ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > BrighTone Terra-Berry DAC2

BrighTone Terra-Berry DAC2Brands

画像

RCA基板を取り付けた状態

 

Raspberry Pi に対応した
DSD対応ハイエンドDAC基板
BrighToneTerra-Berry DAC2

※「Terra-Berry 2」DACはTerra-Berry DAC2に呼称を統一致しました

Raspberry Pi コネクタに接続できるドーターボードです。

OpenHomeに対応し、LUMIN Appで操作可能となりました。【New】

画像

画像



海上先生のラズパイ・オーディオ通信
「【ラズパイオーディオ】ついに完成!
ヘッドフォン祭でアルミ削り出しケースとDACボード試作品を公開」
に掲載されています。【New】

【参考】前モデル「Terra-Berry」DAC記事

【レビュー】I2SでのDSD入力に対応したラズパイ用DACボード「Terra-Berry」を聴く

ラズパイ用DACボード「Terra Berry」開発者を直撃、設計コンセプトや今後の展開を聞いた

ラズパイオーディオのケースはどうする? DACボード「Terra-Berry」専用ケースを検証

 

[ 強化されたポイント ]
・電源回路を徹底的に見直し、デジタルとアナログの分離を更に強化しました。
・アナログ部の高音質オペアンプの±電源電圧を高くしました。
 ・DAコンバータAK4490の基準電源を見直し、より精度の高いものを採用しました。
これらにより、従来特徴としていた高域の伸びに加えて低域がより強化され安定度が向上しました。

■Raspberry Pi コネクタに接続できるI2S接続DAコンバータ

画像

  ・4層の高密度基板設計によりDAC+SRC+MCU を同一基板に搭載 

■高性能 DAC AK4490 (AsahiKASEI)搭載
  ・PCM 32bit 768kHz
  ・2.8MHz, 5.6MHz, 11.2MHz DSD入力対応
  ・強ジッタ耐力
  ・低歪差動出力
  ・THD+N: -112dB
  ・DR, S/N: 120dB

■高性能SRC(Sample Rate Converter) (AsahiKASEI)搭載
  ・I2S信号はSRCで高精度低ジッタークロックに変換
  ・4つの出力モード PCM→PCM / DSD→DSD / PCM→DSD / DSD→PCM に対応
  ・PCM/DSDは各サンプリング周波数で
最高周波数にアップサンプリング
    PCM :
      44.1KHz, 88.2KHz, 176.4KHz, 352.8KHz→705.6KHz
      32KHz, 48KHz, 96KHz,192KHz,384KHz→768KHz
    DSD :
       DSD2.8MHz, DSD5.6MHz→DSD11.2MHz
  
※ CD信号もハードウェアで高音質にアップサンプリング

■高音質設計
  ・アナログ部は高音質オペアンプを±2電源で駆動し、高音質コンデンサを採用
  
バランス出力、アンバランス出力装備
  
4層基板を採用し専用GND層を使うことにより超低ノイズ設計
  
Raspberry Pi への電源はDAC電源と完全に分離して供給しノイズの侵入を防止
   
 (※microUSBからRaspberry Pi へ電源を供給する必要はありません)

※DSD再生について
I2S信号でDoPで再生される場合はDSD2.8MHzまでとなります。
DSD2.8MHzはDSD11.2MHzにアップサンプリングして再生可能です。

「(注意事項) Linuxドライバーソフト(ALSA)の関係で
Raspberry PiからTerra-Berry DACへ出力される信号は
PCMは192KHz,DSD2.8MHzまでとなります。
Terra-Berry DACはアップサンプリングして
PCM705.6/768kHz DSD11.2MHz で再生します。
ALSAが今後アップデートされた場合はより高い性能で楽しむことができます。」

Terra-Berry DAC2 の接続端子
 – 高音質と機能を両立した優れた拡張性を確保

画像

外部電源端子
・ DAC用とRaspberry Pi用を分離して供給可能です。(DC+5V)
・ 電源を分離することによって音質が向上します。(デジタルとアナログを完全に分離)

DAC電源切り離し端子
・このピンをショートするとRaspberry PiのUSB電源からTerra-Berry DAC2 に電源が供給できます。

ライン/バランス出力端子
・アンバランス出力(ライン出力)とバランス出力の両方を備えています。

操作パネル端子
 SW1:SRCの出力フォーマット(DACの動作モード0の切り換えを自動か手動かに設定します。
 ・OFF:SRCの出力は入力フォーマットに合わせます。
   (PCM入力の場合はPCMで、DSDの場合はDSDになります。)
 ・ON:SRCの出力フォーマットをSW2で手動で切り換えるようにできます。

 SW2:SRCの出力フォーマットを切り換えます。 (この機能はSW1=ONのときに有効になります。)
 ・OFF:入力フォーマットによらず、PCMで出力します。
 ・ON:入力フォーマットによらず、DSDで出力します。

 LED
 ・消灯:DAC PCM動作
 ・点灯:DAC DSD動作


定価:
26,500円(税別)
[付属品] 新開発RCA基板 低背タイプ【New】

RCAケーブル等は付属しておりません。
ご注意ください。



販売サイトはこちら


技術サポートサイトはこちら

メーカーの技術情報はこちら

 

RCA基板を取り外した状態

画像
このページのトップへ