ニュースNews一覧

2017-10-16【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】継続のご案内
9月30日までとしておりました【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】について継続要望を多数頂きましたので、11月30日まで延長致します。
2017-10-02AVIOT 「CASE 01」の販売を開始致します
国内のオーディオ関連企業が賛同する「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用オーディオ規格「π-A1」採用のケースです
2017-10-01LUMIN U1がMQAに対応しました
Firmware 9.04により、LUMIN U1はS1,A1,T1,D1同様にMQA対応となりました。
2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
ホーム > 取扱ブランド > BrighTone Terra-Berry HPA

BrighTone Terra-Berry HPABrands

画像

Raspberry Pi用
「高音質ヘッドフォンアンプ」
BrighTone Terra-Berry HPA

Terra-Berry DAC2用の「ヘッドフォンアンプ」を開発しました。
4つの回路ブロックを搭載しています。

※昨年発売いたしました Terra-Berry DAC にも装着可能です


電源回路 (12V→±15V/+5V) ヘッドフォンアンプ回路
出力回路(RCA/バランス) DDSD/PCM 切替回路

 

[ 特徴 ]
・基板を2枚構成にし、Terra-Berry DAC2の上に搭載しても高さが低い低背型設計です。
端子類を前後に配置し、オーディオ用ケースに組み込みやすくしています。
高音質IC(オペアンプ)をヘッドフォンアンプに採用し、
 Terra-Berry DAC2からの出力を受けて動作します。オペアンプは交換可能です。
DC12V入力を採用し、ヘッドフォンアンプには±15Vを供給し、
 直線性の向上を図っています。
 +12Vから+5Vに高音質電源として電圧を変換する回路も内蔵し、
 Terra-Berry DAC2やRaspberry Piに内部接続で供給し、更なる高音質化を実現しています。
・Terra-Berry DAC2のRCA出力を備えていますので、
 お手持ちのアンプに接続して、スピーカで聞くことができます。
・前面のスイッチで Terra-Berry DAC2の特徴としているDSD/PCMの切替ができます。
・オペアンプをお客様の好みに合わせて交換できます。

画像



[ 端子の説明 ]
・従来の基板のように横方向から端子が出ていないため
 ケースに取り付けやすくなっています。
・RCA出力コネクタを搭載していますので、従来のRCA基板は不要になりました。
・RCA出力は、DAC直結とボリューム経由をジャンパーで選択できます。
 ボリューム経由を選択した場合、外部アンプの音量をコントロールできます。
・電源はDC12Vだけです。高音質電源回路が内蔵されており、
 Terra-Berry DAC2やRaspberry Piへの電源は内部で供給しているため、
 これらに装着した状態でも非常にコンパクトな構成になっています。

画像



定価:
11月中旬発売予定 25,000円(税別)


販売サイトはこちら


技術サポートサイトはこちら

メーカーの技術情報はこちら

このページのトップへ