ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > CASE 01

CASE 01Brands

画像

CASE 01
(オーディオグレードの
シングルボードコンピュータ用アルミケース)


■製品の特長
・オーディオ用途に特化した設計
全体のプロデュースおよび機構設計は
オーディオ評論/IT コラムニストの海上忍氏、
インダストリアルデザインは
高級スマートフォンケースで豊富な実績を持つ Michael Tong 氏が担当し、
オーディオ用途に特化した設計・意匠を施しました。

シングルボードコンピュータと拡張ボードの間に
厚さ約2mm の銅製シールドを配置できる機構※1 を採用、
全体の剛性アップを実現したほか、
シングルボードコンピュータが発する電磁ノイズの
オーディオ処理系に対する影響を抑えています。

※1:拡張ボードの構造によっては装着できません。
その場合、付属のワッシャーで高さ調整を行います。

・Raspberry Pi とTinker Board に対応
本製品には、英Raspberry Pi 財団の
「Raspberry Pi 2 Model B」と「Raspberry Pi 3 Model B」、
ASUS の「Tinker Board」を装着できます※2。

ミリ以下の精度で採寸を実施したことにより、
USB micro B やHDMI、USB やEthernet など
基板上の入出力ポートもケース外部から確実にアクセスできます。
アルミニウム合金の高い放熱効果により、
長時間オーディオ再生しても安定した動作を実現します。

※2:本製品にシングルボードコンピュータおよび拡張ボードは付属しません。

・底部はアルミ削り出し、アルマイト加工筐体
シングルボードコンピュータを固定する底部シャーシは、
アルミニウム合金の塊から削り出すことにより生成しています。

最厚部を3 ミリとすることで、オーディオ用途のケースとしては重要な振動対策を行うとともに
約170g※3 という重量を確保し、太いオーディオ用ケーブル接続時に本体が浮き上がる現象を防ぎます。

絶縁対策を兼ねて全体に施したアルマイト塗装は、艶消しブラックの梨地仕上げ
とすることでオーディオ機器らしい質感を実現します。

※3:シングルボードコンピュータおよび拡張カードは含みません。

・拡張ボードの交換を考慮したデザイン
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が
策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」を採用、
ケース側面と前面の一部を交換可能な設計とすることにより、
拡張ボード※4 の交換に伴う端子位置/数の変更に対処できます。

この仕様により、拡張ボードを交換して機能/性能アップを図るという
“自作パソコン”的世界観がオーディオ機器でも実現できます※5。

当初交換パネルは3 種類を用意しますが(別売)、
今後登場する拡張ボードへの対応も予定しています。

※4:Raspberry Pi 財団が定める拡張ボード標準化規格「HAT」に準拠しますが、
π-A1 規格ではHAT に付加する形での制限(高さや端子レイアウトなど)を
設けることにより、同一ケースにおける拡張ボードの
交換を実現しています。

※5:本製品に付属する交換パネルは、拡張ボードに搭載される
オーディオ端子用の孔がないプレインタイプです。

・アクセサリへの配慮
インシュレータなどのアクセサリを装着できるよう、
底面にシングルボードコンピュータ固定用以外の孔を2箇所設けました。
天面上部にあしらった木製パネルも、交換可能な構造です。


■おもな製品仕様
製品名:CASE 01
筐体の材質:アルミニウム合金(アルマイト加工)
適合するシングルボードコンピュータ:
 Raspberry Pi 2 Model B、Raspberry Pi 3 Model B、
 ASUS Tinker Board
寸法:91×66×49(mm)
重量:約170g
価格:14,880 円(税別)

■オプション
・交換パネル(いずれもCASE 01 と同じ材質・表面加工)
ESP-TB2(ブライトーン製DAC ボード「Terra-Berry DAC2」用)
ESP-SB3(new_western_elec 製DAC ボード「SabreBerry 32」用)
ESP-HBD(HifiBerry 製DDC ボード「HiFiBerry DIGI+」用)

価格:980 円(税別)
※交換パネルは10 月下旬に発売予定です。

販売はこちら

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
このページのトップへ