ニュースNews一覧

2024-02-28園田洋世先生によるオミクロン Power BoostのレポートがAudio Accessory 2024 SPRING Vol.192に掲載されました
「電源ノイズフィルターの上に載せる 足し算ではなく掛け算の効果を体験」というタイトルで掲載されています
2024-02-08LUMIN製品の取り扱いについて
LUMIN側には日本の法律に基づいて行動していただくよう要請しており、引き続き損害賠償の手続きを進めていきます
2024-02-05ダブルウーファーズ会長 故永瀬宗重氏開発によるレコードスタビライザー NAZO STAT Verion2の販売を開始致します
底面の内径を100mmとしてレコードレーベルの最大径に合わせました
2024-01-26Philewebミニレビューでオミクロン Power Boostが紹介されました
「【ミニレビュー】オミクロン「POWER BOOST」電源フィルターと合わせ技!」というタイトルで掲載されています
2024-01-19Stereo Sound ONLINEでSOtM sPQ-100PSの試聴会レポートが公開されました
「SOtMの「sPQ-100PS」は、アナログレコードの自由な楽しみ方を広げてくれる。オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館で、尖った試聴会が開催された」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-27Audio & Hometheater Showroom on and onでLUMINが展示されています
U2もご試聴できます
2023-12-26年末年始にオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館でSOtM sPQ-100PSフォノイコライザーを体験できます
1/10(水)まで設置を予定しております
2023-12-26HiVi 2024冬号で藤原陽祐先生による注目ブランド研究第2回SOtMの記事が掲載されました
sNH-10G スペシャルエディションとsCLK-OCX10スペシャルエディションを試聴されています
2023-12-25HiVi 2024冬号で山本浩司先生によるLUMIN L2のレポートが掲載されました
「ミュージックサーバーとハブをひとつに。想像以上の効果あり!」というタイトルでレポートが掲載されています
2023-12-22ZMF headphones Caldera STDがHiVi冬のベストバイ2023で受賞しました
「ヘッドホン部門3(10万円以上[税込11万円以上]):3位」で受賞しております
ホーム > 取扱ブランド > sMS-200ultra Neo

sMS-200ultra NeoBrands

画像

クロック強化ハイエンドカスタムモデル
NAS機能付き
オールインワン ネットワークトランスポート
SOtM sMS-200ultra Neo

 

SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

sMS-200ultraのパーツを見直し、
さらに高音質に仕上げたモデルです。
sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraと比較して
ミッドレンジに厚みがあり、
低音の表現力が優れています。
よりリッチでミュージカルインスピレーションを
感じさせるサウンドに仕上がっています。

・Deezer HiFi対応
・NASとして利用可能(MinimServer)
・OPENHOME対応により、
 LUMIN App等で操作可能
・DSD 22.4MHz、PCM 768KHz 32bit対応
・Roon Ready対応
・Spotify対応(SquuzeLite &
 Logitech Media Server)
・USBに格納したファイル再生(SquuzeLite)
・HQ Player対応
・AirPlay対応(Shairport)

スペシャルエディション仕様を
販売開始致します。
電磁波シールド eABS-200追加、
配線を7N UPOCC銀線
または7N UPOCC銅線へ交換、
Evoxコンデンサーへ交換を行い、
リッチでディテールの深くなるサウンドに
なります。


■製品について

sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraのパーツを見直し、
さらに高音質に仕上げたモデルです。
sMS-200ultra NeoはsMS-200ultraと比較して
ミッドレンジに厚みがあり、
低音の表現力が優れています。
よりリッチでミュージカルインスピレーションを
感じさせるサウンドに仕上がっています。

sMS-200ultra Neoは、
専用メディアプレーヤーボードと
高性能オーディオクロックを備え、
アップグレードした
ネットワークトランスポートです。


定価:
 203,500円(税込223,850円)

マスタークロック入力機能付
 236,500円(税込260,150円)

6.5Vdc~8.5Vdc, 9Vdc, 12Vdcの
モデルがございます。
9VdcのみACアダプターを同梱致します。 

スペシャルエディション仕様
 銀線仕様49,500円追加(税込54,450円)
 銅線仕様44,000円追加(税込48,400円)
※リクロック仕様でない場合は
電磁波シールド追加とコンデンサー交換のみの
対応となります

既に販売したsMS-200ultra Neoも上記に
送料22,000円(税込24,200円)追加で
アップデート可能です。



■製品仕様について

SOtM sMS-200ultra Neo仕様

OSLinux
利用可能な
オーディオ
再生ソフトウェア
MinimServer
LibreSpot
BubbleUPnP Server
Roon Ready
DLNA renderer
Music Player Daemon(MPD)
Logitech Media Server(LMS)
Squeezelite
Etc.
対応サンプリング
周波数
及び対応bit数 
PCM768KHz 32bit
DSDDSD512 22.4MHz
高音質機能Ultra Low Noise Regulator
Active Noise canceller
USBポートハイエンドオーディオグレードUSBポート x 1
USB 2.0ポート x 2
LANポートRJ45 Gigabit Ethernet
必要電源Input Voltage : 9Vdc (オプション 6.5~8.5Vdc, 12.0Vdc)
Input current : 2A max
コネクター部
 外径5.5mm、内径2.1mm、センタープラス
内部クロック sCLK-EX2425 board
外部マスタクロック
入力
 Input frequency : 10MHz
Isolated clock input
50Ω BNC connector x 1
寸法及び重量寸法106×48×227(mm)
重量1.5Kg

■NAS(MinimServer)機能の起動の流れ


画像
USBポートに
音源データが入ったUSBハードディスク
またはUSBメモリを挿し込ます


画像
sMS-200ultraのWEB画面(Eunhasu)で
MinimServerをタッチします
まだMinimServerが起動していないので
MinimServerの文字の右○が灰色です


画像
Openをタッチして
データ取り込み場所を指定し、
スタートさせます


画像
MinimServerが起動し右○が緑に変わります


画像
LUMIN AppのMusic Libraryに
"MinimServer[eunhasu]"
という表示でNASとして表示されます

 

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます

microSDのOS書換えマニュアルはこちらからダウンロードできます
microSDは16GB以上、
クラス10のものをお使いください

OSのダウンロードサイトはこちら
3.2. micro SD card image files の下にあります

■クロックがロックされているか確認する方法
上部スリットから点滅しているLEDの隣のLEDが
点灯していればロックされています。
ロックされていない場合はLEDが片方点滅のみとなります。
スペシャルエディションによる電磁シールド追加により
見えにくくなる場合もございます。

動画でご確認ください。

 

■動画マニュアル
Roon Readyの使い方
Squeezeliteの使い方
HQplayerの使い方

 

■販売について

販売サイトはこちら

Neoへのアップグレードはこちら

スペシャルエディションアップグレードはこちら

/**********************************************/

MUSIC BIRDのオーディオ実験工房で
SOtM製品の特集が
オンエアされました。


「最新ネットワークオーディオ事情
~ルーミン&ソム②SOtM」

12月13日(月)9:00~10:00
12月20日(月)20:00~21:00(再放送)

<試聴機器>
①オーディオ専用ネットワークスイッチ sNH-10G
②マスタークロック sCLK-OCX10
③USBリジェネレーター tX-USBultra
④同スペシャルエディション仕様

/**********************************************/

 

Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
sMS-200ultra Neo Special Edition SOtMの
ネットワークトランスポート
「sMS-200ultra Neo」は
選ぶ楽しみのあるアイテムだ。
ノーマルバージョンと、
2種類の
スペシャル・エディションの進化を
聴き比べた
SOtM
sMS-200ultra Neo
 Special Edition
 (Silver, Copper)
sMS-200 Neo
 Special Edition
 (Silver, Copper)
 

Audio Legendsに土方久明先生の動画が掲載されました

OTOTENブライトーンブースの講演直後のインタビューになります

OTOTEN 2022の講演で使用された
LUMIN P1, AMP, L1
SOtM sNH-10G Special Edition (銀線仕様)
WestminsterLab Quest, Rei
DYNAUDIO Confidence 50
の説明と
御自身でずっとお使いのLUMIN X1、Leedh Procssing,
光LAN, Roon Only モード 等に関する話を中心に
お話しされています

 

HiVi 2021年9月号で
小原由夫先生による
SOtM sMS-200 Neoと
sMS-200ultra Neoの
スペシャルエディションの記事が
掲載されました。

「本格的なオーディオ品質をアップ
ソムのポテンシャルを証明する
スペシャルエディション」という
タイトルでレポートが掲載されています。

SOtMのクロックsCLK-OCX10等も使いながら
スペシャルエディションの効果をレポートされています。

・sMS-200 Neo
SE-C/Sで傾向は違えどもクォリティの向上は顕著

・sMS-200ultra Neo
ベース機の音質が素晴らしいが
SEでさらにS/Nが向上する

と評価されています。

 

 

吉田苑様のブログで
SOtM sMS-200ultra Neo
スペシャルエディションの
試聴レポートが掲載されました。

銀線仕様と銅線仕様の両モデルを試聴されています。

・銅線モデル
オリジナルモデルを
そのままクオリティアップしたイメージです。

オリジナルモデルと比較して
S/N比が向上し、解像度が上がります。

そして、一番大きく変化するのが
エネルギー密度の向上です。

音の粒子に込められるエネルギーが
上がるイメージで、実体感が向上します。

データ再生とレコード再生の
大きな違いの一つに、
データ再生はエネルギー再現性が弱い
という点がありますが
そのエネルギー再現性が向上するのは、
データ再生の弱点克服に繋がり
リアリティ向上に大きく貢献します。

・銀線モデル
オリジナルモデルや銅線モデルとは違い、
ゴージャスかつエネルギッシュなサウンドとなります。

エネルギー密度の向上は銅線モデルと同様ですが、
良くも悪くも直球勝負な銅線モデルと違い
ふくよかさと、
豪華さが追加され
オーディオ的な快感に
浸れるモデルとなりました。

どちらにするかは悩ましいですが、
楽器の音を正確に再現したい場合は
「銅線モデル」を
オーディオ的な快感を追求する場合は
「銀線モデル」がおすすめです。

と紹介されています。

 

SOtM sMS-200ultra NeoとtX-USBultraが吉田苑様のブログで紹介されました
「音色は LUMIN X1 とは随分違い、
質実剛健、真っ向勝負で
ストレートな再生音です。

楽器の音をそのまま出してくるので、
リアリティ重視の方には
こちらの方がおすすめです」
と紹介されています。

画像
このページのトップへ