ニュースNews一覧

2017-09-17【LUMIN S1,U1の記事がDigiFi No.27に掲載されました】
6ページにわたって紹介されています
2017-09-12Trinity-Goがe☆イヤホンスタッフレビューで紹介されました
「Trinity-Goでは音像がギュッと凝縮され、空間には音のメリハリによる奥行きが生まれます。ボーカルが映えるので、例えば音声を中心にクオリティを上げたい場合などにも有効だと思います。」と評価されています。
2017-09-09Terra-Berry HPA ヘッドフォンアンプの販売予約受付を開始致します
好評いただいております Terra-Berry DAC2に装着できるヘッドフォンアンプです。
2017-09-09Terra-Berry製品の呼称を統一致します
今後の開発に合わせて呼称を統一致します
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン名古屋店様のツイッターで紹介されました
「昨日から取り扱いがスタートしたTrinity-Go! これはスゴいかもしれない! 本当に取り付けるだけでイイ音になります! サイズも小さいのでポタアン感覚でお使いできます! 名古屋店でもご試聴できますよー(*^^*)」と評価されています。
2017-09-03Trinity-Goがeイヤホン大阪日本橋本店様のツイッターで紹介されました
「エージングしていたTrinity Goを試してみた(・ω・) 出音はヘッドホンコンディショナーとは真逆な印象で、音量が下がって音声信号機が確かにぎゅって集まってる感じです。」と評価されています。
2017-09-02Trinity-Goがオーディオユニオンお茶の水アクセサリー館様のブログで紹介されました
「装着前には定位しているとは言えなかった それらの楽器の位置関係が明らかになります。楽器と楽器の間の距離が聴き取れるようになるのです。しかも、妖しいとさえ言えるようななまめかしさを伴って。」と評価されています。
2017-09-01【SOtM sMS-200 NAS対応キャンペーン】のご案内
SOtM sMS-200ネットワークトランスポートがNAS対応しましたので、Roon 1年間ライセンス($119 約¥13,000)が無償となるキャンペーンを実施致します。
2017-08-31Trinity-Goがフジヤエービック様のブログで紹介されました
「音が落ち着いて流れ、聴感上のダイナミックレンジが広がった感じ。」と評価されています。
2017-08-28High Fidelity Cables Trinity-Goの販売を開始致します
磁気伝導技術を使ってハイエンドオーディオ商品を開発しているHigh Fidelity Cables社からヘッドフォーンモジュールの発売を開始致します。
ホーム > ニュース > 【LUMIN Roon対応 及び MQAとSpotifyの対応予定が発表されました】

【LUMIN Roon対応 及び MQAとSpotifyの対応予定が発表されました】News

画像

■LUMIN is now ROON Readyキャンペーン
2017/5/20までにLUMIN S1,U1,A1,T1,D1をお買い上げのお客様に
Roon 1年間ライセンス(US$119 約14,000円)をプレゼント致します。

また、既にLUMIN S1,U1,A1,T1,D1を購入されたお客様には
8,000円で1年間ライセンスを販売致します。
購入された機種と本体裏側に記載されている番号を
以下までご連絡下さい。
info@bright-tone.com

是非この機会にRoonの世界をご体験下さい。


■Roon Ready対応
LUMINがRoon Readyに対応しました。
ファームウェアは8.01になります。
Roon RAATサポートも組み込まれています。

Roon Ready対応により、Roon CoreとRoon Controllerと組み合わせて
インターネットを利用したパワフルな音楽の閲覧、発見が楽しめます。
またRoon CoreにはリアルタイムにDSDを出力機器に合わせた
ファイル形式で出力する機能があるため、
DSD256(11.2Mhz)ファイルでもLUMINで再生することができます。


■MQA対応予定
LUMINのMQA対応予定が発表されました。

MQAはよりオリジナルなアーティストのパフォーマンスをリスナーに届ける革新的なサービスです。
MQAは人がどのように耳を傾けているかを分析した先駆的な科学的研究を適用しています。
元のオーディオパフォーマンスの完全な音楽マジックを
ストリーミングまたはダウンロードに適した小さいサイズのファイルで取得できます。
利便性のために品質を犠牲にした時代は終わりです。

LUMINのネットワークミュージックプレイヤーは、
MQAでエンコードされたストリームのデコードとハードウェアレンダリングを自動的に実行して、
利用可能な最大Hi-Res音楽データ(最大24ビット384kHz)を取得できるようになる予定です。


■Spotify対応予定
Spotifyは世界中の数百万の曲を聴いたり、Podcastやビデオを楽しめるサービスです。
LUMINがSpotify Connectをサポートすることで、
Spotify Appを使った音楽再生ができるようになる予定です。


LUMINのストリーミング対応についてはこちら)

Roonについてはこちら(外部リンク)

MQAについてはこちら(外部リンク)

Spotifyについてはこちら(外部リンク)

画像
このページのトップへ