ニュースNews一覧

2021-09-12Stereo Sound Onlineで山本浩司先生によるWestminsterLab 「Rei」4台使いの試聴レポートが掲載されました
「ウエストミンスターラボ「Rei」を4台(!)使った、ブリッジ&バイアンプ駆動を体験。わが生涯で聴いた凄い音BEST5に入る、超絶サウンドが体験できた」というタイトルでレポートが掲載されています
2021-09-09オーディオ実験室でSOtM sMS-1000SQ Eunhasuの試聴レポートが掲載されました
「SOtM:sMS-1000SQ Eunhasu(ウナス)を試してみたら、・・いとも簡単に話題の Roon(ルーン)を始めることができました。」というタイトルで紹介されています
2021-09-072021年10月1日よりLUMIN製品の価格改定を行います
X1, D2, U1 MINIが対象となります
2021-09-03オーディオ実験室でLUMIN X1の試聴レポートが掲載されました
「LUMIN のフラッグシップ X1 が・・素晴らし過ぎた。」というタイトルで紹介されています
2021-09-01High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました③
170時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-31オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:NPS-1260の試聴レポートが掲載されました
「High Fidelity Cables:NPS-1260 3D ブレークイン完了。今日はアナログを聴いてみる。」というタイトルで紹介されています
2021-08-26High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました②
50時間程経過後の試聴結果を掲載されています
2021-08-25【WestminsterLabのアンプ及びケーブルの記事がAudio Accessory誌182号に掲載されました】
井上千岳先生と炭山アキラ先生より「独自の設計思想が導く完全フルバランス伝送」と紹介されています
2021-08-24High Fidelity Cables MC-0.5 Helix Plus Signatureがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログに掲載されました①
まず6時間程経過後の試聴結果を掲載されています(次回報告は36時間後の予定とのことです)
2021-08-23オーディオ実験室でHigh Fidelity Cables:MC-0.5 Helix + のアンプ背面「サービスコンセント」利用の試聴レポートが掲載されました①
「LUXMAN:L-505f 背面のサービスコンセントに今度は MC-0.5 Helix+ を挿してブレークインを始めてみる」というタイトルで紹介されています
ホーム > ニュース > LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しました

LUMINがLeedh Processingロスレスボリュームコントロールに対応しましたNews

画像

デフォルトの処理アルゴリズムの代わりに
Leedh Processing Volume Controlを
(追加費用なしで)
使用できるようになりました。

Leedh Processingとは

・丸め誤差を排除する革新的な
 新しいデジタル音量調整アルゴリズムです。

・デジタル信号の振幅を正確に変更します。
 その形状を変更することなく、
 いかなる種類の情報損失もありません。

・より効率的な整数ボリューム値を使用して、
 後続のDAC変換中でもオーディオ情報の整合性を維持します。

・処理能力を多く必要としないため、
 CPUに負担がかかりません。
 プリアンプがなくても音楽を楽しめます。


特徴と使用方法はこちら

画像
このページのトップへ