で
MinimServerをタッチします
まだMinimServerが起動していないので
MinimServerの文字の右○が灰色です


画像
Openをタッチして
データ取り込み場所を指定し、
スタートさせます


画像
MinimServerが起動し右○が緑に変わります


画像
LUMIN AppのMusic Libraryに
"MinimServer[eunhasu]"
という表示でNASとして表示されます

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます

microSDのOS書換えマニュアルはこちらからダウンロードできます
microSDは8GB以上、
クラス10のものをお使いください

OSのダウンロードサイトはこちら
3.2. micro SD card image files の下にあります

■動画マニュアル
Roon Readyの使い方
Squeezeliteの使い方
HQplayerの使い方

 

■販売について

販売サイトはこちら

Neoへのアップグレードはこちら

画像
このページのトップへ