ニュースNews一覧

2017-04-28「Terra-Berry 2」DACの販売予約受付を開始致します
好評いただいた「Terra-Berry」DACの後継機としてBrighToneブランドより「Terra-Berry 2」DAC を販売致します。また4/29(土)、4/30(日)に中野サンプラザで開催される春のヘッドフォン祭り2017においてバリュートレード様のブース(14F)で展示致します。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第二回「デジ研」の予告が掲載されました
「若手精鋭の逆木先生(29日)、土方先生(30日)に詳しく説明をしていただきます。まだあまりやられていない方もいろいろ研究中の方も、またバリバリにこなしている方も是非おいでください。きっと何かのお役に立てると思っております。」と紹介されています
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第一回「デジ研」のレポートが掲載されました
当日の裏話まで色々と掲載されています。
2017-04-21オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(リベールシリーズ再試聴中)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて「ケーブルでこれだけの変化を体験するのは正直初めてで、しばらく聴いて従来のケーブルに戻した時の落胆感はすでに想定していますが、市場で展開されている超高価ハイエンドケーブルをそれらの1/20以上の低価格で超えたと言われるケーブルですからこの絶好のチャンスにしっかり聴き込んでみようと思います。」と紹介されています。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第三回「デジ研」の予告が掲載されました
「今回は北陸オーディオショウにおじゃまします。2日間めいっぱいやりますのでご期待ください。」と紹介されています。
2017-04-16第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
5月6日(土) 5月7日(日)富山国際会議場2階 応接室で第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-16第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
4月29日(土) 4月30日(日)中野サンプラザ6階ウインドルームで第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-11スイングオーディオ様のfacebookで紹介されました。(Revealシリーズ)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「最初から必要にして充分な再生クオリティで驚かされました。非常にクリアかつ、パンチのある音質で今後も評判になりそうです。」と紹介されています。
2017-04-03オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(新シリーズ登場)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「今回試聴したのはRCAケーブルとスピーカーケーブルですがどちらも付帯音を感じさせないことでは過去に経験の無いくらい爽やかで歪のない音を聞いた気がします。」と紹介されています。
2017-03-24High Fidelity CablesのReveal(リベール)シリーズがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「価格競争力はかなりのものだと思います。だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。同社製品はすべて、数百時間を経過しないと本領を発揮しないのです。ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。」と紹介されています。
ホーム > 取扱ブランド > エンハンスドXLRケーブル(Enhanced XLR Interconnects)

エンハンスドXLRケーブル(Enhanced XLR Interconnects)Brands

画像

エンハンスドXLRケーブル(Enhanced XLR Interconnects)


Magnetic Adapters及びMagnetic Wave Guideで
高評価を頂いているHigh Fidelity Cablesから
XLRケーブルを発売します。

このエンハンスドXLRケーブルは磁気伝導技術の効果を高めるために
いままでの自社ケーブルよりも透磁性の高い導体を採用しました。

※磁気伝導技術は適切な方向に取り付けることで
 効果を得ることができます。
 お取付の際はケーブルに印刷されている矢印が
 ソース側から、あなたのアンプ側/出力側に向かうように
 取り付けて下さい。


オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで
High Fidelity CablesのエンハンスドXLRケーブルが紹介されました

「このように「容易に」空間情報を聴き取れるケーブルは、あまり知らないです。」
と紹介されています。


■ブレークイン時間について

磁気伝導技術製品は効果を発揮するまでにしばらく時間を
要します。

接続した後、ブレークインの期間が必要です。
接続後1時間、1日、1週間と経つにつれシステムの
パフォーマンスは継続して改善されていきます。
30日を経過すると1時間後に聴いたものと
大きく音の差が出ています。

通常のエージングと異なり、
磁気フィールドが形成されて効果が出てきます。
一度ケーブルを外しますと磁気フィールドが解消されるため
一旦リセットになります。

※ブレークインの目安
シンプルなシステム(CDプレイヤー+プリメインアンプ+スピーカー(クロスオーバー無) :3-5日程度
マルチコンポ+3ウェイスピーカー:5-7日程度
マルチCDシステム+プリアンプ+ハイパワーソリッドステートアンプ+大型4ウェイスピーカー:14日程度


High Fidelity Cables製品の使用方法はこちら

米国特許取得済

定価(税抜):

1m1.5m2.0m
\750,000\840,000\930,000


■販売店評価の紹介

サウンドエース様のブログで
High Fidelity CablesのエンハンスドXLRケーブルと
アルティメットRCAケーブルが紹介されました【New】

「パンチの効いた生々しい(XLR)、音に奥行があって澄んでいる(RCA)」
と紹介されています。

High Fidelity Cables製品がエスアイエス様の試聴リポートで紹介されました【New】
「その音質は極めてニュートラルで情報量が多く、
驚くほど音のフォーカスが合っていて安定感があります。
また、レンジが広く音の奥行き感や陰影、抑揚が
しっかりと描写されます。
これは非常に良いケーブルだと思います。」
と紹介されています。


■試聴及び販売について

試聴機を用意しております。
取扱店舗までお問い合わせください。

画像
このページのトップへ