販売情報information一覧

2019-09-10LUMIN X1及びSOtM sNH-10G 消費税増税前キャンペーンを行います
9月30日までに特設注文サイトでお買い上げの皆様にX1及びsNH-10Gで光転送をすぐに体感いただくためのキャンペーンを用意しました
2019-09-08LUMIN U1 MINI 消費税増税前キャンペーンを行います
9月30日までに特設注文サイトでお買い上げの皆様にRoon 1年間ライセンスをプレゼント致します
2019-09-06サウンドピット様のブログでSOtM sNH-10Gが掲載されました
SOtM sNH-10G単体の評価とクロックを接続した評価が掲載されています
2019-09-05LUMIN アップグレード電源ユニット&電源ケーブルの発売を開始致します
英国Westminster Labとの共同開発でX1で採用された電源ユニットへのアップグレード及びアップグレード電源ケーブルを発売致します。
2019-08-29Stereo Sound Onlineにブライトーンページが開設されました
ブライトーンメインページとLUMIN X1とSOtM sNH-10Gの記事が掲載されています
2019-08-07オークラオーディオ様のブログでMC-0.5 Helix + が掲載されました
既に使用しているMC-0.5 2本に加えてHigh Fidelity CablesのMC-0.5 Helix + を使った評価が掲載されています
2019-07-31オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログでMC-0.5 Helix + が掲載されました
High Fidelity CablesのMC-0.5 Helix + を2個使った評価が掲載されています
2019-07-23ASCII.jp x デジタルでLUMIN U1 MINIとSOtM sHP-100が紹介されました
「PCオーディオの多機能をHi-Fiシステムで手に入れる、LUMIN 「U1 MINI」を使う」というタイトルで紹介されています
2019-07-18サウンドエース様のブログでMC-0.5 Helix +が紹介されました
磁気伝道師というタイトルで紹介されています
2019-07-12UPDAYS 「有線でおすすめのカナル型イヤホン10選!コスパ最強モデルを徹底分析!」でAlpha & Delta D6が紹介されました
「このイヤホンは、気持ちの良い高音とインパクトのある低音が特徴。音が明確に分散されるように作られているので、広大なサウンドステージを体感できます。」と紹介されています
ホーム > 取扱ブランド > Eikon

EikonBrands

画像

エイコン
ZMF Eikon
バイオセルロースドライバー
クローズド型ヘッドフォン

LTD Cocobolo 販売開始しました

数年前にT50RPのカスタマイズを始めたとき、
私の夢はヘッドフォンの外側を
木製にすることでした。

アコースティックギター製作から学んだ
すべてのノウハウを組み合わせて、
ヘッドフォン愛好家(私自身を含む)に
素晴らしいギターを初めて演奏した時に
感じるフィーリングを
体験できるようにしたかったのです。

最終的には、AtticusとEikonを使って、
ヴィンテージ楽器のようなルックスと
フィーリングだけだけでなく、
よく使い込んで醸成した
楽器のサウンドを持った
ヘッドフォンを作ることができました。

これらのヘッドフォンは生涯
使えるように作られており、
まるでお気に入りの
ミュージシャンのレコーディングに
その場で立ち会っているかような音場を
体験することができます。

 

ZMFのカスタムメイドのドライバーは、
上質な素材で作られており、
私たちの目指すサウンドに特化して
設計されています。

これらはヘビーなABSハウジング、
巨大なマグネット、
完璧かつダイナミックな動作を
実現するダイアフラムを
囲むラバーを備えています。

私たちは、バイオセルロースとTPEを使って
EikonとAtticusのドライバーを
設計しました。

やや硬いダイアフラムで音の「壁」を
再現する最高の能力を備えた
バイオセルロース。
より伝統的なデザインで
最大限のダイナミックなインパクトと
レンジを持つTPE。

これらは超高速応答と
限りなく自然な音色を提供するために、
木製バッフルの中に組み込まれています。

常時在庫している木材を使ったスタンダードと
季節ごとに少量を在庫している木材を
使ったリミテッドを用意しています。

 

販売店評価の紹介

ZMF headphones Eikon, Atticus が
オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様の
ブログで紹介されました

【名機 MDR-R10 の遺伝子】
憧れのSONY 往年の名機、
MDR-R10に通じる
印象を語っていただいております。

ソニーの名機 MDR-R10の特徴を
捉え、新たに開発したモデルです。

①伝説のバイオセルロースドライバー(Eikon)
②特徴のあるクローズド(密閉型)型
  木製ハウジング
③ラムスキン(Lambskin)パッド

項目
周波数特性 10~30,000 Hz
インピーダンス 300Ω
感度 97dB/mW
最大入力 250mW
ドライバー バイオセルロース
重さ 530g
イヤーパッド素材 Lambskin
付属品 ストックOFCケーブル 2本
各1.5m (6.35、XLR)

S3 6500 Case
オーナーカード


定価:(税抜)
ZMF Eikon STD Camphor(カンフル) 200,000円
ZMF Eikon LTD Cocobolo(ココボロ) 230,000円


バイオセルロースドライバー

画像


Eikon パッド
画像


重さはほぼ50グラム。これは私が今までに見た中で
最も重いダイナミックなドライバーです。
それは、サウンドにも表れ、
限りなく黒一色のバックグランドの中に
パワフルでクリーンなサウンドを再現します。
画像


後部ドライバペーパーの下には、
空気を均等に分配するための
直径1mmの通気口が44個あります。
これにより決してブーミーにはならず、
音楽性のあるサウンドになります。
画像

■販売について

販売サイトはこちら




ZMF Eikon STD Camphor(カンフル)
画像


ZMF Eikon LTD Cocobolo(ココボロ)
画像



画像
このページのトップへ