ニュースNews一覧

2021-10-24オーディオ実験室でLUMIN M1の試聴レポートが掲載されました
「LUMINの新製品 M1 を早速聴いてみた! これは超ハイコスパのオールインワン・・!!」というタイトルで紹介されています
2021-10-23WestminsterLabのアンプ(Quest, Rei)がオーディオ銘機賞 2022を受賞しました
カテゴリー別(プリアンプ、パワーアンプ)で受賞しております。
2021-10-22HiVi 2021年11月号で藤原陽祐先生によるSOtM tX-USBultraとsNH-10Gのスペシャルエディションの記事が掲載されました
「ストリーミング再生の質を引き上げるソムのスイッチングハブ&USBリジェネレーター」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-20オーディオアクセサリー大全 2022-2023でHigh Fidelity Cablesが掲載されました
「磁気を利用した音質向上対策を推し進める新鋭ブランド」と紹介されています
2021-10-19Stereo Sound Onlineで三浦孝仁先生によるsMS-200ultra Neo Special Editionの試聴レポートが掲載されました
「SOtMのネットワークトランスポート「sMS-200ultra Neo」は選ぶ楽しみのあるアイテムだ。ノーマルバージョンと、2種類のスペシャル・エディションの進化を聴き比べた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-10-17オーディオ実験室でStillpoints ULTRA SS V2の試聴レポートが掲載されました
「Marantz SA-10 の足回りをグレードアップするっ!」というタイトルで紹介されています
2021-10-12コンパクトオールインワンオーディオシステム LUMIN M1を販売開始致します
数々の受賞歴を誇るLUMINミュージックプレーヤーの音響特性をすべて反映した統合システムを開発しました
2021-10-06オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+ Signatureの試聴レポートが掲載されました
「価格バランス完全無視。税別定価 ¥160,000 の MC-0.5 Helix+ Signature を ¥198,000 の LUXMAN:L-505f に挿してみる【アキュフェーズユーザーも必見】」というタイトルで紹介されています
2021-10-02WestminsterLab「Quest」&「Rei」含む4ブランドのアンプを使ったB&W 801D4 GlossBlack及びAVALON PrecisionMonitor4の期間限定試聴企画が告知されました
場所はダイナミックオーディオ 7F 、日程は10月9日(土)から11日(月)までになります
2021-10-01オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables MC-0.5 Helix+の試聴レポートが掲載されました
「【アキュフェーズ ユーザーも必見‼︎】LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに MC-0.5 Helix+ を挿してから1ヵ月ちょっと経過。音はどうなったか?」というタイトルで紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > SOtM tX-USBultra

SOtM tX-USBultraBrands

画像

USBリジェネレーター
SOtM tX-USBultra


Stereo Sound Online ブライトーンページ

Stereo Sound Online 特集記事一覧
【画像をクリックしてください】

特集記事 タイトル 試聴機器
LUMIN SOtMのUSBリジェネレーター
「tX-USBultra」、3モデルを
一斉試聴!
それぞれがもたらす
音の変化が魅力的で、
ハイレゾ再生の
新しい楽しみを体験できた
SOtM
tX-USBultra
スペシャル
エディション
(銀線、銅線)
sCLK-OCX10

LUMIN
X1
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
今もっとも注目すべき
ネットワークプレーヤーである。
再生環境を整えることで、
聴ける音が着実に向上した
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
tX-USBultra
sCLK-OCX10
USBケーブル
デジタルケーブル
SOtM MS-1000SQ Eunhasu SOtMの
「sMS-1000SQ Eunhasu」は、
Roon Server対応
ミュージックサーバーの
注目機である。
気になる音楽を自在に操り、
さらにドーピング的(!)な
魅力まで備えていた
SOtM
sMS-1000SQ Eunhasu
sNH-10G
sCLK-OCX10

LUMIN
X1

 

HiVi 2021年11月号で
藤原陽祐先生による
SOtM tX-USBultraとsNH-10Gの
スペシャルエディションの記事が
掲載されました

「ストリーミング再生の質を引き上げる
ソムのスイッチングハブ&
USBリジェネレーター」という
タイトルでレポートが掲載されています。

AV機器接続による画質・音質の改善効果を
レポートされています。

「今回の視聴はテスト機種が多く、
検証項目も多岐にわたったが、
sNH-10G, tX-USBultraともに
AVシステムのパフォーマンスに
大きな威力を発揮することが分かった。
さらに今回、
持ち味の異なる銀線モデル、
銅線モデルが用意され、
適材適所、各モデルを配置することで、
自分の好みの画質、音質が
追及できる可能性が生まれた。」
と評価されています。

 

吉田苑様のブログで
SOtM tX-USBultra
スペシャルエディションの
試聴レポートが掲載されました。


銀線仕様と銅線仕様の両モデルを
試聴されています。

・銅線モデル

ノーマルモデルと比較してS/N比 が向上し、
情報量とエネルギー密度が向上します。
スピードも上がり、音像が絞り込まれ
定位が明確になります。
空間もさらに広く表現されるようになり、
スピーカーの外側まで広がります。
銅線モデルはこの空間の広さが特に優秀で、
奥行き高さもノーマルモデルより広く再現されます。
音色はノーマルモデルから変化しませんので、
単純にクオリティが上がり再現される空間が広がり
情報量が上がり、エネルギーが向上します。

・銀線モデル

前回ご紹介した sMS-200ultraNEO 銀線モデルと違い、
ゴージャスさを前面に押し出してくることはありません。
ノーマル機に近い音色を持ち、
ほんの少し色気を演出する音作りです。
絶妙のさじ加減で、
物足りなくならない程度に
ほんの少しだけ色気がプラスされるため
銅線モデルとの音色差が小さく、
今回の試聴を困難な物とした原因でもあります。

ノーマルモデルと比較して、
S/N比が向上し、情報量とエネルギー密度が向上します。
スピードが上がるところまでは同じですが、
空間表現が少し違います。
銅線モデルより凝縮され、
空間自体は銅線モデルより少し狭くなります。
ですが、ノーマルモデルよりは広いので、
ノーマルモデルの上位である事に違いはありません。
音像は銅線モデルよりやや大きめで、厚みがあります。
定位は銅線モデル同様ピタリと決まります。
銀線モデルは分厚く、ほんのり漂う色気が特徴で、
ゴージャスと言うほど色付けは強くありません。
躍動感が強く、銀線モデルを聴いた後だと、
銅線モデルはおとなしく感じます。

この2モデルは本当に悩ましく、
どちらか片方をおすすめするのは難しいです。

と紹介されています。

 

オーディオ実験室で
SOtM tX-USBultra
スペシャルエディションの試聴レポートが
紹介されました。

「SOtM の USBリジェネレーター、
tX-USBultra に
2つの スペシャルエディション が登場!

そこで今回は
①tX-USBultra 無し、
②tX-USBultra通常仕様、
③SE-C (内部配線 高純度銅)、
そして ④SE-S(内部配線 高純度銀)の
4パターンで比較試聴してみましたよ!

USBリジェネレーターなんて
初めて試しましたが・・
聴かなかったことにしたい。。

おじさんこれ返したくない。。
SE-S 凄くいい。。」
と紹介されています。

 

ステレオサウンド 2021 SUMMER No.219号で
SOtM tX-USBultraが掲載されました。

傅信幸先生と
土方久明先生による
ファイル再生ワークショップ
「トランスポート+DAC編」で
紹介されています。

傅信幸先生より
「S/N感の良さは言うまでもないのですが、
オーディオ的なパラメーターの
すべての要素がいい方向に変化した感じです。」

土方久明先生より
「生まれ変わったかのような
音の変化がありましたね。
恐ろしいほどの効果。」

と評価されています。

 

SOtM sMS-200ultra NeoとtX-USBultraが吉田苑様のブログで紹介されました
「音色は LUMIN X1 とは随分違い、
質実剛健、真っ向勝負で
ストレートな再生音です。

楽器の音をそのまま出してくるので、
リアリティ重視の方には
こちらの方がおすすめです」
と紹介されています。

SOtMは有償訪問サポートに対応しております。
ご家庭のネットワークのご相談から
システムのセットアップまで対応致します。
有償訪問サポートサービスはこちら

+9Vdc仕様がスタンダードとなり、
+6.5Vdc~+8.5Vdcはオプションとなりました。

オーディオ銘機賞2018<ネットオーディオ関連> 受賞しました

 

スペシャルエディション仕様を
販売開始致します。
電磁波シールド eABS-200追加、
配線を7N UPOCC銀線
または7N UPOCC銅線へ交換、
Evoxコンデンサーへ交換を行い、
リッチでディテールの深くなるサウンドに
なります。
【New】

定評のあるスーパークロック
SOtM sCLK-EXで
USB信号をリジェネレートする
tX-USBultraを発売します。
外部マスタークロック対応も
オプションで用意しております。

・ sCLK-EX
  カスタム設計超低位相ノイズ発振回路
  アイソレートした差動クロック信号回路
  広範囲な電源入力
  超低ノイズレギュレータ回路
  ( オプション)10MHzマスタークロック入力

・ 2ポートUSBハブ

・ USBポート 電源オンオフスイッチ

■販売店様の評価

エスアイエス様のブログに掲載されました
「小型ですが恐ろしいメーカーが出てきました。
音質の良さ、納得の価格、デザインの良さで
いま要注目のメーカーです。」
と紹介されています。

(2回目)吉田苑様のブログに掲載されました
※「2017/12/02 ミドルクラス
PCオーディオシステム」の項です。

ミドルクラス PCオーディオシステムに
ついてコメントされておられます。

「ミドルクラスシステムの肝は
SOtM tx-USBultra です。
これを導入すれば、
後はそこまで凝ったことを
しなくても手軽に
高音質再生が狙えます。」
と評価されています。

吉田苑様のブログに掲載されました
※「2017/10/28 SOtM tX-USBultra
定価 162,000円(税込)
10Mマスタークロック入力付き
194,400円(税込) 」の項です。

「音質変化の方向性は質感の向上と
静けさ(S/N比)の向上です。
普通に接続した時点で
薄皮一枚向けたように透明度が上がります。
さらにUSBケーブルの結線有り無しや12V電源化、
マスタークロックの接続と段階的に
一段ずつ良くなって行きますので
薄皮4枚分ほど透明度が上がります。」
と評価されています。

オーディオアクセサリー167号に掲載されました
オーディオ銘機賞受賞記事として
吉田苑様が考える
tX-USBultraの使いこなしアイデアが
掲載されました。


■製品について

人は非常に良いサウンドを聴くと、
「アナログ的なサウンドに聴こえます」
または「音楽的なサウンドに聴こえます」と
答えることが多くあります。

このような表現は、実際の演奏に近い音や、
現実的な音の魅力よりも
むしろ音楽のニュアンスで
豊かに表現された音を表現するために使用されています。
しかしどの表現であろうと、これらの意味は、
非常に忠実かつ
ダイナミックなライブパフォーマンスの感覚が
私たちの耳に届き、
私たちの心に触れるときにしか使われないでしょう。

しかし、ほとんどのオーディオシステムで、
そのような真の魅力や音楽のニュアンスを
体験することは非常に難しく、
超ハイエンドオーディオシステムでも
そのサウンドに到達することは困難です。

それゆえSOtMは、このような状況を克服するため、
SATAフィルター、
tX-USBカードシリーズなどの機器を開発してきました。
人々がコンピュータオーディオを模索し始めた段階から取組み、
現在でも音質を向上させるために
克服すべきことにたくさん取り組んでいます。

tX-USBultraはサウンドクオリティを
このゴールに到達させるべく開発されました。
単にUSBオーディオ信号を受配信するだけでなく、
ハイパフォーマンスを誇る
スーパークロックモジュールsCLK-EXを用いて
USBオーディオ信号をリジェネレートします。
sCLK-EXは製品の中に格納されており、
他のUSBオーディオ製品と段違いの域に
サウンドをステップアップさせます。

中低域のサウンドはディープでディテールを見事に表現し、
高域のサウンドはきつくなく繊細で、抜けるように広がります。
特に超低域は今までに聴いたことがない
透明感を伴いしっかりした質感も保っています。

tX-USBultraによるサウンドの改善は、
超ハイエンドのオーディオシステムでも効果的です。
最新のUSBオーディオデバイスでもすぐに判断できるでしょう。

何事においても、
あらゆる分野の限界を超えて進むことは非常に困難です。
この製品の心臓部には、
長年に渡って開発された組み込みの
スーパークロックsCLK-EXがあります。
これにより、
今までのサウンドを超えた
全く新しいサウンドを体験することができます。

tX-USBultraは、
徹底的な高度なオーディオ技術の研究によって
サウンドを向上させ、
音楽の魅力を飛躍的に高めます。


定価:
 150,000円(税込165,000円)

マスタークロック入力機能付
 180,000円(税込198,000円)

オプションで+12Vdc及び
+6.5Vdc~+8.5Vdc対応も可能です。
その際ACアダプターは
同梱されませんのでご注意ください。

スペシャルエディション仕様【New】
 銀線仕様40,000円追加(税込44,000円)
 銅線仕様35,000円追加(税込38,500円)

既に販売したtX-USBultraも上記に
送料20,000円(税込22,000円)追加で
アップデート可能です。



画像


■製品仕様について

SOtM tX-USBultra仕様
LED電源用 X 1
USBホストインターフェース タイプB USBコネクター
USB出力ポート タイプA USBコネクター X 2
USB 電源オンオフスイッチ
USBインターフェースチップセット USB2.0準拠ハブコントローラー
HS(480 Mbps),
FS(12 Mbps),
LS(1.5 Mbps) サポート
内部レファレンスクロック sCLK-EX12 ボード
外部マスタークロック
(オプション)
入力周波数:10MHz
アイソレートクロックインプット
50Ω BNCコネクター X 1
パワーレギュレーション回路 カスタム設計
 超低ノイズレギュレーター回路 X 5
スタンダード
 超低ノイズレギュレーター回路 X 1
アクティブノイズキャンセラー回路 
外部電源入力入力電圧 : +9Vdc
(オプション +12Vdc 及び
+6.5Vdc~+8.5Vdc
)
入力電流 : 2A max
5.5mm OD, 2.1mm ID adaptor jack
USBポート出力電源出力電圧 : +5.0V(+0.5V, -0.25V)
過電流保護  : 0.8A at 20°C
推奨出力電流  : 0.5A >
動作環境動作温度  : +10~+30℃
保管温度 : 0~+40℃
動作湿度 : 10%~90%
寸法及び重量寸法106×48×227(mm)
重量1.5Kg

■マニュアルダウンロード
マニュアルはこちらからダウンロードできます

■販売について

販売サイトはこちら

スペシャルエディションアップグレードはこちら

画像


画像
このページのトップへ