ニュースNews一覧

2017-04-28「Terra-Berry 2」DACの販売予約受付を開始致します
好評いただいた「Terra-Berry」DACの後継機としてBrighToneブランドより「Terra-Berry 2」DAC を販売致します。また4/29(土)、4/30(日)に中野サンプラザで開催される春のヘッドフォン祭り2017においてバリュートレード様のブース(14F)で展示致します。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第二回「デジ研」の予告が掲載されました
「若手精鋭の逆木先生(29日)、土方先生(30日)に詳しく説明をしていただきます。まだあまりやられていない方もいろいろ研究中の方も、またバリバリにこなしている方も是非おいでください。きっと何かのお役に立てると思っております。」と紹介されています
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第一回「デジ研」のレポートが掲載されました
当日の裏話まで色々と掲載されています。
2017-04-21オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(リベールシリーズ再試聴中)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて「ケーブルでこれだけの変化を体験するのは正直初めてで、しばらく聴いて従来のケーブルに戻した時の落胆感はすでに想定していますが、市場で展開されている超高価ハイエンドケーブルをそれらの1/20以上の低価格で超えたと言われるケーブルですからこの絶好のチャンスにしっかり聴き込んでみようと思います。」と紹介されています。
2017-04-21Audio Stationのサイトにて第三回「デジ研」の予告が掲載されました
「今回は北陸オーディオショウにおじゃまします。2日間めいっぱいやりますのでご期待ください。」と紹介されています。
2017-04-16第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
5月6日(土) 5月7日(日)富山国際会議場2階 応接室で第三回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-16第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
4月29日(土) 4月30日(日)中野サンプラザ6階ウインドルームで第二回デジ研(デジタル研究会)が開催されます
2017-04-11スイングオーディオ様のfacebookで紹介されました。(Revealシリーズ)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「最初から必要にして充分な再生クオリティで驚かされました。非常にクリアかつ、パンチのある音質で今後も評判になりそうです。」と紹介されています。
2017-04-03オークラオーディオ様のブログで紹介されました。(新シリーズ登場)
High Fidelity CablesのRevealケーブルについて、「今回試聴したのはRCAケーブルとスピーカーケーブルですがどちらも付帯音を感じさせないことでは過去に経験の無いくらい爽やかで歪のない音を聞いた気がします。」と紹介されています。
2017-03-24High Fidelity CablesのReveal(リベール)シリーズがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「価格競争力はかなりのものだと思います。だって、繋いだ直後でこの効果ですからね(^^;)。同社製品はすべて、数百時間を経過しないと本領を発揮しないのです。ブレークインが完了したらどれだけ凄いことになるか。」と紹介されています。
ホーム > 取扱ブランド > Luminストリーミングサービス

LuminストリーミングサービスBrands

画像
■Roon Ready対応
LUMINがRoon Readyに対応しました。
ファームウェアは8.01になります。
Roon RAATサポートも組み込まれています。

Roon Ready対応により、Roon CoreとRoon Controllerと組み合わせて
インターネットを利用したパワフルな音楽の閲覧、発見が楽しめます。
またRoon CoreにはリアルタイムにDSDを出力機器に合わせた
ファイル形式で出力する機能があるため、
DSD256(11.2Mhz)ファイルでもLUMINで再生することができます。


画像

■Tidal対応
妥協をする必要はありません。 TIDALのロスレスオーディオにより、
LUMINを使ってアーティストが意図した音楽を楽しむことができます。
LUMINでTIDALを使うと、あなたの好きな音楽をハイファイの音質で再生できます。
何百万ものトラックから選んだものが、経験豊かな音楽ジャーナリストによる熟読され、
精選された論説、アルバムの紹介、プレイリスト、記事、特筆、
インタビューにより音楽に深みを与えてくれます。

TIDALはLUMIN Appの心臓部に組み込まれており、LUMINのインターフェースと
検索機能をそのまま利用できます。
ローカル音源とTIDALの間でプレイリストをシームレスに混在させることができ、
プレイリストをTIDALアカウントに保存することもできます。

TIDALの会費には、Hi-Res Masters MQAアルバムへのアクセスも含まれています。


画像
■Qubuz対応
Qobuzは、すべてのメジャーおよび独立レーベルを含む、
あらゆるジャンルにわたる真の包括的なカタログから
無限のロスレスストリーミングおよびHi-Resダウンロードを無制限に提供する音楽サービスです。

Qobuzはヨーロッパのサービスです。詳しい情報はwww.qobuz.com/gb-en/をご覧ください。

QobuzはLUMIN Appの心臓部に組み込まれており、LUMINのインターフェースと検索機能を
そのまま利用できます。
ローカルの音楽とQobuzの間でプレイリストをシームレスに混在させることができ、
プレイリストをQobuzのアカウントに保存することもできます。

Qobuz Sublimeアカウントでは、192kHzまでの24ビットフォーマットのHi-Res音楽を
ストリーミングで購入できます。


画像
■Air Play対応
AirPlayはApple Inc.によって開発された独自のプロトコルで、オーディオ、ビデオ、デバイス画面、
および写真のデバイス間で関連するメタデータとともにワイヤレスストリーミングを可能にします。

LUMINはAirPlay対応のレシーバーとなります。 iPhone / iPadが最大音量に設定されている場合、
LUMINへのストリーミングはロスレスです。 あなたのiOSデバイスには、LUMIN Appの設定で
指定した名前でLUMINが表示されます。


画像
■TuniIn対応
TuneInは、人々が最も求めている情報をスポーツ、ニュース、音楽から会話に至るまで、
発見し、聞くことができます。
TuneInは、リスナーに100,000以上の実在のラジオ局と
各大陸からストリーミングされる400万件を超えるポッドキャストへのアクセスを提供します。

TuneInはLUMIN Appの心臓部に組み込まれています。
無料のTuneInアカウントを作成してラジオ局をTuneIn 'Library'に追加するだけで、
LUMIN Appに表示して聴くことができます。


画像
■MQA対応予定
LUMINのMQA対応予定が発表されました。

MQAはよりオリジナルなアーティストのパフォーマンスをリスナーに届ける革新的なサービスです。
MQAは人がどのように耳を傾けているかを分析した先駆的な科学的研究を適用しています。
元のオーディオパフォーマンスの完全な音楽マジックを
ストリーミングまたはダウンロードに適した小さいサイズのファイルで取得できます。
利便性のために品質を犠牲にした時代は終わりです。

LUMINのネットワークミュージックプレイヤーは、
MQAでエンコードされたストリームのデコードとハードウェアレンダリングを自動的に実行して、
利用可能な最大Hi-Res音楽データ(最大24ビット384kHz)を取得できるようになる予定です。


画像
■Spotify対応予定
Spotifyは世界中の数百万の曲を聴いたり、Podcastやビデオを楽しめるサービスです。
LUMINがSpotify Connectをサポートすることで、
Spotify Appを使った音楽再生ができるようになる予定です

このページのトップへ