ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sHP-100

SOtM sHP-100Brands

画像

SOtM sHP-100
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付き
USB DAC&プリアンプ


SOtM sMS-200と同じ筐体を持った
ハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。


■製品について

sHP-100はハイパフォーマンスヘッドフォンアンプ付きUSB DAC&プリアンプです。

USB、Coaxial、Opticalデジタル入力そして3.5mmのアナログ入力を備え、アナログで出力します。

DACはラインアウトプットセレクターをユニットの底に備えており、
ボリューム調整を介さず出力を固定にするか、
ボリュームを介して出力を調整するかを選択できます。

ボリュームを介さずに出力を固定にした場合、プリアンプやハイブリッドアンプに接続します。
ボリュームを介して出力を調整するようにした場合、
パワーアンプに接続しボリュームノブで音量をコントロールしてください。

ヘッドフォン出力する場合、前面のコントロールノブで音量をコントロールできます。
ヘッドフォンのインピーダンスに合わせて底面のスイッチで
ハイインピーダンスかローインピーダンスを選択できます。

このユニットは3.5mmのステレオインプットジャックを前面に備えています。
ヘッドフォンアンプとしてだけでなく、スマートデバイスやポータブルオーディオプレーヤーの
プリアンプとして使うことができます。

CoaxialとOpticalのデジタル入力は旭化成のAK4113ディジタルオーディオレシーバを使い、
192KHz 24bitをサポートします。
USBの入力はXMOSのマルチコアRISCプロセッサーとUSBオーディオクラス2.0を使い、
192KHz 24bitとDSD 2.8MHz、DSD 5.6MHzをサポートします。

全てのデジタル入力ソースはCirrus Logic社のCS4398 DACでアナログ変換されます。
その後テキサスインストルメンツの LME49720オペアンプと
TPA6120A2ステレオ・ヘッドフォン・アンプに渡されます。
ボリュームサーキットの歪みを最小化するためにアルプス電気の可変抵抗器を採用しています。

ハイクオリティの電源を用意するため、ULNR(Ultra Low Noise Regulator)を
デジタル及びアナログサーキットに採用しています。
低ジッター発振器とアクティブノイズキャンセラーがDACにとって最も重要なクロックサーキットに使われ、
これらの技術が同じ価格の製品に対して比類ないサウンドを生み出します。

このユニットは外部電源がなくともUSBのみで動作します。
しかしmBS-d2sのようなバッテリーパワーサプライを利用するとパフォーマンスが上がり、
さらに美しいサウンドとデザインの統一性を図ることができます。

定価:
74,000円(税抜き)

■製品仕様について

SOtM sHP-100仕様

入力USBUSB2.0以上
USB audio class 2.0
PCM:44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz,
 176.4KHz, 192KHz 24bitサポート
DSD:DSD 64(2.8MHz) DSD 128(5.6MHz)サポート
ネイティブ ASIOサポート
Coaxial
Optical
最大bit数:24bit
32KHz, 44.1KHz, 48KHz, 88.2KHz, 96KHz, 176.4KHz,192KHzサポート
Coaxial インピーダンス:75Ω
Analog最大入力電圧:2Vrms
3.5mmステレオジャック
出力ヘッドフォン最大出力電圧(ローインピーダンス出力選択時):0V~2.1Vrms(± 0.1Vrms)
ハイインピーダンス電圧利得:4
出力インピーダンス:13Ω(ヘッドフォンアンプチップ含む)
全高調波歪+ノイズ:< 0.005% @ 1KHz, 最大出力レベル
ライン固定出力電圧:2.7Vrms(± 0.1Vrms)
可変出力電圧:ヘッドフォン最大出力電圧を参照
出力インピーダンス:47Ω
全高調波歪+ノイズ:< 0.002% @ 1KHz, 最大出力レベル
インジ
ケーター
ランプ
入力選択ランプ 4:USB, Coaxial, Optical, Analog
ミュートインジケート:点滅
電源入力入力電源レンジ:7Vdc~9Vdc
入力電流:最大2A
動作環境動作温度:10°C~35°C
保存温度:-10°C~50°C
動作及び保存湿度: 10%~90%
寸法及び重量寸法106×53×175(mm)
重量1kg


■試聴及び販売について

オリオスペック

sMS-200及びsHP-100の試聴は随時可能です。
その他製品については期間限定展示及びご要望を受け次第、機材を用意致します。

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ