ニュースNews一覧

2017-04-28「Terra-Berry 2」DACの販売予約受付を開始致します
好評いただいた「Terra-Berry」DACの後継機としてBrighToneブランドより「Terra-Berry 2」DAC を販売致します。また4/29(土)、4/30(日)に中野サンプラザで開催される春のヘッドフォン祭り2017においてバリュートレード様のブース(14F)で展示致します。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第二回「デジ研」の予告が掲載されました
「若手精鋭の逆木先生(29日)、土方先生(30日)に詳しく説明をしていただきます。まだあまりやられていない方もいろいろ研究中の方も、またバリバリにこなしている方も是非おいでください。きっと何かのお役に立てると思っております。」と紹介されています
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第一回「デジ研」のレポートが掲載されました
当日の裏話まで色々と掲載されています。
2017-04-21オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(リベールシリーズ再試聴中)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて「ケーブルでこれだけの変化を体験するのは正直初めてで、しばらく聴いて従来のケーブルに戻した時の落胆感はすでに想定していますが、市場で展開されている超高価ハイエンドケーブルをそれらの1/20以上の低価格で超えたと言われるケーブルですからこの絶好のチャンスにしっかり聴き込んでみようと思います。」と紹介されています。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第三回「デジ研」の予告が掲載されました
「今回は北陸オーディオショウにおじゃまします。2日間めいっぱいやりますのでご期待ください。」と紹介されています。
2017-04-16第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
5月6日(土) 5月7日(日)富山国際会議場2階 応接室で第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-16第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
4月29日(土) 4月30日(日)中野サンプラザ6階ウインドルームで第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-11スイングオーディオ様のfacebookで紹介されました。(Revealシリーズ)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「最初から必要にして充分な再生クオリティで驚かされました。非常にクリアかつ、パンチのある音質で今後も評判になりそうです。」と紹介されています。
2017-04-03オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(新シリーズ登場)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「今回試聴したのはRCAケーブルとスピーカーケーブルですがどちらも付帯音を感じさせないことでは過去に経験の無いくらい爽やかで歪のない音を聞いた気がします。」と紹介されています。
2017-03-24High Fidelity CablesのReveal(リベール)シリーズがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「価格競争力はかなりのものだと思います。だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。同社製品はすべて、数百時間を経過しないと本領を発揮しないのです。ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。」と紹介されています。
ホーム > 取扱ブランド > SOtM sMS-1000SQ Windows Edition

SOtM sMS-1000SQ Windows EditionBrands

画像

Roon Server対応ミュージックサーバー
SOtM sMS-1000SQ Windows Edition


世界初ストレージを備えたRoon Server

オーディ銘機賞2017 カテゴリー別受賞(ネットオーディオ関連)

2016年11月1日〜2016年12月31日までに
お買い求めいただいた皆様に、
Roon 1年間ライセンスが
無償となるキャンペーンを実施中です。

画像

世界初の発売となるストレージを備えたRoon Server機
SOtM sMS-1000SQ Windows Editionを
発売致します。
音源再生に不要なスレッドを停止するスイス製AudiophileOptimizer※、
オーディオグレードUSB3.0ポートであるtX-USBexpを採用し、
解像度が高く、実在感豊かな音質を実現しています。


  ※AudiophileOptimizerはWindows Server 2012 R2モデルのみ適用となります
    Windows 8.1は Fidelizerの適用となります

■製品について

PhileWebにレビューが掲載されています。【New】
「SOtM「sMS-1000SQ WE」「sMS-200」を試す - Roon対応のサーバー&トランスポート」

【SOtM sMS-1000SQ Windows Edition, sPS-1000がNet Audio誌 vol.24の表紙に掲載されました】【New】
逆木一先生により
「sMS-1000SQ WEの再生品質は静寂と呼べる域に達しており、
後段の機器の実力を透明な背景の中で際立たせてくれる。

特に本機をRoonServerとして使った際の音は出色で、
先述の透明感に加え、強烈な実在感のある低音と、
実に広々とした空間表現が得られる」
と紹介されています。

①基本性能を高めるために数々の賞を受賞したスイスのAudiophileOptimizerを採用
   AudiophileOptimizerは、2年以上世界中のオーディオファンから支持を集め続けています。
  Linuxベースの音楽サーバを上回る可能な限り最高の音質を確保するためのソフトウェアとして
  選定されています。
  AudiophileOptimizerは、可能な限り最高のサウンドの品質を再現するために、
  極限までWindows OSを最適化します。
  
  AudiophileOptimizerは以下により最適な極限までOSを最適化します。
  ①サービスとプロセスを減らします
  ②不必要なドライバーやサービスを使用不可にします
  これら(①、②)によりノイズとジッターを劇的に減らします 
  ③Roon等のミュージックソフトと緊密に連携して動作します

  ※AudiophileOptimizerはWindows Server 2012 R2モデルのみ適用となります
    Windows 8.1は Fidelizerの適用となります

②RoonServer対応
  RoonServerを使うことで簡単に高品質のインターネットストリーミングサービスを実現できます。
  さらにマルチゾーンのネットワークオーディオシステム構成を構築することが可能です。

③使いなれたPC環境の提供
  Windowsの8.1 OSモデルは、インターネットサーフィン、ビデオ再生などのような
  一般的なPC操作に求められるサービスをインストールすることができます。
  各Windows OSデバイスは高音質で高度なハードウェアパフォーマンスを誇る
  sMS-1000SQ Windows Editionのすべての機能を使用できます。

④高音質オーディオグレートUSBポートの採用
  定評のある高音質オーディオグレードのUSB 3.0ホスト・インターフェース・カード
  TX-USBexpを採用しています。
  ハイエンドオーディオソースからUSBを介してPCにデータを取り込む際は、
  デジタルデバイスの内部にある様々なノイズをブロックする必要があります。
  それらのノイズを低減するためにTX-USBexpでは特殊なフィルターサーキット、
  超低ノイズ電圧レギュレータと超低ジッタのクロックを装備しています。
  また外部電源入力も備えノイズの回り込みを防いでいます。

⑤快適なストリーミングサービスや再生操作環境の提供
  TIDALまたはQobuzのようなインターネットストリーミングサービスや
  foobar2000、JRiverのような快適な操作ソフトを使用できます。

■ 評論家評価の紹介

【RoonServerをいち早く世に問うた気鋭のブランドSOtMとは?】
特別レポートがNet Audio誌 vol.23に掲載されました】
【NEW
土方久明先生による
Roonミュージックサーバー 「sMS-1000SQ Windows Edition」
Roon Ready ネットワークトランスポート 「sMS-200」
専用電源ユニット 「sPS-1000」
試聴が掲載されています。

「何より弦楽器の粒立ちがまったく違い、
サーバー部分でここまでの差が出るのかと驚いた。
現在のところオーディオ向けを謳うストレージ内蔵の
RoonServerは本機だけである。
パソコンレス、かつ高音質にRoonを運用できるし、
そして何よりも音が良い。
sMS-1000SQ Windows Editionを導入する意味は
大いにあると評したい。」
と掲載されています。


定価:
Silver色、Black色共

USB出力モデル:500,000円(税抜き)

画像
デジタル出力モデル:550,000円(税抜き)
画像
アナログ出力モデル:550,000円(税抜き)
画像

オプション:
SSD交換(500GB):50,000円(税抜き)
SSD交換(1TB):80,000円(税抜き)
SSD交換(2TB):150,000円(税抜き)
※Windows Server 2012 R2は32GB SSDが標準装備、
  Windows 8.1は250GB SSDが標準装備となります

■製品仕様について

SOtM sMS-1000SQ Windows Edition仕様
OSWindows Server 2012 R2 または Windows 8.1
利用可能な
オーディオ
再生ソフトウェア
Roon
TIDAL
Qubuz
Foobar2000
JRiver
PowerDVD
Etc.
最適化ソフトウェアWindows Server 2012 R2:AudiophileOptimizer
Windows 8.1:Fidelizer
基本ストレージWindows Server 2012 R2:32GB SSD
Windows 8.1:250GB SSD
拡張ストレージ4TB HDD または2TB SSD
モデル毎の仕様USB
出力
モデル
Audio grade USB 3.0 port (tX-USBexp)
External power input jack
USB power on/off switch
USB audio class 2.0 support
サポートフォーマット : 32bit/384KHz PCM, DSD
デジタル
出力
モデル
USB出力モデルに加え
AES/EBU, Coaxial, Optical
サポートフォーマット : 24bit/192KHz PCM
アナログ
出力
モデル
USB出力モデルに加え
バランス、アンバランス
サポートフォーマット : 32bit/192KHz PCM
必要電源Input Voltage : +19Vdc
Power : Max 60W
寸法及び重量寸法360×68×240(mm)
重量4Kg
Silver及びBlack


■試聴及び販売について

オリオスペック

sMS-200及びsHP-100の試聴は随時可能です。
その他製品については期間限定展示及びご要望を受け次第、機材を用意致します。

販売サイトはこちら

画像
このページのトップへ